春夏秋冬福井の山

山歩きで健康づくりをしましょう。登山記録と写真を紹介します。

全体表示

[ リスト ]

2月19日の日曜は前日までの大雪も終わりそうだったし常宮神社の蝋梅も咲いたか気になっていたので、西方ヶ岳に行くことにした。
当日は朝7時にタケさんと待ち合わせて同乗し、敦賀市常宮に向かう。
敦賀原発に続く県道は海岸なので積雪はめったにないものだが、やはりここも積雪が多かったらしく前日に除雪したようだ。
神社横の県道脇に駐車して早速蝋梅を観に行く。満開であたりに芳香を漂わせていた。
イメージ 1
神社の境内も雪化粧でいつもより一段と良い雰囲気だ。
イメージ 2
写真を撮ってから集落の小道を歩いて行くと道に融雪の水が流されている。通りがかりの方が、路面が凍って滑るからと注意をして下さったので気をつけて登山口へ。登山口から振り返ると敦賀湾が朝日に輝いている。
イメージ 4
3時間程度のラッセルを覚悟していたが、なんと前日何人か登ったらしく、トレースが着いている。今日は天気も良いしラッキー!と言いながら登っていく。
イメージ 5
敦賀湾の眺めや雪の登山道、樹氷の木々を楽しみながら歩くこと1時間を過ぎた地点で、「あれー!ここまでやー」と先を行くタケさんの声。前日の登山者はどうもここから引き返したようだ。
イメージ 6
やむなく二人でラッセルしながら尾根を行くがかんじきの沈みも大きくて結構疲れる。頂上近くになると新雪も50センチほどと多くなるがブナ林の雪化粧が美しい。
イメージ 7
ラッセルもさすがに若いタケさんは体力があってたのもしいものだ。
登山口から2時間半でようやく頂上に着いた。
イメージ 8
しかし天気は少し雲が出てきて遠くの山はハッキリ見えない。
頂上小屋は1階は完全に埋まっていたので、その前にスコップでベンチとテーブルを作って昼食とする。甘酒を造って日本酒に加えて飲む。うまい!芯から暖ったまる。野菜たっぷりのラーメンで腹もふくれる。だれも来ないと思っていたが食事中に1人登ってきてすぐに降りて行った。
眼下の敦賀湾や
イメージ 9
栄螺ヶ岳方面
イメージ 10
など写真を撮って下山開始。
下山中に夫婦と思われる二人組と会う。暫く山の話をしてから来た道をもどったが、気温が上がって雪が腐り、かんじきでも時々深く沈むようになってきた。麓近くになって太股が痙攣しそうになってきたのでペースを緩めて下山した。
イメージ 3

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

蝋梅の咲く上天気の中での敦賀半島。
【水島】は見えませんでしたか?

霧氷の樹間を、動物の足跡しかない真っ白な雪面に自分達だけのトレースを伸ばしていく・・・雪山へ登る醍醐味ですね。

2012/2/25(土) 午後 9:05 echizen 返信する

顔アイコン

越前さん、水島は途中木々の間からも頂上からもよくみえていました。南の海のような雰囲気のある景色が良いですね。そろそろ雪も締まって歩きやすくなる頃なので、天気の良い日が楽しみです。

2012/2/27(月) 午後 1:03 [ ter*o*39 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事