双輪生活

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

まあ、ぎりぎりまでYahooにとどまりました。誠意は見せた。今後はFC2に場所が移るわけですが、パソコンに精通していない後期団塊世代には探しづらいかもしれない。

私のほうからすると、字が大きくて書きやすい。一方で、写真は入れるのが面倒だ。

これも、まだまだ油断ができないはなしで、『ブログという形態がいつまで存続するのかわからない』と私は考えている。ヤフーブログも私がやりはじめて10年ちょっと。10年ひと昔です。

その前のMIXIに関してはほとんど動いている気配がありません。私もアップしないし。

東京オリンピックの便乗商法で、ホテルの価格がずいぶん上がっているようだ。さらに新幹線への大型荷物の持ち込みが予約制になるということ。オリンピックのあとで、すごいマイナスの揺り返しが来ることは、アテネでもロンドンでもバルセロナでも同じだが、日本もけっこう来るでしょうね。

これは、若い人は10代から40歳まで、加速度的に時間が早く過ぎることを感じていると納得できるでしょうが、また後期中年から初期老年までの体調や体力の衰えもまた急激なものがある。

まわりの職人でも、ひとりは肺炎を繰り返し、ひとりは喘息の発作、あとひとりは軽い認知症の気配がみえる。どこかにしまって、ありかがわからない。そして、ひとりでかんしゃくをおこして怒鳴ったりしている。一度や2度ではない。10年前にはなかった。うちも段階的に、スタッフの入れ替えをしてゆかないといけないと、しみじみ思う。

それでも、どのくらいゆけるのか?

たぶん、日本では自転車の生産は、ハンドビルトも含めて10年後はないでしょう。自分で部品を入れ替えたり、車輪を組み替えたりできる人が続けて行くでしょうが、団塊の世代が一斉に歳のために自転車に乗らなくなったら、一気に衰退する感じがする。

新幹線はこれから大きい荷物は予約制になるとの話。一方で在来線に乗るわけにもゆかず、『国内を地上旅客機で移動』するのが新幹線になってゆくのだろう。

ギターを背中に河原へひとっ走り、それが時にはギターを置き、荷物をたくさん積んで旅に出た1960〜1970年代のやりかたはなくなる。夜行寝台で輪行なども過去の話。

東京からしまなみまで自転車を積んでクルマで、、、というのはやりたくない。ヨーロッパのように新幹線の後ろに荷物車両をつけるようなことはやらないだろう。長距離高速バスに自転車は積めないし、今後の趣味はきわめて、先進諸国から日本は取り残されるだろう。

文化的先進諸国で、スキー人口が激減しているのは日本だけ。これはそこそこお金があって、まとまった休みが取れ、自然の中で過ごすのが好きで、運動神経がけっこうよく、雪の中でも自動車を事故なくあやつれる、など、総合的な趣味性、財力、行動力が必要とされる趣味ですから。自転車も似たところがある。

日本では自転車産業が細り、日本の誰かさんが『すべての生産技術を教えた隣国』はいまだに自転車産業は元気で、日本の各地で、サイクリングに向く場所の土地を買っている。

正直、なにが『ものづくり』だと思いますね。これは、すでに、私はバイクや自動車のほうにも、すでにはっきりと表れていると思う。クルマに乗る人、バイクに乗る人が激減し、社長自らが海外のサーキットに出かけないといけなくなり、エンジンの製造・設計も、スポーツカーもヨーロッパやアメリカへ開発を任せる。それで、日本から、どうやって世界に通用する人材が育つのか?

手に技を持った団塊の世代がオール・リタイヤのあと、『信じ、頼みにするのはスマホだけ』。電子かまぼこ板に『大権現さまの守り札』のようにおすがりして、仮想電脳世界の浮遊する『誰にでも公開されている、他人が書いた知識』だけを身にまとう。

私は、それを『ジェネリック知性』、『ジェネリック人格』と命名する(笑)。

それで日本は生き残れますかね?

まず、取り急ぎ、ブログをFC2に開設しました。しかし、勝手が違うので、写真のアップなどが面倒です。慣れるまではぼちぼちと、写真抜きの記事になるかな。

タイトルは同じ、英国式自転車生活。 https://adamsnumber.fc2.net/のはずです。

スローバイク

イメージ 1

ベアリングを買いに行った先で、電動アシストの話が出た。これは、いまから20年弱前に、静岡のあるメーカーの本社に見にいったことがある。『これからはこれだろう』と。

アレックスをともなっていったのだが、そのときに特許の図面も見せてもらいました。あのペダル駆動のトルク変化を感知してアシストをかけるセンサーの部分はたいしたもので、ミクロン単位での仕上げの設計が必要とされると悦明された。

その時、テストコースで試作車にいろいろ乗せてもらったのですが、なかに後輪にユニットを組みこんだ、昔のB.S.A.のパワーパックのようなものがあった。ところが、B.S.A.と同様に、カーブでかなり外へ振り出されるアンダーステアが強く、ちょっと怖かった。『ヴイりヤーズの自転車バイクのように、バッテリーなどはダウンチューブの下、ボトムブラケットの前にぶら下げるべきだ』と進言した。あれから20年ほど。最新のヨーロッパのボッシュのものは、ダウンチューブにバッテリーを付けるようになっている。日本はながらくシートチューブの後ろに背負っていた。

あのダウンチューブのところに付けるレイアウトは取ろうと思えば、パテントが取れたのではないかな?

ここ2年ばかり、電動アシストは年に2割ほど売り上げが伸びている。5年後には50ccのスクーターと数の上で逆転すると予測されている。

これもまた大きな転換点で、鉄などの材料の節約のため、小さく作っていた50cc、125cc、250ccのバイクも影響を受けるだろう。別に背の高い人が大型バイクに乗るというわけではない。また小柄な人が50〜250に乗るわけでもない。いままで170cm以上の身長の人が乗ってプロポーションの良い250cc以下を作ってこなかったツケが来るだろうと私は思う。

さて、自転車のほうも勢力図は塗り替えられるだろう。世界的にロードレーサーは売れなくなっていて、Eバイクは伸びている。ヨーロッパの雑誌ではピレネーやアルプスを普通のペダルバイクとEバイクでの登り比べ、下り比べの記事がけっこうある。

これは興味深いところで、今後、アシスト、Eバイクに慣れた人が、通常のプッシュ・バイクに戻って来るのか?走りの悪い自転車は売れなくなるだろうと私はみている。

当然、そういうアシスト、電動モーター補助系は、輪行は重量的な制約からできない。航続距離の問題もある。そこから逆の結論で、今後の生き残る自転車の姿も浮かんでくる。

電動モーター補助系(なかなか良い一言が浮かばない)は、先に述べた内部構造や、バッテリー、モーター、の関係から、小さい工房の仕事ではなくなってゆくだろう。大メーカーの仕事、そして、定期的なモデルチェンジと、バッテリーなどの小型化が焦点になって行くと思われる。

そこで、在来のハンドビルト、ライトウェイト、というのは全体の中での割合はさらに減るだろうと思うが、一方で現行のカーボンやアルミの車両はフレームが15年後、安心かどうかはわからない。まわりでは、10年たたずにヒビが入ったものをけっこう見る。最後に生き残るのはスチール。しかし、それも高級品は虫の息。どうなりますかね。

電動モーター補助系は以前、その静岡のメーカーがトラック競技で最初の一周を引っ張るペーサーを作ったことがある。時速100kmぐらいはでた。つまり『ペダルを軽くするベクトルを、速度を速くするベクトルに変えてみる』ことも可能性としてはあるわけで、だとすると、『1人で、少ない荷物で高速道路をクルマで走るなら、マイクのウィンドチータをEバイク化すれば、クルマは不要になる』。

それは『道路占有面積』の上でも有利なはず。

トータルで考えれば、私はそちらの方向性もアリかと考えている。

ベントレーのEXP 100 GT というコンセプトカーをみたが、これは2035年をにらんだ未来のクルマ。変わったところでは、クロームメッキがなく、再生の銅が飾りに使われている。また、外気が内部に積極的に取り入れられて、『外の空気の匂いがかげる』という。そういうことは、自転車ならあたりまえだが、未来の自動車では特別な贅沢なのだ。

しかし、速度によって『見えるもの、風景は変わる』。そうしたとき、ゆっくり走る自分の肉体だけが頼りの自転車というのは、そこでまた重要なものを提示できるはず。そのときは、トップクオリティのもの以外は説得力を持たないだろう。

1日にしてならず

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

日本から一歩も出たことがなかった高校時代まで、『日本は経済大国ですごいんだな、豊かな国なんだな』とそこで『完結したような感じになっていた』。これは私の同級生や同じ団塊の世代、昭和20〜30年代生まれの共通の感覚だったと思う。

それが、『留学組』や『外遊組』は向うの生活を見て、大きな疑問符が付いた人が少なくなかった。

昨今のテレビのニュースを見ていると、『いままでのさまざまなことがらが幻影』であったことが、なんとなく表に浮かび上がってきた印象がある。表向きは会社の売り上げであるとか、大企業の活動、さまざまな数字、そういうものをみると、よさげに見えるのだが、実際のヨーロッパの生活を体験した者には、決して日本の暮らし向きが楽だとも、豊かだとも思えない。

昨今の高齢者の自動車事故にしても、『70〜80歳代になってもクルマを乗り回す金はあり、クルマというものをもっている富はある』。一方で『クルマ無しで生活が出来ない都市構造、住構造がある』。

バスに乗ろうとする、『日本では高齢者も、松葉杖をついた人も、バス停まで急ぎ足で歩いている』。日本ではこれは何の疑問も無い光景だろうが、英国では、

『バス停でなくても、ミニバスは手を上げればタクシーのように、停まってくれる。バス停まで疾走する必要はない』。

クルマ無しで済まそうと、バランス感覚も悪くなってきたので、3輪のアシスト・自転車でも乗ろうか?と思っても、今度は、自転車レーンがないので、引っ掛けられたり、排水の穴などがみんな左側に集中しているので、ハンドルを取られる可能性が強まる。また、三輪自転車ではショッピング・モール、スーパーへ行っても駐輪できないだろう。

そうかといって、アガサ・クリスティのミス・マープルのように、すべてが村で心地よくまとまっている環境はない。日本で異様なくらいコンビニがどこにでもある背景は、町構造、村構造が、ヨーロッパの『ヴイレッジ』のようにはゆかないこと、が最大の理由だろう。商店街は消滅し、大規模スーパーへ行かねばならない。うちのほうにもコストとか、さまざまなアメリカ型の大規模スーパーがあるが、『空港ターミナル・ビルのような施設で、とても歩いて行けるところではない』。そうかといってバスがあるわけでもないし、『米俵のような冷凍フライドポテトを売っているようなところへ、歩いてリュックを背負って買い物に行けるはずもない』(爆)。


かくして、クルマに乗り続けないと生活できない高齢者がいて、それをAI制御の安全なものにしようとか、どんどん『いびつな発展』をすることになる。『意識が明晰でなくなった人が、いくら自動ブレーキのクルマに乗ったところで、スピード感覚やハンドル操舵の感覚は、やはりよくないわけだから、事故は減らないだろう。『ブレーキが間に合わない速度を出して、ハンドル操作を誤れば、やはり事故は起こる』。

デンマークやオランダのような道路システムをつくること、英国のヴイレッジのように、郵便局で文房具もヨロズ屋のように売っていて、その隣にティーショップがあって、向かいが銀行、その隣にOXFAMがあって、古着を持って行くのも、買うのも出来、裏のマーケット・ヒルには曜日によって、手作りパンやチーズ屋、くだもの屋などが日替わりで来る、そういうところへ高齢者がトライク(3輪車)で買い物に来れる環境であれば、そのトライクを電動アシストにするとか、電動にするとか、あるいは『向こう三軒両隣のコミュニティーで、元気な人が寝込んだ人の分まで買い物に行ける体制を作れば、かなりの問題が解決する。

ところが日本では『ドローンを使って物を配達』とかすぐに言い出す。

あっちにもこっちにもドローンが飛んでいたら、強風の日など、ドローンに頭や顔を直撃されるおそれを考えないのだろうか?

さまざまな、いまの地球環境のことを考えたら、世界人口の1割が世界のエネルギーの3割強を使うような、アメリカ型のライフスタイルをやめないかぎり、世界は危うい。きんぺーとトランペットの対決は、所詮、似たようなタイプの大国の利益争奪戦で、やがてはこの2国で世界の半分ほどのエネルギーを使い環境汚染と温暖化は最悪の状況になるのではないかと私は思う。

我々としては、出来る限りひとりひとりがエネルギー消費量と資源消費量を減らす方向へ、ライフスタイルを持って行くべきで、そのためには自転車が果たせる役割は少なくないはずなのだ。

にもかかわらず、世の中の自転車雑誌は、いまだに『坂が楽に登れるこぎ方』みたいなことを毎年、10年1日のごとくやり、『環境負荷を増やさないライフスタイルの軸としての自転車』というような意識はじつに低い。

私なども『こういうタイプの車両が無かったら困るだろう』ということで、みずから作り始めたわけだが、その部品の確保だけでもたいへんな時代になってきている。

なにせ、『レミング的』だから、『ロードが面白い』となったら、ショップもロードばかりになる。『アームストロングがすごいぞ』となったら、みんなあとをついて行く。そして、そのアームストロングがスポーツの歴史上最大のドーピング不正の親玉だったことが知れると、『ビンゲンのネズミ捕り』のように、みんな連れて行かれ崖から川に落ちてしまう感じ。

昔の実用車なら、廃車にする時は、ハンドルグリップを抜いて、タイヤを抜いて、サドルを外せば、あとは資源用くず鉄で再利用は容易だ。革サドルは土にかえる。分厚い耳掛けタイヤなら擦り減った部分に『山かけ』すら可能だ。セルロイドのハンドルバー・グリップは30年でも40年でも使える。しかもその質量は一番小さいペットボトルの半分ぐらいだろう。中には固い紙がニカワで固めて入っている。現代のカーボン、フレーム、カーボンパーツ、プレスチック部品満載の車両はそうは行かない。サドルもバーテープもペダルも、ビンディング・シューズも、水筒も、ブレーキレバーもヘルメットも、すべては海洋汚染プラスチックの元になる。


最近、雑誌は新製品ネタがなく、ひとなみ街道だか、どこかの話もあまりに繰り返されたので、このところやたら輪行のことをやる。しかし、ヨーロッパのように列車に自転車がそのまま積める環境がないのに、そんなに輪行が流行ったら、またそれは大きな問題になるだろう。ピストを流行らせて、ノーブレーキ、ノープロブレムと東京ど真ん中に垂れ幕を出したことの2の舞だ。

彼らは『渡り編集部員で、しばらくいて、雑誌の売り上げが瞬間風速で上がれば、別の部か別の出版社に行ける』と考えているのかもしれないが、さて、流行り過ぎたら?台数が制限されるようになったら?どういう区分けで制限するのか?かつてのように選手かJCAのメンバーのみにするのか?また、かつてのように、駅で切符を書いてもらって、輪行袋に取り付けるような、そういう時代に逆戻りするのか?

そうしたヴイジョンの無いオピニオンリーダーに振り回されるぐらいなら、『股間ワセリン塗り、坂専門、大量生産』のほうがよっぽど害が少ないと思う。

競う愚かさ

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6

イメージ 6

昨晩、Youtubeで『ROAD RAGE』というのを検索してみた。出てくるのは『路上で、動物本能丸出しで、危険なことや、奥歯を3本抜かれたヒグマのように猛り狂って相手と喧嘩したり、相手の乗り物を破壊している姿。

私ははっきり覚えていますが、昭和30年代にそういうことはなかった。しずしずと、格調高く、貴族的に自動車を運転することがカッコ良いと思われていた。

『つまらない対抗意識』の『萌え、めばえ』(爆)は脱兎山が『差ニー』のコマーシャルで『隣のクルマが小さく見えま〜〜〜〜す』というのをやってからだろう。当時『家老ラ』が1100であとから1200になり、1400になり。『パブ利香』が800とか1000とかの時代、たかだか100ccの排気量の差を競っていた。

それは『民』の話で、『いつかは蔵雲』が2リッターで、英国のコベントリー・キャットは3.8とか4.2でしたからね。話がみみっちちすぎた。

やがて、『 FUN TO 銅鑼イヴ 』とかいうことを言う輩が出てきて、アウトバーンでヒトラーの脳波を感得して受け継いだ運転者たちが開発したものが、バブルのころに大量上陸して、一気に『運動性能』とかいって、『そこのけ運転』が増えた。

そこから2代目となって、一気にあおり運転とか、そういうおかしい奴が増えた。この『バブル期』というのは大きな影を投げかけていて、この時代に育った人たちは『お菓子のおまけカードで超車がスゴイと刷り込まれた人たち』。この世代が速いクルマを礼拝している。

そのあとには、コンピューターゲームの影響で『ゲーム感覚で相手より速く走ろうとする』。

そういう人たちのクルマが、ドブに浮かんだ空き缶のように混雑しているなかを、どんなに良いクルマで抜けて行っても私は愉しくない。

この流れは自転車の世界にも波及して、自動車界の人たちが自転車もやり始めた。いまはすっかり消えて、どこかへいなくなってしまった。髭贋公家の方も白人の美女のインストラクターのいるフィットネスクラブに通い、アッと言わせて自転車界へデビューすると公言していましたが、今や、この世の人ではない。ある時、その方が糖尿病かなにかでほとんど目が見えないのに気が付きました。『こんなに目が見えなくなっている人が運転していいのかな?』と正直思った。

そして今は?

つい2〜3日前、毎日新聞の古い記事を調べていて、ある『自転車マンガの実写版』に出ていた俳優さんの事故が、『原付バイクを追い越すシーンの撮影中に起こった』という記事を見つけた。それはどうなのかな?リハビリの美談にすり替えられる以前に、そうした自転車の乗り方のモラルとマナーが問われるべきではないのか?そういうシーンが小中学生の見るところとなったら、社会的なインパクトはどうなのか?と私などは思いますがね。しかも、その俳優さんはMTBは乗っていたが、ロードレーサーはほぼ初めての初心者だった。

最近も、中学生が津久井湖のほうで3人でロードレーサーで遠乗りに出かけ、1人が死亡して、残りも重傷を負う事故があった。競争をあおるような『乗り方プロモーション』は慎むべきだろう。

昔、マラソンの選手でW.S.というのが、衆人見守る中、道路のわきで大きいのをして、みんなビックリした(笑)。いくら記録のためとはいえ、もうすこし何かか考えたほうがよかっただろう。審判員を呼んで囲いを作ってもらってとかやりようはあったはずだ。

ヨーロッパのステージレースでは1日に230kmとか走るわけですが、トイレはどうするのか?というと、『人のあまりいないところへ来たら、乗ったまま放尿する』。記録とタイムがかかっていますからね。


そして、股間にワセリンを塗り、ジェルを塗り、下着を付けずにレーサーパンツをはく。この連休に、やはり、そういうレーサーパンツをはいた人が、何人かロードを表に停めて、私の食事していた店へ入って来た。正直、『着替えて出直してこい』という思いが消えなかった。


そして、なかには、首を事故でやったりして、寝たきりになる人、車椅子生活になる人もいる。車椅子生活や寝たきりの生活の大変さはあまり理解されていないのではないか?代償はあまりに大きい。

どうして、のんびりと爽快感を愉しむ行き方ではいけないのかな?と思う。

全111ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事