全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1179ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

ノートルダム炎上

私はちょっと、我が耳を疑いました。YoutubeでBBCの画像を見て、なんともやりきれない気分になった。

昔、チャールズ・ロートン主演のノートルダムのせむし男を見て以来、あれは『中世の石の森』として、『そこにあるだけで安心』というヨーロッパ美術・文明の礎石の一つだった。

これは『油断』という話ではない。850年間、誰ひとりそんな失態をしなかったことをやったわけですから。しかもイースターの直前に。たるんでいたとしか思えない。

あそこは一日では正直見きれなかった。行くたびに新たな発見があって、ひとつの中世の宇宙を形作っていた。ガーゴイルなども実に面白いものがあった。聖も俗も、善も悪も両方描かれて宇宙を作っていた。

そうした『宇宙観』はたとえばヴァティカンのサンピエトロにはない。一方的な絵巻物になっている。これは東方正教会の巨大ドームも同じでしょう。


尖塔が焼けて崩れ落ちる様子は、なにやら象徴的ですらあった。多くの人があの場面でトラウマになるのではないか?

さんざん、イタリアもフランスも、CYU-東からのIMINを受け入れ、路上でのそうした人たちのれーはい者を出し、安い労働力確保に躍起になり、金儲けを追いかけ、もと銀行員の真っ黒論大棟梁はカソリックの禁止している自由盟尊で眼玉△の前で就任をした。ベルギーなどはやがては伊須羅武教徒が過半数を占めるようになると言われている。

もはや、今のフランスに180年かけて建設するだけの、思想的バックボーンは残っていないでしょう。

すべての意味で象徴的な悲劇だったと思う。

これは誰か責任者が判明するのでしょうかね?わかったら、さらに大きい事件になるような気がします。

セカンド チャンス

前のページで書いた蕎麦屋へまた行ってみた(笑)。

じぶん時なのに、客は私一人だけ。ハンチングの若旦那、完全に流れを変えてしまいましたな。彼の好みなのか、改装後はいつもやかましい感じのロックが鳴っている。蕎麦屋でなぜ?と思うが、まあ、好きにしたら。

『若い力を信じてみなされ』(爆)

天丼。つゆが濃くて辛い。完食できず。

そこの蕎麦屋、黒光りする福の神が先代の時は置かれていた。それがなくなっている。実は、その福の神の名前がその店の屋号になっている。たぶん、先代か先々代のころから置かれていたのだと思うが、それがどこにもない。


『おたくは◎◎屋さんなのに◎◎さまいなくなったね。』
狼狽する若旦那。巨大な熊手をキョロキョロ見ていた。熊手に◎◎さまの顔が付いているのがとれた、とでも思ったらしい。そんなところにはない。
『そうじゃないよ。改装前ここに黒光りする古い◎◎さま置いてあったじゃない。』


はじめて意味が分かったらしい。たぶん、改装後、誰もそんなことは言わなかったのだろう。私はこう言うことはけっこう気にする。


夜7時から、私の食事が終了するまで、他の客はひとりも入店なし。終わったな、と思った。

サード・チャンスで、福の神の木像が登場しているかどうか、気にならなくはないが、まあ、いいかな(爆)。

10連休

10連休を歓迎しないという人が4割以上いるらしい。私も10連休などというのは迷惑な話だと思っている。

世の中が10連休ということは、仕事がとまる。うちのように高齢者の要介護を抱えているうちは、その調整に苦労する。どこかへいったところで、クルマで行けば大渋滞、観光地も混んでいる。何かやろうと思っても、店が閉まっている。

10連休が、『休み方改革であるかのように言うお上はあまりに意識が低い』。先進国のようにしたいなら、『いつでも10連休ぐらいとれるようにする』ことが休み方改革だろう。

みんなが、てんでんばらばらなところで10連休とれるようにするのが、文化的な国のすることだと思う。

証券市場などで、たとえば、なにか大暴落するような事件が起こった時、市場が開かず、10日間うちでのんびりしていて、対応できず、みんなが大損するようなことになったらどうするのかな?と思う。年金の運用とかのほうでまた大穴あけられるリスクは巨大なんじゃないか?

幸福な家

イメージ 1

うちのブログへ毎日見に来られる方が、『幸福な家』という写真をアップしていた。良いクルマが停まり、庭はよく手入れされ、庭の木には花が咲いている。

たしかに、スタートの時点で大きくすでに、もう追いつけないくらいの差が出来ている場合もある。

こういうのは、わからない。じつは家の中は必ずしも平和ではなかったりもしますから。

知り合いのお寺の住職が面白いことを言っていた。
『それはおSo〜しきの時は、それはみなさん、親戚中おそろいで、仲が良いんです。ところが1しゅ〜きともなると、数人しか来なくなる場合が多いんです。』
『それは、なぜですか?』
『このあたりで、大きい一軒家で畑があったらウン十億でしょう?それのISANの取り合いで大喧嘩になるんですよ。』

な〜〜るほど、と思った。

幸福というのは最後の最後までわからない。私の知り合いで、自分の家の家業がイヤで、海外へ飛び出し(その人はアメリカの人だが)、世界各地を転々として仕事をしながら旅を続け、世界中、くまなくまわっている。

やがて、故郷の家族はみんなNAKUなり、天涯孤独。世界を見てしまったのでアメリカの寂しい田舎の単調な生活には耐えられない。もう一生戻って住むことはないと言っている。

いまはアジアに住んで仕事をしているのですが、まわりにその人の母国語を話す仲間はいない。メールが命綱なわけです。たまに一斉でメールを送って来るので、その友人のいつも連絡を取り合っている人の名前がわかる。20人いない。そのほぼすべてが、その人のいる国からみて海外にいる。

いま、その友人はガンなのですが、最後はどういうところで、誰にみとられることになるのか?その心中やいかに?私は欧米からの人たちのクラブの書記長をやったりしていた関係から、多くの『故郷喪失者』をみました。

夜中に電話をもらって、『もうつらくて、電話をして誰かと話していないとないとやりきれない』といのちの電話をしてくる人もいた。

これは、なにも海外でなくても、日本に住んでいる日本の人でも、こうした耐え難い疎外と孤独はあるだろう。私は今、思い返すと、学校教育で『家族教育』というか、他人とのかかわりの社会学というのか、そうした話題を話し合ったり、授業で考えさせられた記憶がない。

むしろ、個人主義がもてはやされ、親や親戚、家族との結びつきなどは等閑視されていた記憶がある。明治時代の文学での『家族』とか『家』とかが、『時代遅れなもの』として教えられていた記憶がある。

ましてや、『家族や家、存続性のある家族や家をつくる』などという意識はまったく話題にならなかった。たぶん、今の日本の少子高齢化の背景には、そうした思想的なものと、結婚して家庭を築き上げるほどの経済的余裕や住環境が若者にない、ということなのではないか?と私は漠然と考えている。


こどもが結婚して巣立って、『ああ、手が離れて解放された』と思う人が多いが、それとともに家を処分してホームに入ったり。『何かの時に帰るべき家がない』というのは、その巣立ったこどもにとっても、処分する本人にも、よりどころがなかったりする。

あるいは家が残っても、本人は施設に入れられてしまって、帰りたくても帰れない人をたくさん見た。多くの人が『認知症、あるいは高齢者の帰宅願望』で片づけられる。私は帰りたい、自分の慣れ親しんだ場所、風景のなかで最晩年を過ごしたいというのは、どこの国でも、どこの文化でも同じだろうと思う。

こうした『現代日本的な感覚』は、世界的に見るとむしろ珍しいのではないか?伊蘭にいたとき、ある友人が、彼の実家へ食事に連れて行ってくれて、そこにはこんこんと泉が湧いていた。
『うちの一族は2000年ほど、このあたりの水の利権で暮らしている』というのを聞いてビックリした。

英国でも一族のよりどころの家というのはある。そこにさらに、先祖からのBO-DAIーじもないとなると、ほんとうに無縁で、ただ一人、広い人の海に漂っているような具合だろう。

たまに出会うインターネット上の共鳴する意見の人も、受信機がたまにとらえた声。それをつなぎとめるのは難しい。さて、この世界はどこへ向かってゆくのか?

絶滅!ウナギ返し

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

いよいよ二ホンウナギもその数が減って、絶滅が危惧されるようになってきた。

昔、世田谷に環状八号線が開通する前、蘆花恒春園の下の辺りは小川が何本か流れていて、それが蛇行して湿地のようになっていた。現在は消滅した地名で『めぐりさわ』廻沢と呼ばれていた。

今となってはちょっと信じられない話だが、私はそこで、こどものころウナギを何回か捕まえたことがある。はるばる、海から遡上してきていたのだろう。

私がひのたまはちおうじに引っ越してきたころ、まだ、浅川や大栗川にはウナギがいた。捕まえている人を見たことがある。

それが、意味も無く、予算を使い切るそのためだけのために魚が遡上できないセメントのダムをつくり、わずか800mぐらいの距離に4つも5つもそうしたダムがある。魚や亀は絶対にそこを登ることはできない。

入りくんだ河岸であればそれによって川の水の流速度が落ちるが、セメントの直線で固めた一種のドブだから、雨ともなれば、すごい濁流となって一気に流れる。流れを阻むものはありませんから。

かくして、亀も魚もみんな雨が降ると流され、登ってこられない。ウナギはこうした河川を遡上してきて、川辺の泥のところや沼にまで入り込んで生活する。そうした場所をことごとく破壊して、アルカリの灰汁の流れ出るセメントで固めるわけだから、ウナギの生存環境に良いはずがない。

今日もすでに4つある『ウナギ返し』に5つ目をくわえる工事をやっていた。そこに札が立っていたのだが、『緑化工事』と書いてあった。

『はぁ?』偽善・欺瞞もきわまっている。、

下のほうでは流されたフナと亀が泳いでいました。

全1179ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事