全体表示

[ リスト ]

フィンランドで高レベル放射性物質の最終処分場を建設中、
オンカロ、というらしい。
 
2020年の供用開始を目指し、
地下420メートルに、9千トンの放射性物質を埋設し、
100年後には封鎖する。
建設費用は、約3200億円。 
 
その後、自然界と同等の安全性が確保できるのは、
10万年後になるという。
いゃーやっぱり核って怖いね!
 
だけど10万年って、誰が管理し続けるの?
誰が最後に安全性を確認するの?
人類は、10万年後に存在してるの?
 
日本では、原発の再稼働の問題ばかりが論議されているが、
最終処分はどうするのか?
 
福島原発を例にしても、なぜ政府は安全と言えるのだろう?
頭がおかしいのではないか。
 
日本は被爆国である、また今回の福島原発の事故もあり、
世界に率先して、原子力の危険性を訴えなければならない。
そして一刻も早く、原発を廃棄すべきである。
\¤\᡼\¸ 1

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事