全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

昔とったきねづか?7

イメージ 1

今朝も朝4時に窓を開け放って、坐った。実に気持ちが良い。毎朝30分。これは禅の坐り方でも、ヨーガの坐り方でもよいと思う。ストレスが落ち、前日からの持越しの不安や怒り、すべてスッキリする。

この間、ブッダガヤへ行ってきたアメリカ人の友人とメールでやりとりしていて、自分はマインド・フルネスとかティック・ナット・ハンの『愛の瞑想』なるものにはくみしない、と言った。

『では、あなたにとっての瞑想とは何なのか?』と言われた。

私の答えは、一言で言えば『infinite awareness』、無限なるものを感じることだ、と言った。ここまでで、マインド・フルネスとも愛の瞑想とも違うことは相手に伝わる。

美しい明け方の空を見る。それをあるがままに観ずることは意外に難しい。『今日も暑くなりそうだ』とか『洗濯物をしようか?』とか『雲の色がどうだ』とか、多くの場合、言葉が浮かんでくる。そこから『考え』大脳皮質でいじくった『意識』が浮かんでくる。そこを空にしないと、その底にある無意識の海からの声は聞こえてこない。

直観、インスピレーションのたぐいは、その深層なる部分からしか生まれてこない。智慧も深層部分から湧いてくる。

つまり、意識を動かさないでいると、生まれてからこのかた見聞きしたこと、体験がすべて入っている深層部分からの声が聞こえるわけで、その声が常に正しい声となるように、深層部分をよい状態にして置かないといけない。

『言葉』と『考えること』が『時間をつくりだしている』。意識が働かないところでは時間はないと言ってよい。存在だけがある。般若心経の世界でも、『無い、無い、無い、無い』とやって行って、最後に無限なるものにぶちあたる。そして、そこを抜けたあとの境地は華厳経にみごとに書かれている。

『頭脳は言葉によって囚われてしまう』のだ。以上を英語で言ってみたらどうなるか?オリンピックで海外からの人が来たら、日本人たるもの英語でそのくらいのことは説明できてあたりまえだと思う。英文科の入学試験はそういう英作文と日本文化の一般教養でよいと私は考える。


意識が動くから時間が生まれる、体験、経験の時系列的な『たばねること』によって『自我』が生じるというのは最新の科学で認められている。つまりこの点で、仏教とヨーガの方が数千年先んじていた。そういう経験として束ねられた自我というのは、ほんとうの存在ではないということなのだ。


ここまでのinfinite awareness の考え方はヨーガも禅もよく似ている。現代のアシュタンガ・ヨーガは1990年代に出来たものだと前に書きましたが、その前のモデルになったものはアイアンガー師のヨーガ。ここも前に書いた。そのアイアンガー師の先生のクリシュナマチャラヤ師は、ヨーガの目的は意識を止めてみて、宇宙的な無限の時空の中にいる自分という存在を感じることだ、そのためには15分、30分、そうした情況がキープ出来ると良いのだが、数秒、数十秒でも、充分、その境地は腑に落ちるだろう、と言っていた。


そのクリシュナマチャラヤ師は生徒によって、まったく違うやりかたを教えていた。彼の妻には、じっくりと一つのポーズをゆっくりとやるやりかた。アイアンガー師には次から次へとポーズを変え、アクロバット的にジャンプしたりして、脚を抜いたりさせていた。これは、マイソールのマハラジャのジャガモンパレスの王族たちが、クシャトリアらしく勇ましい武術的な感じでやりたがったからだった、とアイアンガー師は語っていた。

クリシュナマチャラヤ師は、1930年代に、インドにあるさまざまなヨーガの流派の、混乱と矛盾を一度みんなで話し合って、会議を開いてみないか?と、当時の名だたるヨーガの行者たちに手紙を出したことが知られている。しかし、手紙の返事はなく、この計画は立ち消えになった。

さて、それが英国へ渡り、アメリカへ渡り、今度はアメリカのフィルターを抜けて日本へ来て、なにやら美容体操のようになって、呼吸法の意味も、『無限の時空の中にいる自己存在』を感じる部分もどこかへすっ飛んでしまって、なにやら珈琲が、麦を焦がしたものを混ぜたアメリカン・コーヒー(WW2の前後、アメリカのコーヒーには麦焦がしが混ぜてあった)になったような、何とも不思議な気がする。

ねこの賢者

イメージ 1

おなかを冷やして瞑想中。『辛抱だ!夏が過ぎるまで、ただ耐えるのだ!』夜になったら、鉄仮面を外しているかも。

役に立たない街路樹

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

自転車で走っていると、この時期、木陰があるかないかでずいぶん涼しさが変ります。

この写真にあるとおり、いつも枝を切られて、ついには枯れる木がものすごく目に付きます。まったく木陰を作らない。左の2枚の写真の木陰は奥にあるドングリの樹が作っている。

木陰を作っているのは街路樹ではなく、歩道の奥にあるドングリの樹。枯れると切り倒す。そこで誰かが『切り倒し料金』をもらう。枝をはらう、誰かが『枝払い料金をもらう』。枯れたので新しい木を植える、『誰かが植樹料金をもらう』。

京都にも街路樹だか『ゴボウ』だかわからない木がずいぶん植わっている。海外から来た人の間で、けっこう違和感として感じられていることなのだが、日本国内で話題になることがほとんどない。

ソフトスキル

当ブログへの常連さんが別のブログへ引っ越したのですが、そこで英国でのソフトスキルの話が出ていた。

態度、物腰、喋り方、服装など、それらすべてを駆使して社会を泳ぐわけですが、その方、それは『生まれ育ち、生活環境ではないのか?自分は機会平等のアメリカ式日本で育ったので、、』というような主張だったのですが、私は英米、両国をよく知っているので断言しますが、

英国の方が、アメリカよりはるかに生まれ育ちの壁を越えやすい。

アメリカが階級社会でないと思ったら、大きな間違いだ。私が高校時代の時の友人で、名門プリンストン大学から来ている留学生がいた。また西海岸から来ている日系3世の友人がいた。そのときに、いろいろな時に、西海岸日系3世の友人が『ひけめ』を告白していたので、はじめて、アメリカも自分が考えているほどクラスレスではないと知った。

その後、ちょっとした時に、アメリカの人が『彼の方がよい英語を話す、、』というようなことを耳にして、『それはどういうことか?』とよく質問した。さらに、その後、ヒスパニック系の友人ができると、同じアメリカにいても超えられない何かがあるのをよく聞かされた。

そう言うことを言ってはいけないのかもしれませんが、いまのトランペット大統領だって嫌いなわけでしょう?『背中の濡れた奴』(川を泳いで密かに国に来た連中)、とかほかにもよろしくない表現はゴマンとある。先週はニクソンとレーガンが『モンキーどもが〜〜』と話しているテープが公開されたのを聞いた。トルーマンは若い頃に妻に書いた手紙の中で『神は白い砂で白人を創り、黒い土で黒人を創り、残りの黄色い物(汚物)で黄色人種を創った。』と書いていた(日系のロナルド・タカキ氏が調べ抜いている)。

レーガンの時代は、英国ではサッチャーの時代だが、彼女はそのような発言・失言はしていない。

このあいだ、たまたま昼飯に入った食堂で、私がどうやって英語を勉強したのか訊かれた。私は大学一年の時までは、徹底したアメリカ英語でした。メイン州のほうの人、プリンストンの人、ロチェスターの人の3人のアクセントが強烈に入っていました。それを1年間で段階的に英国英語に直した。ある程度のところまで治すのに4年かかった。それでも、彼らは母音ひとつ、子音ひとつで、お里が当てられる。

『そうとう頑張っているけど、アメリカ人の先生についたでしょう? I can tell it from your R sound.』

あちこちで、そう言われた。その癖を落とせたのが30歳ちょうどぐらいか。あいづちの打ち方や単語、タイミングもまったく違う。最初に、日本で会った英国人との話の中で『Far from it』と言ったところ、『いやぁ!懐かしい!いまの使い方といい、タイミングといい、じつに英国的だ!』と感心された。英国でいろいろと面倒を見てくれた恩人がいて、彼女がさまざまな注意を与えてくれた。『それは文法的には正しいが、卑屈に聞こえる。こう言え、』という具合。


そのころから、英国で『扉が開くように受け入れられるようになった』。着こなしはイートン校御用達の店の親爺が教えてくれた。

『初夜のベッドのなかでもイートンのスクールタイを締めているような人になってはなりませぬぞ』(爆)

これらは、英国に於いては『修行でクリアーできる』と私は考えている。しかし、私は、アメリカでは顔や外観を変えないかぎり無理、というハードルを感じた。ドイツでも感じましたね。じつに嫌なものだ。それは見えないし、言葉に発せられないけれど、はっきりと存在すると思う。

英国は意外に島国ではない。インターナショナルな感覚を持ち合わせている。彼らが嫌がるのは、彼らの伝統的な価値観にレスペクトを払わない人、それらを理解し愛さないよそ者、なのだということがわかる。逆に言うと、そのあたりが押さえられている人は英国紳士・淑女で通用する。裏返せば、紳士・淑女は外見ではない。

現実問題として、英国の階級間移動の人口統計を見ると、アメリカや日本よりはるかに移動する人が多いことがわかる。これはノーベル賞候補にもなっていた故森嶋教授の本にも出ている。


身近な例、ロジャー・ムーアは警察官の息子で、ボディビルのモデルをやったりしていたが、彼は出身の労働者階級のアクセントはほぼ無い。ジュリー・アンドリュースは極貧のスラム出で、舞台に立つとき、靴下には穴が開き、そこを塗っていた。それでもprissyながら良い英語を話す。そして、両者とも成功した。一方で『自分はいかなる役柄でも絶対に発音を直さない』と宣言していたドロドロのスコットランドなまりのショーン・コネリーも、労働者階級出のマイケル・ケインもやはり人気者で受け入れられている。

興味深いことはロジャー・ムーアとマイケル・ケインは出身の背景がほとんど同じで、ロジャー・ムーアもマイケル・ケインのようなアクセントで話していた可能性があったのだ。

それは、その人の向かう人生の方向で、いずれを選んでも良いのが英国だ。ミック・ジャガーなどでも、本来なら上流階級の英語を話していてもおかしくないのだが、意図的にそうではない方向へ行っている。

どちらでも使いこなせるというのは便利なこと。『英国人はピンストライプの背広を鎧に、ウィットとユーモアを槍に、にこやかな笑顔と美しい英語を鉄壁として用い、無礼で無教養な人から自らを防御する』という言葉があるぐらいだ。

科学的ですらない

イメージ 1

昨晩、たまたま入った食堂で、クルマでキャンプに行った親子の話をTVでやっていた。道に迷い、基地局がないので携帯も使えず、尖った石があるのでタイヤがパンク。次から次へタイヤが裂けて、手持ちのスペアを使い切り、真直ぐ走るために、平気なタイヤも空気圧を下げ、、、やがてころがり抵抗のあまりの大きさにオーヴァーヒート。

信じられないのは、その父親が数十リッターもっていた飲料水をクルマのエンジンにぶっかけてエンジンを冷やし、、、それを数度繰り返して手持ちの水を使い切った。砂漠のど真ん中での話です。

私は見ていて、頭がどうかしているな、と思った。

やがて、加熱したエンジンから、何かのケーブルに火がついて、クルマが燃え始めた。親子はクルマからすぐ降りたのだが、クルマは炎上、爆発。持ち物もすべて燃えた。

最後には、運よく通りかかった人に助けられたという話だったが、運の良し悪しとか以前に、私には自業自得に見えた。


その昔、自転車世界旅行者のギネスブック・レコード・ホルダーのハィンツ・シュトゥッケと話していて、『僻地へ出かけるとき、クルマより自転車の方が頼りになる』と彼は言っていた。それは、立ち往生して捨てられ、朽ち果てた4WDをずいぶん見たからだとの話。


そのハインツは運搬車用の黒い普通の26インチの2分の1タイヤを使っていた。彼によると、『それでも、アフリカあたりだと、植物の種などでパンクするのだ』と言っていた。


ちなみに、私は四国を廻ったときには普通の飴黒(飴色のサイドウォールに黒いトレッド)のタイヤを使った。これは、当時から私はぽにゃレーサーのオープンサイドをまったく信用していなかったからで、多摩川の河原などで、何回もタイヤが裂けた。たぶん、半年ぐらいで真円度が悪くなってくるのと根は同じで、私は使っている内部の布、カーカスの問題だろうと考えている。しかし、『裂けることがパンクとリポートされたのか』円周方向にケブラーだかなんだかをまわして、ころがり抵抗はあまりよい感じがしない、乗り味は固くなった。『裂けるパンク』と『ガラスや釘を踏んでのパンク』が混同されたのではないか?私にとっては他にないからしかたがなく使う、ぐらいの感じだ。

うちのほうでもよく病米利香製の4WDをよく見かける。GUN用の馬鹿でかいのまで。走る3畳間みたいで、隣りに来るとものすごい熱気が来る。環境悪だなと思う。

人間の呼吸のシステムは、自分の肉体の中にすべてがあるわけではない。

自分の肉体の中の肺、プラス自動車の空調でもない。植物や海の植物性プランクトンに役割の多くを依存している。うちのまわりでも、『クルマの上に葉が落ちるから、木を斬ってくれ』という住民がけっこういる。『木があると鳥が来てうるさいし、糞が気になるから』とやはり木を切ってくれと言う。日曜日ともなると、そのクルマで買い出しに行き、海洋汚染のもととなるプラスチック容器が大量に使われた食品をクルマから運び出している。

彼らに自分の肺の一部が、肉体の外にある植物であるという発想はないでしょうね。

そういう人からすると、鳥も植物もなくてよい、自動車があって、自動車が汚れず、売る時に損をせず、できれば、しだいにクルマを乗り換えるごとに、人もうらやむ高級なものへシフトさせてゆき、経済は目先のこと、貯金通帳の右と左しかわからない、、そういう生活なんだろうな、と推測する。『自動車はじつは稼ぐ金額の数字』だったりする。クルマに対して無関心な若者が増えたということは、『そうした富の象徴としての自動車がつまらないおもちゃだ』と考える若者が増えたということだろう。

先日、海外のニュースで、英国のメーカーが出した電気の超車を見た。上の空で聞いていたのでうろ覚えだが、2000馬力とか言っていた。100kmまで数秒の世界らしい。プリ臼でも暴走すればたいへんなことになるのに、100kmまで2秒とか3秒で、人間はどう対応するのか?愚かな機械だと言うほかはない。そういうものを所有することがスティタス・シンボルになるとか、趣味の良さの表れになると考えるのはかなりな『時代錯誤』だと私は思う。

今どきのロンドンで、チュート―の愚かな油息子たちが5mphで練り歩くには、加熱炎上することもないし、やかましくないし、排気ガスもないからよいかもしれない。しかし、その電気はどこから来るのか?まさか自宅のソーラーパネルですべてまかなって充電しているわけではあるまい。

通り道で、木が切られているのをみた。この猛暑、芽も出てきていない。たぶん、木を憎悪している人の仕業だろうと思っていたら、そうではないようだ。木の中に木の箱が置かれていた。誰かが野良猫のために置いたのだろう。それが気に入らないひとが、あたりの木々をすべて切らせたらしい。数日前、その野良猫が路上で暑さのために行き倒れて、こときれていて、おばあさんが段ボールの箱に入れて清掃車を待っているのを目撃した。

東京はさまざまな意味で砂漠に近づいている。

全1194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事