双輪生活

すべて表示

『科学』と『科学技術』は違う

英国にいた頃、イーストアングリアやコーンウォールで、ものすごく星がよく見える時がありました。不思議なことに電気も一日に3時間しか使えないインドの僻地よりも星がたくさん見える日があった。日本の長野の八ヶ岳の山の上よりも見えた。10代の頃は一年の2か月は長野にいたのではっきり断言できます。 英国に住んだことのある人は御存知かと思いますが、英国はじつによく天気が変わる。朝は曇りで霧がでて、昼前はドリゾル(こぬか雨)、正午には快晴になって、雲一つなく、午後2時にはまたどんよりと曇り、夜は快晴で冷え込み、自転車の上にみるみる霜が積もる、などということは珍しくない。 雲が吹き飛ばされたあと、ものすごく星が見える時がある。『ああ、アイザック・ニュートンや、ハレー(エドモンド・ハレー、ニュートンの友人で議論仲間、ハレーがニュートンにプリすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

すごく日本的なのでは?

2017/4/30(日) 午前 10:01

4月〜5月と言えば、自転車の関係者には、『良い季節』でさまざまなイベントが昔からあったものでした。古い昭和30〜40年代の自転車のポスターには、4月〜5月のセールやイベントの物が多い。うちにも8枚ぐらいそういうものがあります。 もうひとつ、私が少年時代、花粉症の人たちはほとんど記憶にない。スギ花粉だけでも、昭和30〜40年代から桁違いに『爆増』して ...すべて表示すべて表示

こういう自転車の効用もある。

2017/4/29(土) 午後 6:09

公園の中をお年寄りが杖を突いて歩いておられた。歩く速さは私の半分か3分の1ぐらいだろう。ほんとうにたどるように杖に頼ってゆっくりと。 麦茶を飲んで、さて帰るか、という時に、駐輪場でまたお見かけした。たぶん、70歳後半から80歳半ばだろうと思う。 その方、杖を折りたたんで前かごに入れ、悠然と走り去った。時速は12〜15kmぐらいか。自転車が ...すべて表示すべて表示

龍?

2017/4/29(土) 午前 8:44

私はけっこう、こういうのを見つけては一人で面白がっている。雨の日には動きます。天気の良い日にはお昼寝。



.


みんなの更新記事