なんかどうなんかどう?

日中越港 飲食と酔っ払いの記録みたいな。Khong say Khong ve !

全体表示

[ リスト ]

香港 屏山文物径

「あれから○十年」という漫談のネタがありますが、早くも遠い過去であったような気がする今回の香港旅行。
1ヶ月以上もかかりまして3泊4日の旅をご紹介していきたのでありますが、2ヶ月目に入りまして多少気分が落ち着いたところで「各論」に入ろうかと。
といっても、なにしろ5倍速の旅でしたので、たいした話ではありません。
 
 
実は不十分ながら、今回の旅の目玉は屏山文物径という、元朗の先の天水圍にあるさん一族のエリアを見物することでした。
 
イメージ 1
 
とりたてた観光地の無い香港ですが、まあ街中が全部観光地みたいなものでどこに行っても楽しいのですが、たまには古典を学ぼうかというのが狙いであります。
きっと香港の小中学生なら一度は行っているだろうところに行ってみようと。
 
この御屋敷とこのエリア、日本でいえばさしずめ庄屋さんかお代官さまのと云ったところでしょうか、さんのご一族・ご一味がお住まいだった土地のようですが、どうしたはずみかこの渡る世間は鬼ばかりといったような生き馬の目を抜く香港で、昔ながらのまんまに残った場所なのですね。
 
ですので、当時よりかなり規模は縮小されたかと思いますが、お住まいや
 
イメージ 2
 
御堂などが
 
イメージ 3
点在して残っています。
 
写っている人と比べていただけるとその大きさも分かっていただけるかと思いますが、これがこの一族の方々のためだけのものということですので、当時の実力の程が偲ばれます。
 
どうも科挙合格でしょうか、かなり高位な官僚も輩出したようで、当時のそんな科挙試験への行列に用いたと思われる看板なんどもありました。
 
イメージ 4
当時の香港の位置からすると、北京までの試験に行くだけでも大変でしょうから、まさに名門一族だったのでしょう。
地域試験合格後に北京に登ってまた1ヶ月だか何ヶ月だかの試験を受けなければならなかったようですので、受験するだけでも大変なことでありましょう。
 
しかしどうしてこんな名門の一族が、こんな僻地にいるのかと。
ここは現在の香港における僻地というより、当時は香港自体が僻地でありましたので、僻地の何乗てな僻地にですよ。
勉強のための先生探しだって容易ではなかったと思うのですね。
 
それでいろいろ勉強しましたところ、解決いたしました。
きっと、こんなパワーのおかげで、この一族が栄えたのであろうと。
 
イメージ 5
 
風水ですよ。きっとそうに違いありません。
 
山に囲まれ、川で遮られた気の充満する場所がここ屏山であったのではないかと。
この上の写真は、下にある解説なんか全く読めなかったものの、中国の風水書によくある「良い相の地図例」なんていうのとピッタリです。
 
中国の風水では家よりお墓の位置が問題になるようなんですが、きっとお墓の位置も良かったのでしょう。
ご先祖さまに守られて、当代も元気に活躍するようにこのエリアは設計されているのでしょう。
 
ということですので、本当はもっと詳しく知るために近所にある博物館に行きたかったのですが、時間の都合でカット。
次回は絶対に行きたいところであります。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

去年の香港ネタはすべて放出したので、一昨年のネタでこの辺りをご訪問したことを出してないのでそろそろ蔵出しをって思ってました(笑)
5倍速の旅でも、この辺りはなんだか自然にスピードも落ちてしまうような空気感持ってませんでしたか?
風水は絶対に関係しているでしょうね。
そうそう、風水といえば、東京駅の大丸が横のビルに移り、旧大丸が取り壊され、それって皇居からの、あるいは皇居への風水と関連しているのではないかと思うのですが。たしか、大丸跡地は新しいビルって建てないんですよねぇ。たしか帝都物語って東京の街と風水が絡んでいるっていう話でしたよね。

2012/6/2(土) 午前 8:14 kor*tah* 返信する

顔アイコン

korotaさま
仰るとおり、本当にここら辺だけは別の時間が流れているような、特別な場所でしたね。
昔の農村にタイムスリップしたような感覚でした。
今回は充分な時間がなくて見て回れないところもありましたので、次回はじっくり伺いたいと思います。
ですから、予習復習のため、是非ネタ出しをお願いいたします。

さて、風水。
京都あたりは当然として、江戸の設計にも風水がかかわったようですので、きっと東京の設計にも関わりがあるのでしょうね。
そんな目で東京を眺めてみるのも楽しみですね。
皇居(江戸城)から東京駅あたりなら、尚更そんなことを考えているはずだと思いますよ。
帝都物語の原作は荒俣宏ですので、そのあたり詳しく書かれていますよね。

2012/6/3(日) 午前 6:07 ナンカドウ? 返信する

顔アイコン

香港はイギリスが発展させたところですもんね。台湾と同じで化外の地だったんでしょう。風水はホントのようなウソのような・・・ですね。

2012/6/4(月) 午後 9:03 hab**erod*iou 返信する

顔アイコン

ハバネロさま
確かに香港はイギリスの統治下で特別な場所となってしまいましたが、このような風水の影響下にある(あった)ということは、まぎれもなく中華文明の中の地であったと認識させられますね。
そんな意味では、日本だってそうなのだろうな〜と思ったりします。
中華文化の影響力は強かったのですね。

2012/6/4(月) 午後 9:31 ナンカドウ? 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事