君の瞳に鯉いてる!

父がステージ4。12月1日、父他界しました。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

道後は2日も雨で、気分もはれず。
午後、今治に向かう。
今回はこれが目的(喜寿のお祝)でもあったのだが
この夜、貞子に遭遇する事になる。

3日、雨もあがってきたので気分直しに今治をドライブ。
「タオル美術館」に。
http://www.ichihiro.co.jp/art/

何もしらないで美術館というだけで寄ってみたけど
タオルだけの簡易な展示物だけかと思いきや
意外や意外、まず中にはいると高級食料品で有名なFAUCHON(フォション)のショップが入ってた。

    高島屋にもはいってるお店と考えれば、
    「ある程度良いお店なのかな?」とは御理解いただけるはず。
    知らない人は、ココを見てみよう。

2F、3Fもフォションに右に習えみたいな感じで
店員さんの教育もディスプレイもしっかりしている商業美術館であった。

併設されている中華レストランも美味しいらしいですし、
ガーデニングウエディングもできるそうで 
今治市の外れにあるにもかかわらず
普段でも結構な人が来館しているように思える。

プロデュ−スした人が凄い人なんだろうか?
はたまた、ここの社長さんの思いが熱いのだろうか?

    某JRの駅ビルが改築された時、
    ビルにそぐわない広告ポスターはダメ出しをもらうとかで
    設計にかかわった先生に必ず見せるという事があったけど
    そこまでした割には、あそこの駅ビルには人が入らないなぁ。。
  

で、美術館のほうは
タオル美術館のキャラクターを手掛けたAtsuko Matanoさんの
タオルアートという常設展示と
布、糸等を用いて製作した作品
週間新潮の表紙絵を飾る成瀬政博さんのテンペラの原画常設展示
あと、たけ(TAKE)という方の展示と
3人の作品で構成されている。
詳しくはココ

そのほか、企画展として
この正月には米倉斉加年(よねくらまさかね)さんのものが飾られていた。
以前からファンであったので
じっくりみることができた。
時には少しドロドロしたものが垣間見れるエゴンシーレを連想させるhttp://ec2.images-amazon.com/images/P/4034210702.09._SCLZZZZZZZ_V1056601136_.jpgであったり(もっとおどおどしたのもある)
あるときは「いわさきちひろ」のような純朴なhttp://www.masakane.jp/IMG/uki-p18.gifだったり
はたまた「竹久夢二」かと思うようなhttp://www.masakane.jp/IMG/uki-p12.gifだったり
感じるものは両極端なのだが結構好きな作家である。
   ※エゴンシーレと感じる作品は他にありますが、
    今さがしだせなかった。


とにかく(まとめられないので、強引に結論へ)
思いつきで訪れた美術館だったけど
ト−タル的にプロデュースされていて
そこそこ興味深くみれた所だった。
もちろんタオルメーカーが販売増進目的で作ったもので
タオルの製造行程も見れます。

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/seizou.jpg]
結構いろんな図柄のタオルつくってました。
幾らから作ってくれるんだろう。

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/ito.jpg]
糸をまいたものも陳列。奇麗な色!

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/ito2.jpg]
ディスプレイとして壁面を飾ってます。
写真撮っちゃいけないと言われる場所ですが、
これは作家の作品じゃないので撮影許可。

ショップもけっこう楽しめます。

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/shop1.jpg]
ベガスのM&M'sを思い出す陳列。

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/shop2.jpg]
パティシエさんが考えた商品らしい。朝倉ロール。

[http://www.craps.jp/blog/2007NY/shop3.jpg]
朝倉ロールの賞味期限。

ここで、コイン型に圧縮したタオルをお土産に購入。
[http://www.craps.jp/blog/2007NY/inosisi.jpg]

お正月ということもあって「お年賀」のし付
しかもコインは干支付き。




この美術館、わりといいセンいってるなんじゃないかな?
2月に仙台にも、姉妹美術館ができるそうで、
OPEN後の報告お待ちしています。



ちなみに前回のトップの巨大ショートケーキは
タオルの元となる「綿」の紹介のコーナー「コットンロード」に展示されていたもの。
このコーナー、目はひいたんだけど
やはり、ラスベガスでの様々な展示物にくらべると見劣りするのは否めない。
このコーナーだけもっと頑張ってほしいなぁ。

この記事に

閉じる コメント(23)

はい、仙台特集はおまかせ下さい。ってどこにオープンなのかなぁ?

2007/1/15(月) 午後 0:18 MIKA 返信する

タオル美術館なんてあるんですね。何か5分〜10分のテレビのコラムでやってたのですが、タオル等の業界自体が厳しい経営状態になっていると・・・。品質と価格のバランスなんですかね?。

2007/1/15(月) 午後 9:31 sod*ko 返信する

顔アイコン

エンピツネコさんこばわ。ここのキャラクターを手掛けている作家さんの作品には面白いネコの作品がありましたよ。けっこう気に入りました。

2007/1/15(月) 午後 11:51 tenentemari 返信する

顔アイコン

葉月さん、今治はタオル生産で有名らしいです。私も知らなかったのですけどね。

2007/1/15(月) 午後 11:53 tenentemari 返信する

顔アイコン

ミカさん『2月下旬 ダイヤモンドシティ エアリ(仙台)にタオル美術館がオープン ! 』 ←とかいてありました。どこか分ります?

2007/1/15(月) 午後 11:56 tenentemari 返信する

顔アイコン

そだこさんこばわ。http://www.stia.jp/voice/sg.htmlの記事をよみました。タオル輸入が半数をこえてるんですねえ。輸入ものの低価格製品におされているみたいですね。福井も繊維産業全盛の時代もあり、旧国鉄が工場に線路をひきこんでいた時もあったのですが、やはり海外にまけて次々と工場が閉鎖していった所でもあります。このタオル美術館が新しいタオル時代へのきっかけになれば、良いですねえ。

2007/1/16(火) 午前 0:18 tenentemari 返信する

こんばんは。ケーキは綿だったのですね。エゴンシーレ、大好きなのですが、米倉斉加年さんの作品から匂いがするのは、目からウロコです。というか「あら、ほんま、いわさきちひろ!」「おーっ!竹久夢二!」こんな作品も描かれてるんですね。驚きました。イメージ的には1枚目です。あれ?ちょっとクリムト?と思うのは気のせい…?ですね。

2007/1/16(火) 午前 2:14 [ pipit*mao ] 返信する

顔アイコン

プチマオさんこばわ。クリムトぽいなぁと思いつつ、だしました(w)でも、ラインこそちがいますが、何か画面校正のものがシーレっぽいものがあるんですよ。実家に画集おいてあるので機会あれば出します。米倉さんのサイトのギャラリーにあるのは、ミュッシャぽい装飾的なものがアップされています。

2007/1/16(火) 午前 3:13 tenentemari 返信する

お年玉袋に入ったタオル可愛いけど、本当にお正月子供にあげたら『何だよ!お金じゃなくてタオルかよ!』ってなりアクションだろうな〜

2007/1/16(火) 午後 1:47 3256 返信する

こんにちは。サイトいってみました。ほんと!ミュッシャっぽいのありました。福岡の方なんですね。そういえばずっと昔ですが福岡のしょうゆメーカーが「米倉斉加年カレンダー?プレゼント」のCMを流してたの思い出しました。なので米倉さんの作品、なんとなく知ってたんだっていまさらながら分かりました。ところで、いのしし君→↑にくっついてるぐるぐるって???

2007/1/16(火) 午後 2:10 [ pipit*mao ] 返信する

糸を巻いたものが陳列してる空間は圧巻ですね。一時間くらい見てたいです。

2007/1/16(火) 午後 10:18 人三豚七 返信する

顔アイコン

3256さん、知恵が付く前なら可です(w。

2007/1/17(水) 午前 6:11 tenentemari 返信する

顔アイコン

プチマオさん。意味としては、デザイン処理です。ちょっとふんわり感もたせて、ベジエのトゲトゲが見えにくいほうがいいかなって。でもなんかシャンプーしたみたいに見えますけど、それでもいいかなって(w)(新年で昨年の垢を洗い落すみたいな)

2007/1/17(水) 午前 6:13 tenentemari 返信する

顔アイコン

毒さん、おはよう。同じ物を並べるってのは常套手段ですが、けっこう数が多かったり、面積が大きかったりすると圧巻ですね。

2007/1/17(水) 午前 6:15 tenentemari 返信する

顔アイコン

今治のタオル生産量は日本一らしい なぜここで始まったか知りたい 繊維王国福井県人としては

2007/1/17(水) 午後 4:36 tak*f*ya*ase 返信する

タオルの美術館ですか!初耳です。ぜひ機会があれば寄ってみたいです。一見の価値ありですね^^

2007/1/18(木) 午後 7:18 みかん 返信する

タオル美術館ってこんなんですか〜知らなかったです・・・今治はよく行くんですが仕事がらみなので観光したこと無いんですよ〜。せいぜい橋の建設中に糸山公園から眺めたくらいです。

2007/1/19(金) 午後 11:13 [ ひよこペン ] 返信する

顔アイコン

やなせさんこにちわ。何故なのかは私も知らないです。確かに不思議ではあるんですよね。精密機械と違ってかさ張るのに、単価が安いものが、何故海を隔てた所で日本一になったか。今は橋もありますが、昔は船便だったと思いますし、、、コストかかっただろうに、、、と思ってます。

2007/1/22(月) 午後 3:19 tenentemari 返信する

顔アイコン

おこたみかんさんこばわ。無理していくほどでもないですけど、今治寄ったときには、是非行ってみて下さい。連休に気分転換でドライブドライブにはいいかも。

2007/1/23(火) 午前 3:51 tenentemari 返信する

顔アイコン

hiyocopenさんこばわ。良くいかれるのですか。今治は森林公園も有名らしいですが、そこは通り過ぎて、一応、糸山公園にはいってみました。2日の午後と3日の午前に寄ったのですが、生憎天気は悪かったので写真は掲載しませんが。。(w)糸山公園から見える海よりもその反対に位置する今治造船所(いまぞー)の巨大なクレーン群に興味を持ったテンテンです。

2007/1/23(火) 午前 3:56 tenentemari 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事