過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ノートルダム炎上

私はちょっと、我が耳を疑いました。YoutubeでBBCの画像を見て、なんともやりきれない気分になった。

昔、チャールズ・ロートン主演のノートルダムのせむし男を見て以来、あれは『中世の石の森』として、『そこにあるだけで安心』というヨーロッパ美術・文明の礎石の一つだった。

これは『油断』という話ではない。850年間、誰ひとりそんな失態をしなかったことをやったわけですから。しかもイースターの直前に。たるんでいたとしか思えない。

あそこは一日では正直見きれなかった。行くたびに新たな発見があって、ひとつの中世の宇宙を形作っていた。ガーゴイルなども実に面白いものがあった。聖も俗も、善も悪も両方描かれて宇宙を作っていた。

そうした『宇宙観』はたとえばヴァティカンのサンピエトロにはない。一方的な絵巻物になっている。これは東方正教会の巨大ドームも同じでしょう。


尖塔が焼けて崩れ落ちる様子は、なにやら象徴的ですらあった。多くの人があの場面でトラウマになるのではないか?

さんざん、イタリアもフランスも、CYU-東からのIMINを受け入れ、路上でのそうした人たちのれーはい者を出し、安い労働力確保に躍起になり、金儲けを追いかけ、もと銀行員の真っ黒論大棟梁はカソリックの禁止している自由盟尊で眼玉△の前で就任をした。ベルギーなどはやがては伊須羅武教徒が過半数を占めるようになると言われている。

もはや、今のフランスに180年かけて建設するだけの、思想的バックボーンは残っていないでしょう。

すべての意味で象徴的な悲劇だったと思う。

これは誰か責任者が判明するのでしょうかね?わかったら、さらに大きい事件になるような気がします。

セカンド チャンス

前のページで書いた蕎麦屋へまた行ってみた(笑)。

じぶん時なのに、客は私一人だけ。ハンチングの若旦那、完全に流れを変えてしまいましたな。彼の好みなのか、改装後はいつもやかましい感じのロックが鳴っている。蕎麦屋でなぜ?と思うが、まあ、好きにしたら。

『若い力を信じてみなされ』(爆)

天丼。つゆが濃くて辛い。完食できず。

そこの蕎麦屋、黒光りする福の神が先代の時は置かれていた。それがなくなっている。実は、その福の神の名前がその店の屋号になっている。たぶん、先代か先々代のころから置かれていたのだと思うが、それがどこにもない。


『おたくは◎◎屋さんなのに◎◎さまいなくなったね。』
狼狽する若旦那。巨大な熊手をキョロキョロ見ていた。熊手に◎◎さまの顔が付いているのがとれた、とでも思ったらしい。そんなところにはない。
『そうじゃないよ。改装前ここに黒光りする古い◎◎さま置いてあったじゃない。』


はじめて意味が分かったらしい。たぶん、改装後、誰もそんなことは言わなかったのだろう。私はこう言うことはけっこう気にする。


夜7時から、私の食事が終了するまで、他の客はひとりも入店なし。終わったな、と思った。

サード・チャンスで、福の神の木像が登場しているかどうか、気にならなくはないが、まあ、いいかな(爆)。

10連休

10連休を歓迎しないという人が4割以上いるらしい。私も10連休などというのは迷惑な話だと思っている。

世の中が10連休ということは、仕事がとまる。うちのように高齢者の要介護を抱えているうちは、その調整に苦労する。どこかへいったところで、クルマで行けば大渋滞、観光地も混んでいる。何かやろうと思っても、店が閉まっている。

10連休が、『休み方改革であるかのように言うお上はあまりに意識が低い』。先進国のようにしたいなら、『いつでも10連休ぐらいとれるようにする』ことが休み方改革だろう。

みんなが、てんでんばらばらなところで10連休とれるようにするのが、文化的な国のすることだと思う。

証券市場などで、たとえば、なにか大暴落するような事件が起こった時、市場が開かず、10日間うちでのんびりしていて、対応できず、みんなが大損するようなことになったらどうするのかな?と思う。年金の運用とかのほうでまた大穴あけられるリスクは巨大なんじゃないか?

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事