あけましておめでとうございます。
年末からずっと忙しかったのがひと段落してブログ復帰です。

ランディングネット製作の途中経過です。




イメージ 1

フレームの貼り合わせが完了して、グリップの形状を粗取り中です。

ネットは以前編んだけど小さすぎてボツにしたものを見つけました。
フレームに取り付ける部分まで編んでしまってあったので、
通常の目までの外周2列分をほどきました。
結び目をほどくのが思ったより大変でした・・・。

ここから糸を継いで、外側に向かって編み足してみます。

でもフレームに使ったブビンガの赤茶色が結構目立つので、
ネットも赤系の方が似合うかもしれません。編み直すかも。





イメージ 2

ランディングネットづくりで、私が一番好きなところ。
内貼りの合わせ目です。
クラフトマン魂をくすぐられる作業です。

うまくいったのですが、材の木目が違いすぎてちょっとアレでした。





イメージ 3

網針が指しているところが合わせ目です。
上から見ればほぼ完璧ではないかと。自己満足(  ̄∀ ̄ )。

この記事に

開く コメント(2)

アシンメトリー

2017年シーズンが終わってランディングネットを見たらボロボロでした。
フレームのコーティングは剥げ、グリップには無数の凹み傷が。
ネットが切れているところもあります。

このネットは2011年につくったものなので、
7シーズン使ったということになります。
その間、メンテナンス無し、ボロボロになるのも仕方ない。



というわけで、新しいのを作りますよ!





イメージ 1

グリップはイタヤカエデの端材がストックしてあったので使用。
道の駅とかホームセンターとかの端材コーナーで購入したものが役に立ちました。

ストレートタイプだけどグリップは左手で握りやすいよう非対称形状に。
メジャーでフレームのイメージを作って、下に敷いた紙に鉛筆でトレースしました。
これを型紙にして木型をつくるのです。





イメージ 2

フレーム材はこんなのを用意してあります。
右側の一枚は傷防止用のヒノキ材、捨て材です。





イメージ 3

今日はここまで。
この状態でしばらく乾燥じゃ。

この記事に

開く コメント(0)

完成しました。
ちょうど季節がアレなんで2018年用ってことになりますね。



イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

今回のロットはこの3色です。




ブログのルアー画像がマンネリになってきているので、
少し趣向を変えて、水に沈めて撮影してみました。

イメージ 4

うーん。良いかも。
というわけで・・・。




イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

3色の中では比較的地味だと思っていた岩魚カラーは、
水に入れて全面から光が当たるとかなり明るい印象でした。
岩が茶色っぽい渓ではむしろ目立つカラーかも。

手前ミソですがベリーの一部に吹いたオレンジがすごく良い感じです。

そのうちまたいつもの釣り具屋さんに置かせてもらいます。
よろしければ手に取ってご覧くださいませ。

この記事に

開く コメント(2)

ハンバーガー

最近オープンしたというカフェへ行ってきました。



イメージ 1

予約席はナイスな演出。

満席でした。予約して良かった。
安曇野でお店がオープンすると、しばらくの間はすごく混みます。
その先どうなるかは、お店次第。


それでは数ヶ月して落ち着いてきたお店はどうなるか?

だんだん営業時間が短くなってきて、
そのうち昼のみの営業になって、
1年後には冬季が休業になる、
ってのがよくあるパターンです。






イメージ 2

タンドリーチキン。






イメージ 3

ハンバーガー。
美味しい。



しかし。
高山の名店を懐かしく思い出してしまったのでした。
ああ、ブルーチーズバーガーが食べたいっ!!

あのお店も昔は気軽に入れてのんびりできたのになあ・・・。
観光地であまり人気が出てしまうと残念なこともありますね。


覚書
レモンジンジャーソーダが秀逸。

この記事に

開く コメント(0)

バイトが好きな話

突然ですが私のスプーン遍歴は、

.悒屮鷸代
 本流でダウンクロスの釣りが多かったので、肉厚のヘブンが使いやすかった。
 ついでに書いておくと、今ではダウンクロスの釣りはほとんどしていません。
 まあ、ブログタイトルがアレなんでアレなんですけど。

▲丱奪ス時代
 これは短期間。きっかけはスパトラさんとS氏さんが使っていたこと。
 塗装があまりにも剥げやすくて使わなくなっちゃった。

ホーボースプーン時代
 赤いヒラヒラにやられました。
 何匹か良いニジマスを釣ったけど、これも塗装が剥げやすくってNG。

ぅ好廖璽鵑覆兄代
 本流に行かなくなり、スプーン自体をほとんど使わなくなっちゃった。

イ修靴童什漾▲丱ぅ隼代
 銀山湖の装備を整えに行った釣具店で見つけて購入。
 ヘブンより低速でもよく泳ぐ。
 本流で使ってみたらこれまた使いやすい。
 
という感じで、今では湖と本流どちらもすっかりバイト派なのです。

と、ここまでは前置きで、本題へ。


「忠さんのスプーン」のパッケージを10枚、アートフィッシングさんに送りますと、
スプーンを1枚送ってくれるのです。
そのココロは「釣り場にパッケージを捨てるなよ」です。
言われなくても絶対捨てませんけどね。

数年前に1度送ったことがあり、今回は2度目の送付。





イメージ 1

そして届いたのがこちら。
シェルバイト(図々しくもモデルとサイズとカラーまで希望してしまった)に加え、
スイミングフック(このネーミングセンスがイイ!)とカタログ、
それからDVDまでおまけでつけてくれました。

このDVD、実はつい先日お店で見つけて買おうかどうか迷ったんですよね。
結果的には買わなくて良かったってことになってしまったのですけれど、
その時は買う意思が少なからずあったわけでして、
それだけになんだか頂いてしまって申し訳ないような気持ちです。
いや、ここは素直に「ありがとうございます!」だな。

で、このDVD、ただただスプーンでトラウトを釣り続けるだけの内容。
しかし臨場感あふれる映像に、自然の音とナイスなBGMが入っているだけで、
解説はおろか、ほとんどセリフらしいセリフが無いという潔さが、とっても良い!
本当にオススメでございます。

残念ながら私は購入できなかったので、どなたか是非代わりに購入してください。

この記事に

開く コメント(8)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事