全体表示

[ リスト ]

値段の問題

ノートルダムの聖堂の火事を受けて、イヴ・サンローランのブランドを持つグループのトップ、アンリ・ピノ氏が120億円の寄付を申し出た。ルイ・ヴイトンやヘネシーなどのブランドを持つLVMHは253億円の寄付を同様に申し出た。

昨日の記事でチャールズ・ロートンの『ノートルダムのせむし男』の話を書きましたが、じつはあれに出てくるノートルダムの建物はセットなのです。ロケは一つも入っていない。主演女優はフランスへ行ったこともなかった。よくぞ、あれほどのセットを作ったと感心する。まわりの中世の街並みもすべてセットです。

Sanctuary ! Charles Laughton The Hunchback of Notre Dame


Why was I not made of stone like thee ?


Youtubeで見てみてください。それでも、彫刻などはやはりそれらしくみえない。実際の大聖堂についやされた時間と才能は、どれほどの金額になるのか見当もつかない。内部にあった大きい絵画も運び出せず消失したということだし、あのみごとなステンド・グラスも、同じ色のガラスの再現は無理でしょう。

昔のガラスは出来た時から、現代のものとは姿が違う。それがさらに数百年の年月で色が落ち着いてくる。

オーソン・ウェルズの映画『フェイク』の中、前半の終わりは、『芸術の本来の無名性』の話で締めくくられている。そこではノートルダムではなくシャルトルが引き合いに出されているが、やがては宇宙の進化と変化の中で、この地球もなくなるわけだが、その無に帰る中で、それでも作り続けて行く創造行為が重要であり、サインもどの有名人が作ったかなども問題ではない、という主張が語られている。

ピノー氏の120億円の寄付の記事から、思わずバスキアの123億円の記事を確認のために読み直してみた。アンドレア・フレーネなる人物が、『バスキアはエジプト人をアフリカ人として再評価している』と書いていた。バカ言っちゃいけない。エジプト人、エチオピア人はセム語族だ。バスキアの理論的後ろだての評論はそのレベルなのか?

エレクトリック・グルーヴが問題で、音楽配信再考なら、バスキアは何で死んだのか?見せたらいけなくないのか?


世の中の『目が利く金持ち』は一人の才能ある画家の全作品を買い取って、あまり良くないものから年に1回ぐらい、ものすごく安い価格で売ったりする。そうすると美術年鑑には、それが取引相場として載りますから。ほんとうは数億円するはずのものが、数十万円だったりする。

そこがわかる人は、価格では驚かない。

私などはフェラーリ250GTOに76億円出すなら、図面を手に入れて、近いスペックのエンジンと部品でほぼ同様のものが1億も出せば精巧なリプロが出来るのではないかな?と考えたりする。それを毎日日常的に使うほうが贅沢ではないのか?

帆船の木製模型を作る人たちは、図面を手に入れて、すべての部品を手製します。クルマでなぜそれをしないのか?ウィリアム・ハーラーはかなりの自動車部品を同じに作っていたではないか。

自転車の場合、いくつかの大量生産部品のカナメのものがあれば、たいていのリプロは可能ですから。私などはそう考えてしまいます。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事