てらしましんご「音と生活」

「しんごとひでこ」という名のデュオで音楽活動しています♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2428ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

とにかく寝る猫

7/10(火)
労働日
早番早帰り
この日は妻の帰りの方が早く、晩酌アテ作りも妻にまかせた
晩酌後はバンジョーの練習
ライブでは常時3本の楽器を弾くので、どれも手をつけねざならぬが・・・
労働日は一種類弾いておしまいである
練習後は寝ている猫の靴下さんを愛でる
とにかく平和なヤツだ

イメージ 1


7/11(水)
労働日
通常労働通常帰宅
この日は妻の帰りが遅いので一人晩酌
晩酌後はギター練習
私の中で今手を出していないのがギターだ
この3年くらい上達した気がしない
バンジョーやブズーキに浮気をしているからだろうか
それはそれでイカン
基礎のスリーフィンガーを丁寧に弾いて、自分のフォームを見直す練習をした
その間、猫の靴下さんは食卓の下で寝ていた

イメージ 2


7/12(木)
労働日
通常労働通常帰宅
この日は大雨
傘はその機能を果たすことはできぬくらいだった
ずぶ濡れになって労働場に着いた
帰宅時にはスッキリと晴れていたが、かなり蒸しており不快指数100%
夏だな、と思った
帰宅してからは妻と晩酌し、その後は楽器練習
妻と少しだけ歌合わせをしたのだが、その横では猫の靴下さんは寝ていた

イメージ 3


7/13(金)
労働日
少し早出の少し早帰り
帰りに接骨院へ寄ってから帰宅
妻が「グリーンカレーを作る」というので晩酌作りはまかせた

イメージ 4

夏野菜たっぷりで大変美味かった!
この日は疲れていて楽器練習をせずに就寝
今週の労働もあと一日
日曜日はライブだ!

開く コメント(0)

7/8(日)
労働は休み
私は一日フリーの日
妻はスミさんとライブの日
そんな妻は朝からバタバタして出て行った様子だったが、私は珍しく爆睡していて気がつかなんだ
起きた頃には妻の姿はなく、猫しかいなかった

イメージ 5

ゆっくりと朝食を食べた後は庭の草むしりをした

イメージ 1

庭の向日葵が咲いてきた
こやつは昨年落ちた種で許可なく生えてきたヤツ
今年植えたヤツはまだまだである

イメージ 2

草むしりの後は掃除洗濯と家事をこなし、その後は楽器練習とシャレ込んだ
そして夕方前に下北沢ブルームーンへ行く
この日は大柳さん、通称「先生」と呼ばれている方のライブがあり、前々から観たいと思っていたが、やっと都合ついた
大柳先生は普段フランス語の先生で、ライブも全てフランス語で歌う
しかも日本人のカバーもフランス語に訳すという徹底ぶりだ
この日のステージは先生の他にマスター
のドラムとリードギターに北川涼さんという豪華サポートメンバーも参加
満員御礼のブルームーンは盛り上がり大変楽しいライブだった
充実した休日

イメージ 3


7/9(月)
労働は休み
午前中は接骨院へ行き、午後は妻と買い出しへ
夜は妻と駅前の焼肉屋さんで結婚記念日の祝いを簡単にした
結婚して6年、そして7年目に突入した
早いものである
最近はライブも労働も忙しいが、結婚当初はもっと緩やかな毎日だったことを思い出した
まあ、色々あったし、これからも色々あるだろうが、よろしく頼むぜ、妻よ

イメージ 4

開く コメント(0)

7/7(土)
労働日
この日は我々の結婚記念日ではあるが、労働後にライブ
帰宅してすぐ楽器と機材を積み込んで出発した
場所は「なないろ食堂」
以前も演奏させていただいたところで前は畑の出荷場だったが、今は食堂となっている

イメージ 1

会場へ着くとかなり賑わい!
お店の前では肉が焼かれ、大変良い香りが漂っていた
今回は石田さんという市会議員さんと恒さんという我々のライブをよく観に来てくださるお二人が立てたイベント
石田さんは元料理人さんとのことで、この日は市会議員ではなく最高の食材で皆をもてなす料理人として参加
そこに我々が加わり、最高の音楽でもてなすってなイベントである
しかし、まあ老若男女これだけよく集まってくださったものである
気合いを入れてやらねばと思いながら、石田さんの作った料理を食う
ヤバイ、かなり美味い!!

イメージ 2


さて演奏
皆さんのお腹がいっぱいになった頃に我々は始めた

イメージ 3


1.船出の唄
2.歳老いたピエロ
3.tangle
4.黒猫のタンゴ
5.イメージの唄
6.バンジョー&ドゥンベックメドレー
7.pretty crow chicken〜風と共にうたえ

アンコール.遠く離れた貴方

とにかく盛り上がった!
この言葉につきる
よく聴いてくださるのはもちろん、踊ったり手を叩いたりとかなりノリノリ
我々ってそういう音楽だっけか?
と、疑うほどだった(笑)
どの曲もかなりの反応だったが、やはりtangleや風と共に〜は鉄板
これらを超える曲を書かねばと思った
個人的には久々にカバーをした黒猫のタンゴがかなり楽しく、アコーディオンとブズーキでジプシー風味たっぷりに演ったのは大正解

イメージ 4

終わってからも質問攻め+賛辞の言葉
さらにCDも飛ぶように売れた!
我々ってそういう音楽だっけ?
と再度疑うほど
本当に良いイベントに誘ってもらえたことに感謝である

開く コメント(0)

猫がいる日々

7/1(日)
労働は休み
猫の靴下さんは帰って来た
しかしこの日の夕方に友人が遊びに来るため、お昼過ぎに家を出そうとしたところ・・・
靴下さんは拒否をした
窓を開けて近寄らず、試しに縁側に出てもすぐ家に入ってきた
よほど怖い思いをしたのだろう
そのまま家に居てもらうことにした

イメージ 1

夕方、若き友人たちが遊びに来た
ギタリストのセージくん、シンガーソングライターのみーやん、ビブラフォンの弾き語りストの彩ちゃん
ライブで知り合った面々だ
皆さん20代半ばで私より一回り以上若いが、大変礼儀正しい
各々の音楽の核心に触れたり、作曲方法について語り合ったり
若き音楽家たちは大変面白い見方やアイディアを持っているのだな、と感心する
また彼らと対バンがしたいと思うのだった

イメージ 2


7/2(月)
労働は休み
猫の靴下さんは依然として出て行く気配はなかった
よって猫用のトイレを購入した
傷が癒えて元気になるまで我が家に居てもらうことにした
そんな靴下さんは寝てばかり
食っては寝て、食っては寝て・・・
心配なのは一度もトイレを使用していないことだ
ま、何とかなるだろう

イメージ 3


7/3(火)
労働日
早番早帰り
帰宅すると靴下さんは所定の位置で小便を足していた
ヨシ!
だがまだ大きい方はまだだ
ストレスによる便秘か?

さてこの日の夜は我が町にあるうどん屋「タロー庵」にてライブを観覧
若きシンガーソングライター「押野健くん」が出演
彼とは二度ほど対バンをしたのだが、顔の彫りの深さに反して実に稀有な音楽スタイルを持っている
なんと彼は、高田渡そのものような歌声とギターなのだ
もちろん押野健くん本人も高田渡がすきなのだろうが、詩の佇まいなぞハッとさせられる
こんなの真似をしようとして出来るものではない

https://youtu.be/oCM3EuD2ofY

この日の演奏も大変素晴らしかった押野健くん

イメージ 4


7/4(水)
労働日
労働をしていても家で留守番をしている靴下さんのことが気がかり
便が出ないのだ
ネットで検索したところ「オリーブ油をティースプーン一杯」与えると良いとか
帰ってすぐ、オリーブ油を猫缶に混ぜてあげた

7/5(木)
労働日
朝、起きるとなんと靴下さんはちゃんと便が出ていた!
それは黒く固いもので、腸の中で詰まっていたことが容易に分かった
とりあえず一安心
次もちゃんと出るように寝ている靴下さんのお腹をマッサージ
気持ち良いのか伸びきる靴下さん

イメージ 5


7/6(金)
労働日
大雨の一日
労働中、妻からメールがあり「靴下さんが外へ行きたいと言ったから出した」とあった
なにー!!
傷も家で癒えておらず、ましてやこの大雨
帰宅して雨の中、靴下さんを探すがいない
また天敵の白猫フサタさんに追いかけられてやしないか心配した
我々も飯を食い、「しんごとひでこの家練習」の用意をしていたところ・・・
靴下さんは帰って来た
ずぶ濡れだったのでタオルで拭いて餌をあげたところ、安心して寝た
でも一番安心したのは我々
こいつの存在は我々にとって大きいのだ

イメージ 6

開く コメント(0)

猫の帰還

6/29(金)
労働日
少し早出の少し早帰り
車で出発をしたのだが、例のアパートの前に靴下さんが座っていたのを確認
妻にメールを打った
労働が終わって帰宅してアパートへ靴下さんを見に行ったが、この時はいなかった

6/30(土)
労働日早出の上に最後まで
疲弊して帰宅
梅雨明け宣言されたようで、この日は大変暑かった
靴下さんを見にアパートへ行ったが、おらず
三軒お隣のお嬢さんとも会って話したが、やはり見かけないとのこと
天敵の白猫「フサタさん」にこの場も追い出されたのではないかと心配した

7/1(日)
労働は休み
5時過ぎに起床
最近の私にしては遅い目覚めだ
換気するために窓を開けて外の空気を入れた
すると斜め向かいの家に靴下さんがいた!!
呼ぶ
すると靴下さんは回りをキョロキョロしながらこちらへ走ってきた
そして何の躊躇もなく家に入った
すぐに妻を起こし、靴下さんに猫缶をあげた
靴下さんはガッツイて食べた
その姿はヒトマワリ小さかった
背中も少し骨ばっていて、明らかに栄養が足りていない状態に見えた
猫缶を食べ終えた靴下さんは安心したのか、疲れきったのか、すぐに寝た
野良猫同士の縄張り抗争とはいえ、靴下さんはこの日まで一日たりと気が休まらなかっただろう

イメージ 1

そして我々もようやくホッとしたのだった

開く コメント(0)

全2428ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事