全体表示

[ リスト ]

競う愚かさ

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

昨晩、Youtubeで『ROAD RAGE』というのを検索してみた。出てくるのは『路上で、動物本能丸出しで、危険なことや、奥歯を3本抜かれたヒグマのように猛り狂って相手と喧嘩したり、相手の乗り物を破壊している姿。

私ははっきり覚えていますが、昭和30年代にそういうことはなかった。しずしずと、格調高く、貴族的に自動車を運転することがカッコ良いと思われていた。

『つまらない対抗意識』の『萌え、めばえ』(爆)は脱兎山が『差ニー』のコマーシャルで『隣のクルマが小さく見えま〜〜〜〜す』というのをやってからだろう。当時『家老ラ』が1100であとから1200になり、1400になり。『パブ利香』が800とか1000とかの時代、たかだか100ccの排気量の差を競っていた。

それは『民』の話で、『いつかは蔵雲』が2リッターで、英国のコベントリー・キャットは3.8とか4.2でしたからね。話がみみっちちすぎた。

やがて、『 FUN TO 銅鑼イヴ 』とかいうことを言う輩が出てきて、アウトバーンでヒトラーの脳波を感得して受け継いだ運転者たちが開発したものが、バブルのころに大量上陸して、一気に『運動性能』とかいって、『そこのけ運転』が増えた。

そこから2代目となって、一気にあおり運転とか、そういうおかしい奴が増えた。この『バブル期』というのは大きな影を投げかけていて、この時代に育った人たちは『お菓子のおまけカードで超車がスゴイと刷り込まれた人たち』。この世代が速いクルマを礼拝している。

そのあとには、コンピューターゲームの影響で『ゲーム感覚で相手より速く走ろうとする』。

そういう人たちのクルマが、ドブに浮かんだ空き缶のように混雑しているなかを、どんなに良いクルマで抜けて行っても私は愉しくない。

この流れは自転車の世界にも波及して、自動車界の人たちが自転車もやり始めた。いまはすっかり消えて、どこかへいなくなってしまった。髭贋公家の方も白人の美女のインストラクターのいるフィットネスクラブに通い、アッと言わせて自転車界へデビューすると公言していましたが、今や、この世の人ではない。ある時、その方が糖尿病かなにかでほとんど目が見えないのに気が付きました。『こんなに目が見えなくなっている人が運転していいのかな?』と正直思った。

そして今は?

つい2〜3日前、毎日新聞の古い記事を調べていて、ある『自転車マンガの実写版』に出ていた俳優さんの事故が、『原付バイクを追い越すシーンの撮影中に起こった』という記事を見つけた。それはどうなのかな?リハビリの美談にすり替えられる以前に、そうした自転車の乗り方のモラルとマナーが問われるべきではないのか?そういうシーンが小中学生の見るところとなったら、社会的なインパクトはどうなのか?と私などは思いますがね。しかも、その俳優さんはMTBは乗っていたが、ロードレーサーはほぼ初めての初心者だった。

最近も、中学生が津久井湖のほうで3人でロードレーサーで遠乗りに出かけ、1人が死亡して、残りも重傷を負う事故があった。競争をあおるような『乗り方プロモーション』は慎むべきだろう。

昔、マラソンの選手でW.S.というのが、衆人見守る中、道路のわきで大きいのをして、みんなビックリした(笑)。いくら記録のためとはいえ、もうすこし何かか考えたほうがよかっただろう。審判員を呼んで囲いを作ってもらってとかやりようはあったはずだ。

ヨーロッパのステージレースでは1日に230kmとか走るわけですが、トイレはどうするのか?というと、『人のあまりいないところへ来たら、乗ったまま放尿する』。記録とタイムがかかっていますからね。


そして、股間にワセリンを塗り、ジェルを塗り、下着を付けずにレーサーパンツをはく。この連休に、やはり、そういうレーサーパンツをはいた人が、何人かロードを表に停めて、私の食事していた店へ入って来た。正直、『着替えて出直してこい』という思いが消えなかった。


そして、なかには、首を事故でやったりして、寝たきりになる人、車椅子生活になる人もいる。車椅子生活や寝たきりの生活の大変さはあまり理解されていないのではないか?代償はあまりに大きい。

どうして、のんびりと爽快感を愉しむ行き方ではいけないのかな?と思う。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事