ここから本文です
TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想
武豊にとって2010年凱旋門賞を巡る運命の仔ブリュス】
朝日杯FSで先行し粘った2頭+シンザン記念1着後も5連勝でNHKマイルC優勝馬
ミッキーアイルの全弟+フサイチパンドラの娘…
そして武豊にとって2010年凱旋門賞を巡る運命の仔ブリュス


------------------------

G1朝日杯FSは、
4コーナー4番手のダノンプレミアムが最速上がりで3馬身半の圧勝劇!
2着〜5着馬は全て7〜13番手の追い込み勢が掲示板を占めた。

化物ダノンプレミアム以外は追い込み勢が掲示板を独占した中で、
先行したファストアプローチ(2番手→6着)・3番手カシアス(3番手→7着)と粘り腰を見せた。

※逃げたケイティクレバーは11着に沈んでいる。
(ファストアプローチに0秒8、カシアスに0秒7差を付けられている)

----------------------------------------------

◎カシアス
G1朝日杯FS7着・G2京王杯2歳S2着・G3函館2歳S1着の実績は断然!
全成績(2-2-0-1)でG1朝日杯以外は全て連対している。
ただし大外になってしまった不利がどうなるか…


○ファストアプローチ

G1朝日杯FS6着・G3札幌2歳S2着


▲スターリーステージ
【MYPOG】
ディープインパクト×スターアイル(Rock of Gibraltar)
3連勝で当レースを単勝1,6倍の断然の1番人気で制したミッキーアイルの全弟。

(※ノーザンファーム生産で音無厩舎所属も同じ)
(※ミッキーアイルはその後も連勝を伸ばし単勝1,9倍の『G1NHKマイルC』
まで5連勝!!)

(※ちなみに半兄タイセイスターリー(ノーザンファーム生産・父マンカフェ)も17年当レースでキョウヘイの2着)

スターリーステージは系列の『サンデーR』『キャロットF』のクラブ馬にせず、
吉田勝己社長自身がオーナーになっている。
全成績(1-2-1-0)と馬券圏内を外していない。

イメージ 1


注カフジバンガード
こうやまき賞1着。4コーナー2番手から直線で逃げ馬を交わし、
最速上がりで追い込んで来た2着馬をきっちりアタマ差オサエ込んでの楽勝。
(※逃げ馬はアタマ+3馬身差の3着)



△アーモンドアイ
フサイチパンドラ(2006年エリ女杯1着・2007年2着、オークス2着、秋華賞3着)の娘(父ロードカナロア)

(※2006年エリ女杯優勝はラッキー!カワカミプリンセスの非常に疑問が残る降着による=現行ルールなら降着なし)



△プリュス
(ヴィクトワールピサ×サラフィナ)
母サラフィナは仏オークス馬(凱旋門賞3着・サンクルー大賞典・フォワ賞)

父皐月賞馬ヴィクトワールピサ(ダービー3着・ジャパンカップ3着&有馬記念優勝(3歳)・ドバイワールドカップ優勝)

プリュス父と母が出走した
2010年『運命の凱旋門賞』


ヴィクトワールピサはユタカさん騎乗で7着敗退。
サラフィナ3着好走。


------------------------

2018年シンザン記念

ユタカさん2010年凱旋門賞で対戦したヴィクトワールピササラフィナの間に、
産まれた
娘プリュスに騎乗する。



…競馬は奥が深い。


この記事に

開くトラックバック(0)

開くトラックバック(0)


ダート転向後6連勝で昨年のJBCクラシックを優勝!
昨年のチャンピオンズC2着馬で天皇賞馬ヘヴンリーロマンスの仔アウォーディー
ダート1800m(3・1・0・0)

昨年の優勝馬で前走JBCクラシック優勝のサウンドトゥルーは、
中京1800(2・0・1・0)でダート1800m(4・2・5・0)の1800スペシャリスト

いつでもG1を勝てる爆発力があるG1・10勝馬コパノリッキー
JBCクラシック2連覇・フェブラリーS2連覇・かしわ記念3勝で2連覇中・南部杯2連覇中・帝王賞
しかしチャンピオンズCだけは14年1番人気→12着・15年1番人気→7着・16年3番人気→13着、
3年連続で人気を裏切っている。

負けた過去3年ともに前走は2000mのJBCクラシック(1着→1着→5着)からの臨戦。
今年はJBCクラシックではなく敢えて1200mのJBCスプリント(2着)からの臨戦。
ここに陣営の悲願のチャンピオンズC優勝!
そしてホッコータルマエを抜いて最多G1・11勝するための戦略があるのではないか。

セン馬になり勝つしか生きる道のないジャパンダートダービーノンコノユメ
チャンピオンズCは15年2着・16年6着

9戦連続馬券圏内継続中(4・3・2・0)前走みやこS1着テイエムジンソクだが
中京だけでなく左回り自体初めての出走

帝王賞馬でJBCクラシック2着のケイティブレイヴ
★ダート1800(2・3・3・0)

JBCクラシック3着のミツバ

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

2017年11月12日(日) 15:40発走 11R
エリザベス女王杯 G1
芝・右外 2200m

--------------------------------------

【データ解析】

【3歳馬】
◆前走・秋華賞組(2着以内が望ましい・掲示板でギリギリ)
◆桜花賞・オークスでの連対
◆G1馬(桜花賞・オークス・阪神JF)
◆前走・1000万特別勝ち(不在)


【古馬】
◆2200mの非根幹距離G1なので、1800m、2200mで実績のある馬
(※根幹距離2000m、2400mの実績より重視)

ルージュバック
全成績  (6・2・0・8)
1800m(4・1・0・0)
2200m(1・0・0・1)
★一昨年のエリ女杯は0秒1差4着(上がり2位の鬼脚)
前走G2オールカマー1着


◆重賞勝ち馬
◆G1馬

----------------------------------------------

【前走】(過去10年)

秋華賞(9頭)

府中牝馬S(8頭)
・昨年はクィーンズリング(府中牝馬1着)→2着シングウィズジョイ(府中牝馬7着)のワンツー決着

オールカマー(3頭)
・14年 3着ラキシス(オールカマー2着)
・15年 1着マリアライト(オールカマー5着)→2着ヌーヴォレコルト(2着)のワンツー決着

京都大賞典(3頭)
・09年 クィーンスプマンテ(9着)→2着テイエムプリキュア(14着)
※3着はブエナビスタ(前走・秋華賞3着)

・10年 2着メイショウベルーガ(京都大賞典1着)
※1着は翌年も勝ち連覇するスノーフェアリー→3着アパパネ(3冠牝馬・G1・5勝馬)


-----------------------------

【リピーター】

連覇
メジロドーベル・アドマイヤグルーヴ・スノーフェアリー

・アパパネ(3着→3着)
・ラキシス(2着→1着)
・ヌーヴォレコルト(2着→2着)

ミッキークイーンクイーンズリングタッチングスピーチ

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

レーヴドリーブ】競馬ファンにとって特別な想いがある【レーヴドスカー】の仔が,10,15(日)東京3R・2歳新馬 芝1600mでデビューする。

-----------------------------------------

レーヴドリーブ2歳(Reve d'Olive)

(オルフェーヴル✕レーヴドスカー/父Highest Honor)

生産牧場【ノーザンファーム】
オーナー【シルクR】
厩舎  【高野友和(栗東)】
騎手  【戸崎圭太】


-------------------------------------------------------

10月15日(日)
【東京3R2歳新馬(芝1600m)10:50発走】


この新馬戦でデビューする
レーヴドリーブ(Reve d'Olive)は、競馬ファンにとって特別な想いがある。


--------------------------------------------------------

母は名繁殖牝馬レーヴドスカー (Reve d'Oscar)
(Highest Honor✕Numidie/Baillamont/Blushing Groom)
(ゼダーン系 / Sir Gaylord 4×4=12.50%、Nasrullah 5.5×5=9.38%)

全成績 10戦【1・6・1・2】(G1/1勝、2着3回)

※掲示板を外したのは、2000年ジャパンカップ7着のみ(優勝馬テイエムオペラオー)


---------------------------------------------------------

兄姉は、種牡馬の系統に関係なく、全てがクラシック級の素質馬。


兄姉は、レーヴドリーブも含めて、すべて父親が違うのに、結果を出している!

レーヴドスカーは、
「血統の常識」を遙かに超え、もはや「神の領域」にまで踏み込んでいるのかもしれない…。

…その代償はとてつもなく大きかった、のだろうか…


名繁殖牝馬レーヴドスカーの仔は一様に体質が弱く、ケガや故障、病気で引退せざるを得ないことが多い…。さらに死去する仔も少なくない…。

----------------------------------------------------------

レーヴディソール (父アグネスタキオン)2008年産。抹消。
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【松田博資(栗東)】

◎新馬戦→G2デイリー杯→阪神JF→G3チューリップ賞を4連勝でぶち抜いたが、故障でクラシック断念。無事なら…。無念ナリ…。

----------------------------------------------------------

レーヴミストラル (父キンカメ)5歳
【ノーザンファーム】
【シルクR】
【高野友和(栗東)】

◎3連勝でG2青葉賞1着ダービー9着(優勝ドゥラメンテ)、

AR共和国杯3着、日経新春杯1着

----------------------------------------------------------

アプレザンレーヴ (父シンボリクリスエス)2006年産。抹消。
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【池江泰郎(栗東)】

◎G3毎日杯2着。G2青葉賞1着ダービー5着(優勝ロジユニヴァース)

----------------------------------------------------------

レーヴデトワール
(父ゼンノロブロイ)2011年産。抹消。
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【斉藤崇史(栗東)】

桜花賞5着(優勝ハープスター)。紫苑S1着。

----------------------------------------------------------

レーヴドリアン(スペシャルウィーク)2007年産。2010年死去
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【松田博資(栗東)】

◎G3きさらぎ賞2着。G2京都新聞杯3着。G2神戸新聞杯5着。

菊花賞4着(優勝ビッグウィーク)

----------------------------------------------------------

レーヴダムール (父ファルブラヴ)2005年産。2008年死去
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【松田博資(栗東)】

◎新馬戦1着→阪神JF2着(全2戦/1・1・0・0)

----------------------------------------------------------

レーヴァテイン(父ディープインパクト)2013年産。抹消。
【ノーザンファーム】
【サンデーR】
【堀宣行(美浦)】

◎新馬戦→500万と連勝して、G2青葉賞2着(全3戦/2・0・1・0)

----------------------------------------------------

レーヴドスカーの2016
(父ロードカナロア)
【ノーザンファーム】

【シルクR】

・【募集総額】3,000万円
・【一口出資額】60,000円(一括払い:58,800 円)
【満口】

【斉藤崇史 (栗東)】
◎デビュー前

------------------------------------------------------------------------


イメージ 1
------------------------------------------------------------------------


10月15日(日)
【3R 2歳新馬(芝・1600m)10:50発走】


レーヴドリーブReve d'Olive)

まずは無事に走って、完勝するレースを観たい!!!


この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事