過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

まあ、ぎりぎりまでYahooにとどまりました。誠意は見せた。今後はFC2に場所が移るわけですが、パソコンに精通していない後期団塊世代には探しづらいかもしれない。

私のほうからすると、字が大きくて書きやすい。一方で、写真は入れるのが面倒だ。

これも、まだまだ油断ができないはなしで、『ブログという形態がいつまで存続するのかわからない』と私は考えている。ヤフーブログも私がやりはじめて10年ちょっと。10年ひと昔です。

その前のMIXIに関してはほとんど動いている気配がありません。私もアップしないし。

東京オリンピックの便乗商法で、ホテルの価格がずいぶん上がっているようだ。さらに新幹線への大型荷物の持ち込みが予約制になるということ。オリンピックのあとで、すごいマイナスの揺り返しが来ることは、アテネでもロンドンでもバルセロナでも同じだが、日本もけっこう来るでしょうね。

これは、若い人は10代から40歳まで、加速度的に時間が早く過ぎることを感じていると納得できるでしょうが、また後期中年から初期老年までの体調や体力の衰えもまた急激なものがある。

まわりの職人でも、ひとりは肺炎を繰り返し、ひとりは喘息の発作、あとひとりは軽い認知症の気配がみえる。どこかにしまって、ありかがわからない。そして、ひとりでかんしゃくをおこして怒鳴ったりしている。一度や2度ではない。10年前にはなかった。うちも段階的に、スタッフの入れ替えをしてゆかないといけないと、しみじみ思う。

それでも、どのくらいゆけるのか?

たぶん、日本では自転車の生産は、ハンドビルトも含めて10年後はないでしょう。自分で部品を入れ替えたり、車輪を組み替えたりできる人が続けて行くでしょうが、団塊の世代が一斉に歳のために自転車に乗らなくなったら、一気に衰退する感じがする。

新幹線はこれから大きい荷物は予約制になるとの話。一方で在来線に乗るわけにもゆかず、『国内を地上旅客機で移動』するのが新幹線になってゆくのだろう。

ギターを背中に河原へひとっ走り、それが時にはギターを置き、荷物をたくさん積んで旅に出た1960〜1970年代のやりかたはなくなる。夜行寝台で輪行なども過去の話。

東京からしまなみまで自転車を積んでクルマで、、、というのはやりたくない。ヨーロッパのように新幹線の後ろに荷物車両をつけるようなことはやらないだろう。長距離高速バスに自転車は積めないし、今後の趣味はきわめて、先進諸国から日本は取り残されるだろう。

文化的先進諸国で、スキー人口が激減しているのは日本だけ。これはそこそこお金があって、まとまった休みが取れ、自然の中で過ごすのが好きで、運動神経がけっこうよく、雪の中でも自動車を事故なくあやつれる、など、総合的な趣味性、財力、行動力が必要とされる趣味ですから。自転車も似たところがある。

日本では自転車産業が細り、日本の誰かさんが『すべての生産技術を教えた隣国』はいまだに自転車産業は元気で、日本の各地で、サイクリングに向く場所の土地を買っている。

正直、なにが『ものづくり』だと思いますね。これは、すでに、私はバイクや自動車のほうにも、すでにはっきりと表れていると思う。クルマに乗る人、バイクに乗る人が激減し、社長自らが海外のサーキットに出かけないといけなくなり、エンジンの製造・設計も、スポーツカーもヨーロッパやアメリカへ開発を任せる。それで、日本から、どうやって世界に通用する人材が育つのか?

手に技を持った団塊の世代がオール・リタイヤのあと、『信じ、頼みにするのはスマホだけ』。電子かまぼこ板に『大権現さまの守り札』のようにおすがりして、仮想電脳世界の浮遊する『誰にでも公開されている、他人が書いた知識』だけを身にまとう。

私は、それを『ジェネリック知性』、『ジェネリック人格』と命名する(笑)。

それで日本は生き残れますかね?

まず、取り急ぎ、ブログをFC2に開設しました。しかし、勝手が違うので、写真のアップなどが面倒です。慣れるまではぼちぼちと、写真抜きの記事になるかな。

タイトルは同じ、英国式自転車生活。 https://adamsnumber.fc2.net/のはずです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事