過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

直観の分かれ目

いままでの人生で、まわりを見渡して、『しょぼくなった人たち』はみなさん『考えて、考えて、熟考する人たちだった』という気がする。

『どうしようかな』と口に出すような人で、一流の趣味人になった人のことを聞いたことが無い。これは、自分の『限られた体験・経験と知識で、答えを出そうと無駄なことをしている場合がほとんど』。成長がないのです。

たとえば、私のところへ『古い英国のブレーキが欲しい』と言ってきた人がいるとする。私は使っていないGBのヒドミニウムと、バーライトと、モニターを見せます。その見た人は『どうしようかな』と迷う。

『GBは新田さんの魔物シリーズに出ていましたよね?』
『はい。あれはクーラーでしたね。これより後のモデルです。彼はクーリャーと書いていたけど。』
『このブレーキのGBとステムのGBとは同じ会社ですか?』
『同じ会社です。有名な選手だったゲィリー・バージェスが頭文字をとって作った会社です。彼はグレート・ブリテンの略だと思っていましたが、選手の頭文字です。』
『今はないんですよね?』
『自転車部品はやめましたが、地下鉄のアルミの踏み板であるとか、エスカレーターやエレベーターの部品などを作っていますよ。コンピューターのアルミのラックなんかも作っていましたね。』
『これにします。』
とGBを買ってゆく。

ある人は、古い英国のティーカップが欲しいとする。3つのティーカップがあったとします。ひとつはバラと小鳥の絵が描かれたエィンズレィ、もうひとつはハンドルの上が平らになったソーサーが2枚ある小ぶりな兼用茶碗ぐらいの大きさのカップ、重量は軽い、ストークトン・トレントと書いてある。模様は細い金色の筋描き。3つ目は取っ手がない。ちいさい煎茶茶碗のようで、寝ぼけた感じの淡い色の絵付け。
『これって、りブンシャの本に出ていませんでしたか?』
『ああ、似たのが出ていましたね。エィンズレィの典型的なパターンです。』
『これにします。』

と、こういう具合なのですが、2人とも、自分の持っている限られた知識を総動員して『熟考』しているわけです。ここで問題なのは、最初の人はバーライトとモニターのことはほぼ何も知らない。2人目の人はエィンズレィ以外のほかの2つのことは何も知らない。

結論から言うと、GBヒドミニウムはよく折れるので英国では有名でした。ただ、当時の車両カタログにはあれが付いている姿ででているので、多くの人が『展示用』によく買う。バーライトはよく利きます。モニターのブレーキもよく利くが、ブレーキシューを探すのに手こずる。

私が英国で同じ状況になったら、モニターとバーライトを買いますね(爆)。モニターの方が『出来がいい』もの。そのデキが見てわからない人は、機械に対する眼力がない。モニターは構造が面白い。なみの自転車屋の発想で出てくる形状をしていません。私なら『なんだこれは!欲しいっ!』と思いますね。

と、ここまで書いて、それを読んでも、それはあくまでも『現物も持ったことも使ったこともない人が、R&Fの言うことを知識で入れただけ』で、なんの裏付けにも、わかったことにもならない。やはり知っても正しい判断は難しいでしょう。

カップに関しては、エィンズレィは1980年代、英国のいたるところの市で1年に100個以上、同じものを見ました。『ああ、これは誰かが型を手に入れて、リプロ作っているな』と思った。庭に転がして、紫外線と雨風に1年もさらせば、コンディションの良いもののように見える。ストークトン・トレントはダニエル・ハンドルのケーキ皿の付いた『トリオ』です。カップが小さいのは『紅茶が高かった時代のあかし』。3つ目の煎茶茶碗のようなものは、1700年代のティーボウル。これも偽物が多いですが、寝ぼけたような色のものは逆に古い。リプロは色がきれいで焼きも硬く、表面のグレィズもよくテカってます。窯がうまく作れず、地中に穴を掘ってレモン型の窯を作って焼いていたので、出来は悪いが、英国ではかなり高い。

熟考しても、すればするほどループに陥り、まともな判断は出来なくなる。

そういう人は、手放す時も『見切り千両』ができない。『自分が高価な一品に投影されている、のりうつっている、自分にはこの物がないと存在証明できない』と物に縛られている場合が多い。

自由に『遊行』できる人は、どんどん、眼が肥え、見分が広がってゆくが、縛られた人は、たいがいの場合、自分の『世代』のものの見方に縛られている。

たとえば、モーターサイクル人口はどんどん減っているわけで、今後、マニアックなものは、今の70〜50歳代の人たちが降りる頃になったら、次の世代は買わないでしょう。同じことは自転車のフランス部品に関しても言える。60〜70年代にオーダー車にあこがれてやっていた団塊の世代が、いま、一斉に処分に入り、マニアックなものは値崩れしている。逆に後期オヤジ、初期老齢で使い勝手の良い、小さいフロントのスプロケットなどは値段が上がっている。

『どうしようかな?』,,,迷う人はだいたい読み違いますね(笑)。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事