全体表示

[ リスト ]

是非、松林飯山墓へ。

イメージ 1

イメージ 2

もう霊山墓所には40年近く通っていますが、松林飯山(廉之助)志士のお墓にちゃんとお参りしたのは初めてでした。墓石をぐるーっと周ってみて驚いたのは、そのびっしり書かれた墓碑文の何箇所もに藤本津之助(鉄石)や松本謙三郎(奎堂)の名が出てくることでした。短期間でしたが大坂の田蓑橋袂に雙松岡塾(松本奎堂の松と松林飯山の松で二つの松となり雙(双)松、それに岡鹿門の岡をプラスして雙松岡)を開き、尊王攘夷の志を実践しました。天誅組の義挙には加わっていませんが、慶応三年、肥前大村藩の同志と決起をするに至り、藩内佐幕派により暗殺された。この事件は大村騒動と呼ばれる大事件だったとか。29歳。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

昨日はありがとうございました。
充実した一日を過ごすことができましたし、大変勉強になりました。
一人ではとても無理だと実感をしました。

2013/3/1(金) 午前 8:19 [ kogekannchou ] 返信する

顔アイコン

御苦労さまでした。何十回も歩いていますが、一生かかっても調べきれない地域ですね。早足についてくるのは大変だったでしょう。「止まると死ぬんじゃ」人生ですから今度は靴の準備を頼みますね。

2013/3/1(金) 午前 8:39 [ ten*uji ] 返信する

顔アイコン

初めまして、こんにちは。
どちらにお問い合わせしたらよいかわからなかったのでこちらに失礼します。

私は長崎県で印刷会社の営業をしています辻義尚と申します。
いま地元の大村高校の記念誌を制作しており、その資料を探しているときに貴ブログを見つけました。
この大村高校は大村藩の藩校・五教館の流れをくむ高校で、記念誌では五教館から旧制大村中学校、大村高校に至るまでの偉人を紹介する予定です。
いま集めている資料というのが、明治維新期に大村藩三十七士の思想の柱であった松林飯山先生の資料です。
お伺いしたいのは貴ブログの2013年2月28日のこのエントリにて紹介されている松林飯山先生のお墓の場所についてです。
京都の霊山護国神社にあるらしいとは聞いているのですが、具体的な場所がHP上で見つけることが出来ず、撮影をどなたかに依頼しようにもできない状態になっております。
もしよろしければどのあたりか教えていただけないでしょうか。

突然に不躾なお願いをしまして申し訳ありません。
何卒よろしくお願いいたします。

株式会社つじ印刷
営業 辻 義尚

2014/7/1(火) 午前 11:20 [ nmk*jac* ] 返信する

顔アイコン

初めまして。この碑は京都東山の霊山護国神社の墓域内にございます。有名な坂本龍馬さんの御墓よりさらに上で(左上)、墓域では一番上に当たりますね。最近は入口に地図も出来ておりますから容易に場所もお分かりに成りますよ。

2014/7/1(火) 午前 11:59 [ ten*uji ] 返信する

顔アイコン

早速のお返事ありがとうございます!!
改めてメール致します。

2014/7/1(火) 午後 2:52 [ nmk*jac* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事