京都!大阪!二都物語!

大阪、京都を中心においしいお店、紹介します。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

ちょっと変わったカニピラフ、作ってみました。
TV番組でやっていたので、チャレンジしてみました。

<材料>お米、カニ身、カニかま、にんにく、しょうが、
    バター、コンソメ、塩、あらびき粒黒コショウ、オレンジジュース100%

<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑縫丱拭爾鯑れ、お米を炒める。
↓,砲砲鵑砲としょうがのみじん切りにしたものを入れ、更に炒める。
コンソメ顆粒(大さじ1くらい)と塩、少々、あらびきコショウを多めに入れる。
づ典こに入れ、水の変わりにオレンジジュースを普通のご飯を炊くときと同じ加減で入れて焚く。
タ罎上がったら、カニ身をほぐして入れ、カニかまもほぐして入れる。
Δ皿に盛り、最後に飾り用、カニ身と、カニかまを飾り、あれば、パセリを添える。

これは言われなければ、オレンジジュースとは気づかないかも・・・ちょっと不思議な感じです。
ほんとはカニ身のみでもいいかもしれないけど、カニかまでボリュームアップ。

イメージ 1

昨日は、なんとお昼から豪勢な伊勢海老のお昼のコース「寛ぎ(くつろぎ)コース」3,800円
いただいてきました・・・・・と言っても貧乏OLには無理なお話。
そうです、もちろんごちになりました。美味美味!
会社の元上司(とってもいい人です)が、ご馳走してくれました。

・伊勢海老のサラダ 中納言風・・・ぷりぷりしてました。
・伊勢海老のスープ、ミネストローネ風・・・とっても濃厚
・伊勢海老のクリームコロッケ・・・コクのあるクリームだ。
・お口直しのシャーベット・・・柚子?かぼす?すだち?・・・不明
・帆立貝のダリオリ 生姜風味あんかけ・・・茶碗蒸しのような食感。
・のり茶漬け、香の物・・・伊勢海老入りのお茶漬けだなんて、なんて贅沢な!
・デザート・・・もうお腹いっぱいなんだけど、アイスとケーキとパイナップルは別腹!
・食後の香り(コーヒー)

さすがにあんなところで、ゴチになるのに写真は撮れませんでした。(中納言のHPから写真拝借)
こんなに高いのに、お店は満員。なんと優雅なおば様達の集団。
きっと旦那さんたちは、社員食堂とか、安い定食屋ですませてるんだろうな・・・恐るべし!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

京都東山三条下ったところの古川商店街の真ん中にある超人気のなかじんという蕎麦屋さんに行ってきました。
店内はカウンター14席のみの完全予約制。蕎麦屋なのに予約制??コース料理?
という感じですが、普通の蕎麦屋とは、ちと違うようで、とにかく、そばがきが絶品と聞き、それを目当てに行きました。

お昼は蕎麦三昧コース(小2,300円・並2,850円・大3,400円)お蕎麦の量が変わります。
まず最初に梅干入りのそば粥が出ます。
次になんともいい感じの渋い大きめのお皿に乗った'粗碾きそばを手渡しされ、
「匂いをかいでください」と「塩で召し上がってください」「あとはお好みでそばつゆで!」
と言われた。
「うーーん、いい香り!」割と、短めに切れた麺でした。
塩で食べるほうが、蕎麦の香りが生きるかなという感じです。
次に出されたのが、大好きな'そばがき
あたたかくて、もちもちして、わさびがちょんと乗っていて、お箸でサクッサクッと切って、ちょこっとだし醤油をつけて食べる。「おいしい!!」
最後に、せいろ(そば)が出てきた、いわゆる長い麺
これも大きなお皿を手渡しされ、またまた「匂いでかいでください」と「塩で召し上がってください」「あとはお好みでそばつゆで!」と言われ
「さっきと、なんか違うけど、いい香り!」これは、わさび、ねぎ入りつゆの方が合うかなぁ。もうちょっと、ネギとわさび、くださ〜い、という感じです。

商店街の中にあって、1件だけかなり浮いた感じになっていますが、店内に入ればもうそこは出来上がった空間で落ち着けます。器がまた全て、いい感じのものを使われてました。  
蕎麦三昧というコースの他に、お昼のおきまりコース(雪1,600円・月2,450円、花2,800円)というコース、天ぷらとか、季節のご飯が付いたコースもありました。
 
普通に蕎麦を食べようかというには、ちょっと高いですが、蕎麦好きの方なら、一度は行ってみてはいかがかなと思います。女性の方なら、小のコースで充分ですよ。けっこう量がありました。
根っからの関西人である私は、常に蕎麦よりうどんという人ではありますが、たまには蕎麦もいいかなぁという感じです。

個人的には、京田辺市駅から徒歩3分くらいのところにある「山ぶき」という蕎麦屋さんのそばがきの方が、おいしい気もしましたが。。。作れる量に限りがあるのか、「今日は売り切れ」という日もありますが。。。ここも蕎麦好きの方なら、一度、お試しあれ!

究極の親子丼

イメージ 1

「究極の親子丼」というものをいただいてきました。
肥後橋駅近くの、「とり神楽 肥後橋店」に行ってきました。
淀屋橋の住友4号館のB1Fにあり、オフィス街の中で寛ぎと癒しの空間、というのを謳い文句にしているだけあって、坪庭や石畳などがいい感じで、個室と掘り炬燵の部屋なんかもあるようで、ゆっくり落ち着ける雰囲気でした。
半年程前にオープンし、以前から気にはなっていたのですが、なかなか親子丼に1,000円を出す勇気がなく。。。
今日は、たまたま取引先の方が、ご馳走してくださるというので、すかさず、そこを選んでみました。
ラッキー。
何が究極かというと、幻の地鶏「地頭鶏」のもも肉と、厳選した地玉子2個を使用した親子丼らしく、鶏肉は、炭火で焼いてあるいわゆる焼き鳥がのっているという感じのもので。玉子丼の上に、さらに生玉子を乗せた感じで、さらさら、とろとろの玉子掛けご飯のような感じ。
それに冷奴と、もずくのような酢の物とお漬物とお味噌汁が付いてました。

イメージ 1

今日は、大阪に10店舗ぐらいある、船場カリーというカレー屋さんの京町堀店に行ってきました。
ここのカレーにはイカスミが入っているらしく、ほんとに真っ黒なカレーでした。
まったり、ねっとり、かなり濃厚なドロッとした、ある意味、日本的なカレーでした
ノーマルなものをいただきましたが、5倍10倍20倍と追加料金で辛さをアップできるようです。
ノーマルなものでも程よい辛さでした。量がとにかく多い。
同料金でご飯&カレーの量を三分の二にして、サラダを付けるという女性向けのセットメニューもありました。(それでもご飯は食べきれないほど多かったです)
今日の日替わりはチキンカツカレー、750円でした。

最近は、インドとかスリランカとかタイとか・・・さらっとしたカレーを食べることのほうが多かったので、久しぶりに、ドロドロカレーも新鮮でした。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事