オタク外来

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いよいよ危険水域

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5

イメージ 5

いまや、乗って出かけられる可動車は仙人クラウドが頼みの綱。タイヤがいよいよ危険水域なので、ついに交換。

あまりに放置すると、フリーブロックが抜けなくなるので、フリーを抜いて、温めたマシンオイルを入れる。これでずいぶん寿命が変わる。ついでにハブを少し磨き、リムも磨く。考えてみるとどうでしょうね、もう4年以上、ただの一度も磨いていないのではないかな?なんたるものぐさ(笑)。


それでも昔の1号メッキのスチールリムはこのとおり、ワックスをかけると新品の輝き。雨の中でもジャンジャン乗っているのにもかかわらずです。アルミのリムではどす黒い水が出て、それが乾くと、1日磨いてもなかなかきれいにならないだろう。


真っ赤にサビる隣国製の鉄部品とは格が違う。


この時代の三信のハブは、英国のGBのハブ(ゲイリー・バージェス)のフルコピーだが、革のパッキングが入っていて、中に水は入らない。4年間、注油だけで、グリスアップしていないで毎日乗っていて、雨の日でも乗っていて、中にゴミ、ホコリ、砂の侵入は一切無し。球押しもスはなし、滑走面は曇り一つなく輝いている。


秘訣は、私はじつはモリブデングリスを使っています。あれは『グリスが中で偏らない』。通常の半透明なグリスは、どうしても中で、どこかに集中する傾向がある。

『抜き打ちであけても』(爆)、モリブデングリスは、くまなく、まんべんなく行き渡っている。ただし、作業中手が汚れるし、はみだしていると、グリスが汚れているように見えるので、あまり人気がない。ちょっと前に出したカンパのシャフトの無傷ぶりは感動ものだが、あれもモリブデングリスとの相乗効果かもしれない。モリブデングリスは『耐荷重性に優れる』ので、大きい力がかかるボトムブラケットやハブには良いのではないか?と使ってみていたわけです。結果は良い。モリブデングリスは酸化しやすいと言われますが、その酸化が早くなるのは300〜400度で、クルマなどの部品ならいざしらず、自転車ではまったく無視できる話です。


タイヤはもう『もとをとったね』(爆)。やはりミツボシのタイヤは偉大だ。ここまで乗って、回転させて、タイヤの外周部で2mmブレがない。半年でタマゴを呑んだヘビみたいになるポニョレーサーなどとはまったく格が違う。ミツボシはもう自転車のタイヤの生産をやめてしまったので、ためしに三種ランのワールド・ツアーを入れた。

踏み面が硬い。キャラメルタイヤをはいたようだ。外周部での真円ぐあいはだいたい4mmぐらいか。じつはワールドツアーは、ほぼ同じパターンのものが1930年代からあった。あの時代でも評価は高くなかった。あの時代、何と言ってもダンロップ、エイヴォン、ジョンブル、パーマーにくらべると、ずいぶん人気がなかった。あの独特のダイヤ模様をつらねたパターンは、フロントにはくと、『ダイヤの太い所でハンドルを切った時と、ダイヤ2つがつながっているところが接地している時にハンドルを切った時では、切れ具合が変わった。』まあ、接地部分のパターンが激変するんだからコーナリング・フォースが変わって当然だろう。私はそれが気になって仕方がなかった。

ダンロップやエィヴォンの、矢のように、吸い込まれるように直進し、コーナリングの時には、レールがあるかのようにペンシル・ラインで正確にコーナーを抜けて行く感じは、フランスの『亀の甲ダイヤのパターン』では無理。

ミツボシはダンロップの『砂目パターン』のタイヤによく似た感じで、実に好ましかった。

ところで、8分の1のチェンとギアはメチャクチャ頑丈で、仙人クラウドのチェンとフリーは、いまごろになって、やっとあたりがついて、チェン音がしなくなってきた。夜走ってみると、チェン音がほとんどしない。10m道路の反対側を走る現代のロードのチェン音がうるさいくらいだ(爆)。たぶん、ギアのコグとチェンのローラーの接触面積が現代の薄いチェンの何倍もあるから、面圧がかなり低いせいもある。

あと3時間、+2時間

イメージ 1

イメージ 1

自転車の組み立て、再度分解して、箱詰めは、ほんとうに気力をとられます。

ほかの溶接終了フレームをヤスリがけして、あとは塗装完了フレームを点検して、ネジをさらい、さらに一台組んでみる。1日の休みを取ったので、ぶりかえした左足のぐあいがやや回復した。ほんとうはシッカリ療養しないと癖になると思うのだが。

しかし、フレームの中をワイーヤー貫通などという凝ったことを、我ながらよくやっている。昭和30〜40年代のオーダー車なら、当時の蔵雲の4分の1ぐらいしたものだ。鳥山先生の『シクロテクニーク』の初めの数ページに、マニアが目を見はるような垂涎の的の特殊工作として写真が載っている。

現代の貨幣価値なら100万円ぐらいだろう。自転車界の職人仕事は安くなってしまったとつくづく思う。


あと組み立てに3時間。分解して、箱詰めに2時間。あと一息。日曜日はない。

動かなくする危険

イメージ 1

これは、自動車、バイク、自転車、なんでもそうですが、『動かなくしてしまう』のはじつに危険なのです。再度、動くようにするには新規に組むより3倍以上のエネルギーが必要な気がする。

この『部品を剥ぎ取る』ことの危険は、古いクルマやバイクをやっている人は御存知のはず。

ガレージや駐輪場で、そうして動かず、朽ちはててゆくバイクやスクーターをよく見る。どういうものだか、そうなのです。

今日は医療関係者と母の関係で会うので、半日休養しようと思いますが、28号は1号車も2号車も動かない。パーシー・エリスも部品がどうしてもないという人に渡してしまって、動かない。動くのは仙人クラウドと輪行仕様車だけ。

何とかしないと、このまま朽ち果てます。乗らずに置いて置くと、『他の部分も要掃除、用メンテになって、新規に組む手間+掃除と磨きの手間、+部品を八方手を尽くして探す手間で、トータル3倍以上の気力がいる。

さらに、心理的に、『動かない車両を毎日見ていることへのストレス』がある。場所ふさぎでもある。

なので、いままで何十人の『にわかマニア』の人が、古い車両をいきなり全部バラして、塗装を剥離しはじめるような愚かなことをするのをずいぶん見ましたが、うまくいったためしがない。味も貫禄もおとしてしまうのが関の山。再メッキをして走らなくなったり、不具合が出たり、穴が開いたり。

乗りながら調子を出し、磨きこんでゆくというのが基本です。

目下、天下に号令を発して、部品を探しているところ。6月の梅雨の前までに何とかしないと、こんどは乗っていないサドルもタイヤも何もすべてやられる。使うのをやめた財布がみるみる汚くなってゆくのに似ている。

さすがはカンパ

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4

イメージ 4

シャフトがなくて組めないものが、見ているのも鬱陶しいので、自分の28号からボトムブラケットのシャフトを抜いた。

まあ、そうやっているうちに、だんだん動かないものが、いよいよ『あっちの部品も剥ぎ取り、こっちの部品も剥ぎ取り』でハゲタカにむしられたようになってゆく。

かくして、いま、うちに戦前の英国のスポーツ車で動くものは一台もない。どういうことかね?

ゴーマンなことを言わせてもらえば、英国自転車に関しては私が日本一だ(爆)。歴史的車両を千台の桁で乗ったことがあって、百台の桁で買って所有した経験があるのは私以外に一人もいない。


かくして、28号は一号車も2号車も部品を剥ぎ取られ、動かなくなっている。いまは『新月期間』なので、満月の時期と同様、ある種の方たちは『虫がうごめく』。

満月期になると、ゲンパツの汚染の話の不安を長々と送って来る方がいた。その方、父親からも『いい加減にその話はやめろ』と言われていた。その方がこの連休中も休まず自転車のことを朝5時からやっている人間のところに、また堂々巡りのことをいろいろと言ってくる。なんというか、

『やる気を萎えさせる鬱陶しい人』というほかない。

私も満月時期にはイライラして、『寸止めをしなくなってくる』(笑)。さて、いま4台同時に作業しているのですが、視界に入るものをまず出してしまうため、28号2台から『市場にまったくなくなっている部品を剥ぎ取って、2台は倉庫へ持って行くつもり』。どうしても山へ行きたくなったら、トリプルを入れるかもしれないが、トリプルは左右のペダル間が広がるので、私は好きではない。


さて、ここにアップしたのは、28号の1号車のシャフトです。四国でお遍路をして、そのまま大阪、奈良、京都を廻り、東京へ戻った。東京ー甲府は何度も往復している。渡良瀬―八王子も何度となく往復、週末に狭山丘陵や江の島への往復、小田原往復も幾度もやっている。それ以外に毎日20〜40km買い物に八王子〜調布往復、八王子〜国立往復、あるいは八王子〜吉祥寺往復+運動で走っていたので、作ってからほぼ20年間で15万キロ以上は乗っているはず。

カンパのシャフトは素晴らしい。摩耗は見られるものの、これだけ乗って『す』は一切入っていない。テーパー部分の面は、アルミと強いトルクで摺られて、鏡のようになっている。雨の日もみぞれの日も乗っていた。雨の中だとブレーキですれて黒い泥水が出るのがイヤでスチールのリムを入れていたくらいですから。

日本のシャフトでは、とても、こういう具合には擦り減らない。

ただし、重要なことは、これは『私が乗って、私がメンテしてきたからもった』わけで、他の人の調整でこれだけもつかどうかはわからない。乗る人が変われば、その部品の寿命も変る。


問題は、その所有者が物を生かすかどうか?でしょう。グリスなどは酸化しますから、乗らないで放っておいたら、酸化したグリスや油で、押されたところにベアリングの跡が酸で溶かされてついたりする。

『もう洗って、グリスを交換しないと』というのが『わかる』という技が大切なわけで、やたらにこまめに開けていたらガチャガチャになる。また、締め具合のこともある。これだけ乗ってシャフトの滑走面が無傷というのは、『ガタ調整が絶妙だった』と言ってよいと、自画自賛したい(爆)。

ここまで距離を乗っていないマニアの車両で、滑走面に「す」が出来ているものは珍しくない。

中疲れ

先月末から休みなく働いて、さすがに今日あたりはちょっと疲れが見える。

朝の蕎麦に玄米餅などをいれて、力蕎麦にする。

いまは府中の大國魂神社のくらやみ祭りで、毎年今頃は、ほぼ全行程観に行っていたのですが、今年はまったく余裕がない。

昨晩はハンドルをもってきた仲間がいて、クルマの車検の話になった。古い蔵雲。10万円ちょっとですみ、どこも悪いところがなかった。ヘッドランプのカバーだけがすこし曇っている。
『だから82〜86年ぐらいのすべてスチールとガラスの4ドアハードトップとかに行き着くのじゃないか?』
『でも、見ているんですけど、あの時代の売りものってほとんど出ませんよね。』
『みんな手放さないんだろう。北米でもオーストラリアでもロシアでも、みんな欲しがっているからね。』
Youtubeでも、けっこう海外のマニアが自慢している。

13〜17系のものに乗っていると、最近のものがチャチで見るに堪えない。

この麗和(無教養で、有識者でもなく、野蛮なR&Fならこう書く)への切り替わりで、豊太の世紀が一気に世界の注目を集めたのではないか?

海外のYutubeでもけっこう『世紀』は出ていて、評価はすごく高い。

その昔、『オートモーティヴ・デザイナーズ夜』で脱兎山の偉い人に、『R&Fさんはお金の制約がなかったら、どういうクルマに乗りたいですか?』と訊かれた。
『豊太の世紀のV12を英国へ持って行って、マリナーパークウォードかどこかで2ドアのドロップヘッド(英国式のオープンカーの呼び名)にしてショートホイールベースにしてもらう。そして、マルーンに塗って、シートはベージュのコノリーレザーにしてもらう。それでフォークストンからフェリーに載せて、フランス経由でモンテカルロまで行きますね。』
その偉い人は、いや、わかりませんね〜、と首をひねっていました。

いまや、皇居に出入りするクルマはすべて豊太の世紀になり、脱兎山の『大統領』は一台も無くなった。私は読み違えていないと思いますね。豊太もドイツにかぶれてニュルブリックリンクに行っているより、キャブリオレのマルーンの2ドア『世紀』を売ったほうがブランドイメージが上がると思いますがね(笑)。

雷神さまの言うことを聴け!(爆)

全84ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事