デマログ♪ 〜デマチのデマかせBlog

でまちいずみ(歌/作詞/作曲)のBlogです。

全体表示

[ リスト ]

猫さらい、現る。

イメージ 1

事件です。
ニャンさんの息子、仔猫のマリ(白い方)が、猫さらいにさらわれました。

1月13日(日)の夜、ニャンさん一家が棲みついている大家さんの庭先に、
バイクに乗った不審な男が現われ、用意してきた袋にマリを入れて連れ去ったのだそうです。

猫さらいはヘルメットも着けたままで、
なんとニャンさん、ゴム、マリと一家全員を袋に入れようとしていたらしく、
外の不穏な気配に気付いた大家さんが、慌てて外に飛び出して行くと、
猫さらいはマリを入れた袋とともに、バイクに乗って逃走。
大人のニャンさんと敏捷なゴムは、なんとか猫さらいの魔の手から逃げ出すことが出来たのですが、
おトボケぽってり気味のマリは、残念ながら袋の中に・・・

毎朝欠かさず通ってくるニャンさん一家。
マリだけ姿が見えず、心配になって大家さんを訪ねたら、こんな事件が起きていたのです。

マリ〜〜〜!!!
マリブ〜〜〜!!!
猫さらいめ、マリを返せ〜〜〜!!!

ニャンさん一家は、野良の出ではあるけれど、今ではれっきとした大家さんの「外飼い猫」です。
雨の当らない縁側の上に、ムートン敷きの温かい猫ハウスも作ってもらって、
茹でたお肉やら、カニカマやら、なかなか高級なご飯を貰っているのです。
捨て猫でも、飢えて凍えている野良でもない、
立派な外飼い猫をさらって行くなんて・・・許せん!!!

袋に入れて連れ去るという手口からして、自分で猫を飼おうという人間には思えません。
それに、1匹だけでなく3匹まとめて連れ去ろうとするあたり、
どこかに売り飛ばすのが目的の、猫さらいなんじゃないか・・・
昨年春にも、ニャンさんの初産の仔猫3匹ほどがいっぺんに姿を消したという過去があり、
大家さんも「これは常習犯の猫さらいに違いない」と踏んでいるのです。
マリが自分の意志で失踪したのなら、外猫は自由ですし、諦めもつくのですが、
意図的に連れ去った人間がいるというのは、うっすら怒りを覚えます。

たとえ売り飛ばされていたとしても、可愛がってくれる飼い主さんの元で、
元気に暮らしてくれることを祈るばかりです。

うぅ、淋しい・・・
マリを探してあちこち潜り込もうとするニャンさんと、
遊び相手が突然いなくなって、意気消沈しているゴムが不憫でなりません。

もし、もし万が一、この写真の白い方の仔猫を見かけた方がいらっしゃいましたら、
ぜひ当ブログまでご一報下さい!!

※特徴は、斜めの前髪と、鼻面のチョビひげ。
 背中はわりと黒っぽく、大きなブチが数点あります。

マリ写真館はこちら

閉じる コメント(6)

顔アイコン

なんともやりきれない出来事で...

うちの猫ページからリンクさせていただきました。
http://www1.parkcity.ne.jp/tomobash/neko/koneko.htm

2008/1/27(日) 午後 11:37 [ Mongo ]

顔アイコン

飼い猫をさらわれたようで、ホントにやりきれないです。
どこでどうしているのか、ちゃんと飼われているかどうかも分からないし・・・
とにかく元気でいてほしいです、マリブー。

2008/1/29(火) 午前 0:03 [ でま ]

顔アイコン

そんな猫さらいまでして猫飼ってどうするんでしょうね。
こちらでもよく電柱に張り紙「犬、猫、さらわれた」ポスター
見かけます。
さらう人の気がわかりません。

2008/1/29(火) 午前 2:31 [ えみぞう ]

顔アイコン

ほんとに、猫をさらってまで飼う人の気が知れません。
いきなり袋に入れられて、何も見えなくて、バイクの震動とエンジン音だけで・・・
ただでもビビリ屋のマリは、きっとものすごく怖かったと思います。
さらわれる猫の気持ちも分からないような人は、猫飼っちゃいかんです。

2008/1/30(水) 午前 0:04 [ でま ]

顔アイコン

というか外猫にするのがわかりません。仔猫なら特に。
虐待する目的でさらったとしか考えられません。
一番残酷な生き地獄をまだ何も分からない仔猫にする行為はとてもおぞましいものです。片目だけを虐待で痛めつけられた猫ちゃんを見たことがありますが本当に悲惨で可哀相でした。現在はそういった心無い人が増えているのが現状です。私なら絶対外に出さないです。

2008/11/11(火) 午前 2:29 [ 茶太郎 ]

顔アイコン

>茶太郎さん
本当に、最近はそのような心無いニュースが増えましたね。。。
嘆かわしく腹立たしいことです。
この猫たち、大家さんも出来れば室内飼いにしたいそうですが、
ご家族に病気の方がいるため、医者から猫の室内飼いを禁じられているのだそうです。
室内に入れられるのは、目の届く範囲内で、短時間に限られるとのこと。
そのぶん、樹木が多く塀に囲まれた広い庭を、猫たちに自由に使わせ、
軒下には立派な猫ハウスを設置しています。
なお、件の仔猫は3ヵ月後に元気な姿で帰還いたしました!!
兄弟仲良く、虫追いや木登りをして遊び回っていますので、ご安心下さい〜
(↓詳しくは後日の投稿をご覧下さい)
http://blogs.yahoo.co.jp/terangademadema/55719835.html

2008/11/19(水) 午後 10:42 [ でま ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事