全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ハードなパンで朝食?

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

いま、ちょうど6時を回ったころですが、フランスだとこの時間には開けているパン屋がけっこうある。

『焼きたてのパンを供給するのが彼らの仕事』だから。朝の遅いパン屋というのは考えられない。多くの場合、パン屋は教会の近くにあったように覚えている。

ロンドンでも、私の行っていたパン屋は朝が早かった。朝7時頃には店が開いていて、故ダイアナ妃殿下にもそこで何度かお会いしたことがある。

その国の人の味覚というのは、だいたいパンを食べてみて、塩の入り具合をみると、イッパツでわかる。ウィーンのパンは、イタリアやフランスに比べてすごく塩が多い。日本はアメリカ式に甘くしている。

アメリカのパンは、『パレット』だから、小麦の香ばしい香りも何もない。ピーナツバターを塗ったり、別の味で覆い隠して、食べる画用紙のような真っ白いパンがほとんど。ブラウンブレッドでもよい香りはしない。

フランスのパンは、カリカリの外側が美味いので、そこが多くなるようにバゲットは考えられたのだろう。そこに香ばしい小麦の香りがしないバゲットはまがいもの。そして、なかにはふぞろいな大きさの空洞が香りをためて、やわらかい。

そこからすると、日本には乳化剤、添加物盛沢山の『しっとりともちもちな脱脂綿』のような、小麦の良い香りのしないパンが多い。その反動なのだろうが、一方で『ハード系』と呼ばれるヨーロッパでも中東でもインドでもお目にかかったことのない不思議なパンがある。

『先祖は足軽で、塹壕のなかで干飯(ほしいい)をガリガリ齧っていたような人はいいのかもしれない』。私はあれはダメなのです。シェークスピアは『航海を終えた後の、残り物のビスケットのように硬い』と言ったが、そのたぐいである。

ようするに、捏ね方も発酵も下手なのだ。私は週に2回、家の全員のために(15人ぐらい)パンをフランシスと焼いていたが、オーガニックの全粒粉で天然酵母で、そんなに固い焼き上がりにはならなかった。時間が経つと固くなるので、うまいのは焼きたての朝から昼食まで。薄く切ってあぶって、なんとか2日目。3日目は天候によっては木片のように固くなる(笑)。3日目にはなんだかんだ言って、町のパン屋から買ってくるのがいたり、パスタにするひとがいたりする。家の主人は『もったいない』とバリバリ食べる。

歯が丈夫なんですね(爆)。日本でもそういう固いパンの店の店主は、古代インカの水晶の頭蓋骨みたいな頑丈そうなアゴと頭骨の人をよくみる。ハード系は『歯が立たないくらいのせんべいのある国だから受け入れられた』と思う。実際、某店でポテチップスのように焼いたものが出てくるのですが、決して『ラスクのようには行かない』。何回か私は口の中をざっくり切った。歯が丈夫でも粘膜は鍛えられませんからね。果たしてそういうものが、内臓によいのか疑問に思う。


このところ、私は夕飯をづっと抜いている。夜は果物だけにしたりという日がけっこうある。体調は悪くない。朝は蕎麦にして、シッカリとったりして、昼は米にする。夜はフルーツやサラダだけ。

どインド屋が『さいきんお米の人になっていますね』。じつは、その店のナンの小麦粉の選定には知恵を貸している。夜と昼では小麦粉が違う。昼は『パンっぽくあがる小麦粉』にしている。そこはあまり『砂糖を足していない』が、インド、ネパール人にも日本人の砂糖好きは見透かされていて、ずいぶん甘くしたナンを出している店が多い。

数年前撤退した近所の別のインド屋では、ナンをずいぶん甘くしていた。私は『甘すぎ』と言っていたが、客は『ここのナンが一番おいしい』と言っている人が多かった。近所(10kmのサークルの中で)でその店のナンが一番甘かった。

蕎麦はつゆを自分で作り、蕎麦は国産小麦のオーガニックのもの。べつにそれで、飽きない。万願寺とうがらしの刻みとかを入れ、ある時は黒ゴマ、ある時は白胡麻、大根おろしや納豆などて変化を付ける。水晶頭蓋骨用のパンにジャムよりは、自分にはしっくりくる。

植物と気候

イメージ 1

ヨーロッパでは英国では暑かったと思ったらヒョウが降り。ドイツでも記録的な猛暑。ドイツは史上最高の気温だったらしい。

日本は御存知の通り、梅雨もおかしい。夏も猛暑なのか冷夏なのか判然としない。東南アジアから極東アジアにかけてのエリアは『モンスーン』の地帯で、それが稲作を支え、安定した文明が育った。いま、それが危うい感じになってきている。

インド洋の熱せられた空気がヒマラヤ山脈にぶつかって、冷やされて雲になり、それが偏西風にのって、インド、東南アジアから極東にかけて雨季をもたらす。

温暖化によって、海面の温度上昇の具合がかわり、地表の温度の上昇具合が変り、偏西風の蛇行のルートが変り、それが、世界的な気象のおかしい具合になってあらわれていると考えられる。


バングラディッシュの大洪水も、九州の大雨も、イタリアの洪水も、ニューオルリンズの洪水も、インドの体温をはるかに超える猛烈な暑さも、カリフォルニアの山火事も、根っこは同じ。『偏西風の蛇行のルートが変わった』ことによる。

それでも、じゃんじゃんエネルギー使って『さらなる経済成長』ですか?まったく、科学的な頭脳の考えることではない。『目先の金にしか関心のない頭脳の考えること』に私には思える。

ひのたまはちおうじのほうでは、街路樹をある程度大きくなると切り倒している。まあ、業者に金が払われるわけでしょうから、経済を回すためには、切り倒すことが必要なのでしょう。日本の街路樹は他のアジア諸国の街路樹に比べて太い物がない。実に貧相。心地よい日陰を作るほどの街路樹のある通りは稀だ。自転車に乗っていると実によくわかる。


今の調子で行くと、海の中の対流が変って、魚の種類が激減することが懸念されている。しかもプラスチックごみの重さと海の魚の全重量が同じになる日は近いと言われている。

それでも、自転車の部品などでも、1965年ぐらいまでは、変速器のプーリーですら金属製で、ハンドルにまくバーテープはコットン。握りは80年でも使えるセルロイドだった。私の『ローズ』はほぼ100年前のものだが、グリップはまだオリジナルのままだ。現代の変速機部品も部品を入れるパッケージも、数年でダメになるスピードメーターもテールランプもヘッドランプもすべてプラスチック。昭和40年代までの実用車のヘッドランプは鉄とガラスと銅で出来ていた。

実用車のタイヤなどは、トレッドが擦り減ったら、技術的には、『山かけ』が出来る。昔はトラックなどのタイヤは擦り減ったら、トレッドの山を足していたのです。

うちは、野菜は出来るだけ自然に近い品種のものを食べている。食べ終わったあと、その種を植えて、同じものが育ったら儲からないので、次の世代は育たないような野菜が品種改良で作られて売られている。毎回、種を買ってもらう仕組み。

そういう子孫がうまく出来ない野菜を食べ続けて、身体によいのか?平気だと思う人はそれを食べればよい。私はそうは思わないので、出来る限り植えれば毎年同じものが育つ固定種の野菜を食べている。

緑茶すら、うちでは『接ぎ木』でない原木のお茶を飲んでいる。不思議と胃に来ない。

蒸かしてたべたあとに、切り落としの2cmぐらいのサツマイモのシッポを、水につけておくと芽が出る。そうしたら、『その茎の部分が土に触れるようにしておくと、その芽の茎から根が生える。そうしたら、土に植えると、茎はどんどん大きくなり、2cmぐらいの芋の部分はしぼんでゆく。芋から根はあまり生えず育たないので、あくまでも、茎が地面に触れるようにしておく。そうすると、やがては芋が出来、そのうちのいくらかを種芋としてとっておく。

そう考えると、植物というのは、本来不死身なのではないか?と思えてくる。そうした神秘的なものを感じられない人は、木でも植物でも刈ってなんとも感じないのだろう。


その大地がゆりかごになって、植物は育つ。種も土壌の中で眠ると芽吹く。そういう不思議な力を持つ土壌に、ヴェトナム戦争で使われた枯葉剤を連想させる除草剤をまく人の気持ちがわからない。

右腕がよろしくない

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

右腕で一日中力仕事をして、右腕でパイプを曲げ、右腕で一日中ヤスリをかけ、、、右腕で老人を一日のうち何回か車椅子に移し、、、ベッドに移し、、


いやぁ、ちょっと、右腕の状態が思わしくない。キーボードを打つのも、マウスを操作するのも違和感がある。


あとは、老眼が入っているので、細かい作業で顔を近づけて作業する傾向から、頸椎にかなりの負担がかかっている。

昔、クルマにはねられた時の古傷は、四国を走っている時に、後ろを向いて大声を出した拍子にパキッとはいったのだが、入るまでの長い間、ずれたままに長期間(数年間)なっていたので、たぶん、ヘンな擦り減り方をしたところがあるのだと思われる。目を凝らしてホイールを組んだりして疲れると違和感がそこにでる。

夕方、自転車に乗ったのだが、たいしたもので、仙人クラウドに乗ると、右腕のひじの前の腱の痛みも頸椎の違和感もスパッと消える。自作ながら、しみじみと、『あ〜〜楽なんだな。どこにも無駄なストレスがかからないんだな』と実感する。


『痛くなくなるまでガマンする』という発想は私にはない。ドロップの車両でも、ブリストル・スピードなどは、どこも痛くならなかった。じつは、そういうドロップの車両のツーリング車を、それも仏蘭西式で作ろうという密かな野望もある。故板倉さんは私に『Zのブランドを買わないか』と言っていました。まあ、1967年ごろから知っていたわけですから、旧知の間柄のひとに渡したかったのだと思う。

ずいぶん変わったものも、私のところに来ていて、いま65歳ぐらいの人は、昔、マファックが手に入りづらかった1960年代、ゼファーは自分のところで、クリテリウムと同じ形状のカンティを作ったことがあった。その部品が一箱うちにきている。

あのフロントにリア用の泥除けを使って、フロントのへさきに10mmのU字ステーを回して、巨大な砲弾型ヘッドライトをつけ、回転する車輪のタイヤが見えない感覚には何とも言えない懐かしさを感じる。インペリアルに使っていた10mmのU字ステーをつくる治具もうちに来ている。

そして42Bのタイヤの複葉機に乗ったような感覚。今の700cかMTBかで育った若い人たちには、あの乗り味は新鮮だろうと思う。『ちょっと、乗ってごらん』。それだけのために、一台作ってみたいと思うのだが、なかなか時間がとれませんな。

昔とったきねづか?4

こうしてヨーガのことを書き始めたのは、最近、友人でガンになった人から、いろいろとヨーガのこと、瞑想のこと、など訊かれたことがきっかけで、書き始めました。

末期のガンなのですが、その方、ご自身の判断で一切治療の薬を飲むのをやめた。数値は良くなって、やめる前は、玄関のドアに出ることも出来ず、私がお茶やハーブを送っても、取りに出られないくらいの状況のときもあったのが、このあいだは、庭にでて家庭菜園の手入れをするまでによくなった。

私も知っている限りのこと、まわりの人で同じような状況だった人の話などを電話でしたのですが、その人はものすごい勢いで、インターネットで情報収集をしていました。ある種の薬が日本では使われているのに、アメリカやヨーロッパでは使用が禁止されていることなど、全て調べ抜いていました。

私のほうもマヌカ・ハニーを送ったりして、上白糖を使わないようにとか、放射線のあとで血液の状況が良くない時や食欲がない時用に、北米産ではない中東の本場物のデーツを送ったり、ホーリー・バジルを送ったり、ビタミンCは利くというのでレモンを送ったり、細胞の催奇性を抑える働きがある竜眼肉を教えたりした。比較的、安価にそれなら続けられる。


そんなことから、『ヨーガの話になって、ヨーガの瞑想の話』になって、それをブログに書いたわけです。


いまの日本のヨーガというのは、痩せるとか美容とかの意味合いが大きいように思う。しかし、佐保田先生が言っておられたように、それは一種の副産物にすぎない。

人間の感覚器官は、視覚、聴覚、臭覚、味覚、触角、どれも『外部からの刺激に向けられている』ので、いきおい、人間は関心がひたすら外部へ向き、考えも欲望も、探求の方向も、すべて外部にむきやすい。

世の中のトレンドから、経済の動向、何が買い時か、さまざまな相場、自分の職場の様子、から始まって、ついには太陽系の他の惑星にまでロケットを飛ばすまでに、関心は外部に向かっている。

『では、貴方が考える自分とは何か?』と考え始めると、どうでしょう?『余分なテンプラのコロモのようなものをどかしてみたら?純粋な私の存在とはどういうものなのだろう?』

会社の肩書などを言ってみても、感心しない人はたくさんいる(ダブル・バウンドの表現です、笑)。肩書はあるが嫌味な人もいれば、肩書を言っても『あっ、そうですか』で何も感じない第三者も多い。

すごい乗り物に乗っていても、それは当人は『自分の趣味の良さ』であるとか、『預金通帳の目に見えるカタチでのひけらかし』であったり、やはり『ふ〜〜〜ん』でスルーされてしまう場合が少なくない。

美男・美女で魅力のない人もいるし、他人は『天麩羅のコロモ』に意外にまどわされていない。

ほんとうのその人の奥深い所のよさは意外と通じるものだと私は思う。『私』というエゴ、我はいわば、画用紙に描いた円のようなもので、『私という円を描いて、自分はそこに閉じ込められている』。私というのは有限なもの。その円のなかで、ああでもないこうでもないと、損得を考えながら歩き回っているようなものだ。

その円の外側というのは、画用紙でなく、この世界の平面と考えれば、無限といってもよい。

瞑想の一つの意味は、その『円』、エゴを外してみるという意味があると私は考えている。

その時に、たとえば、インドのヒンドゥー教徒やチベットの密教徒のようにマントラを唱えていると、数珠なしでは自分が何回目にいるのかわからなくなる。6回目なのか7回目なのか?100回目なのか?120回目なのか?同じ音を発している自分がいる。どういうことかというと、時間や時系列は、本来頭の記憶の中にあるもので、独立した時間が存在するわけではない。意識の流れがないところに時間は意味をなさない。

自分のこころの中へ降りて行くと、無意識のさらに下の奥の方に、生命の源のような、マグマにも似た感じで、自分の身体を自動操縦している部分があるというイメージ(笑)。意識で考えたことは、無意識の中にしだいに沈んでゆき、最後はそこのマグマ状態のところまで到達する。だから、強いストレスを受けたり、悲しみがあったり、憎しみがあると、ストレスで胃潰瘍になったり、身体が不調になる。私なども、ストレスを受けると、すぐ血圧や心臓の状態にあらわれるので、そうなると、即座に気分をほぐしにとりかかる。


多くの現代人は、意識の部分の『私』を満足させ、運動をして体を鍛え、肥満を直し美男美女になり、金を儲けて超一流のものを持てば、すべては好転して幸福になれると考える。果たしてそうなのか?

奥深いところにある『ほんとうの自分』と『私』が別のところを向いていて、調和していなかったら、幸福ではないのではないか?


最新の脳科学では、何かをしようと『意識の部分の私が決断する前に、すでに深層意識が行動を決断し、そのあとにその決断が意識にのぼる』のだという。ところが、西洋的な科学、哲学では、意識,思考、思索の部分が重要視されたので、『コギト、エルゴ、スム』、『我思う、ゆえに我あり』でやってきた。ところが、ヨーガや仏教ではそうではない。

深層意識の部分は『ぬかどこ』(笑)。ぬかどこが良ければ、中に入れた茄子でも蕪でも美味い漬物に仕上がる。ぬかどこが悪ければ、野菜は腐るだろう。

ヨーガや仏教の瞑想は、そのぬか床を最良の状態に整え、外部世界を映す鏡が歪みのないものとなり、ぬか床も最高の状態になることを目指すといってよいだろう。そして、さらに、そのこころと身体がうまく調和一致したところを目指す。

直観と熟考はまさに逆のものだが、直観は『深層意識総動員』、熟考は『意識で考える』。智慧は意識から解放された直観からしか出てこない。


この話、まだ続けます。

暗い世相

イメージ 1 イメージ 2

イメージ 2

どうも令和になってから明るい話題、明るいニュースがない。雇用が増え、景気は良くなったというのですがね。なんだかWW2の時の大本営発表の『連戦連勝のニュース』のようで、まったく実感がない。

昨日は、どうしても足りない部品があって、問屋の倉庫をあさりに行った。1と2分の1のタイヤをはいた旅行車両を新しいフレームとキャリアに移植するのだが、26インチと1と2分の1のタイヤと云うのは650Bの42Bよりも外径が大きい。前のフレームには8分の3用の泥除けに入れていたので、クリアランスがものすごく少なかった。

行く目的地から考えて、これでは泥がぬかるんでいたら、タイヤが回らなくなるな〜と気になっていた。

こうしたことはヴェテランならご存じ。赤土のぬかるみなどで、タイヤの外側に泥がついて、泥除けの中に詰まると、タイヤは回らなくなるし、木の枝でほっじったぐらいでは取れません。にっちもさっちも動かなくなる。そういうことがあるからMTBには半周まわる泥除けを付けない。

問屋の倉庫をかき回すこと1時間。あった〜〜。昔のメーカー車の幅広、大直径用泥除け。

これは半径が大きいので、うちのフレームに入れてもシートチューブと泥除けの背中がほとんどくっつく。うちの28号はシートが寝ていることもあるが、チェンステーが一般の旅行用車よりはるかに長いのに、このクリアランスです。

フロントのキャリアは取り付け方法をずいぶん悩んだ。キャリアは頑丈なのですが、いろいろと考えて、27号のようなフロントサイドバッグはやめた。実は、一度作ってからやめている。

フロントのサイドバッグはきわめて有効なもので、リアのサイドバッグは重いものを積むと、ペダリングによるフレームのブレがハンドルへ帰ってきて、直進性が乱される。だから、サイドバッグを4つ付けるキャンピング車では前の2つに重いものを積むのが基本だ。

しかし、これにはけっこうな乗車技術が必要とされ、ビギナーは必ずと言ってよいほど、乗り始めでフロントのサイドバッグを引っ掛けて大転倒する。『いや〜〜、これは初心者にはやめたほうがいいな〜』と急遽代替案でまとめた。

こういうことは、『1台づつ、すべてゼロからの設計』に等しい。どこかのメーカーに試作車両として納めるには、2〜3台試作してみて、しばらく実用で使ってみて、少なくとも半年ぐらいの検証・製作時間が必要だろう。

それから考えたら、ロードレーサーははるかに製作が簡単だ。

この間、その話をしたら『一番作るのが難しい自転車は何ですか?』と訊かれた。
『それはロッド・ブレーキでフルチェンケースの自転車に決まっている』と答えた。これはじつにむずかしい。多くの『後輪のロッドブレーキは利かない』。日本の実用車の後輪のロッドブレーキも利かない。私が今まで乗った中で、ボーデンワイヤーで引くカンティブレーキぐらい利くロッドブレーキは、サンビーム、B.S.A.のボトムブラケットの下をタワーを介して動かすタイプのもの、カンティ(サンジェとまったく同じ構造のモニター・スーパー・カムのブレーキ)を直付けしてロッドで引くドーズのロードスターだけだ。

そういうもののmodern Takeを作って見たかったが、どうも時間的に間に合いそうもありません。


ある、有名なプロ・ショップがやめるらしい、という噂を問屋で聞いた。不景気で、家賃がキツイらしい。『月に50万円では利かない家賃だろう』という話だった。そこが辞めると、ロード界へのインパクトが大きいのではないか?世の中、あまり景気の良い話はきこえてこない。

全1194ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事