てらしましんご「音と生活」

「しんごとひでこ」という名のデュオで音楽活動しています♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2429ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

8/20(月)
労働は休み
体調は悪化し、月曜ルーティンである接骨院へも行かずに寝る
お昼過ぎに怠さはマシになり日常生活をおくる
夜は僕も妻も食事を作る気にはなれず外食
風邪の時はここ
東インドの薬膳カリーを出す「アッチャ」
店主のJOYさんに「風邪をひいてるんです」と言うと
「ちょうど良いスパイスがあるよ」
と出来上がり寸前のカリーに何かを入れてくれた
久々のアッチャカリーは大変美味しく、さほど辛くないのに食べている途中から汗をかき出した
鼻づまりもなくなる!
さすが薬膳カリー

イメージ 1

8/21(火)
労働日
先週まで秋だったのに、また夏がぶり返す
労働も忙しくバタバタした
ひいた風邪も少しは軽減してきたが、鼻水と喉のイガイガは残っていた

8/22(水)
労働日
暑い一日
労働も忙しく、疲弊して帰宅
鼻水がうっとうしくて楽器練習も身に入らぬ始末

8/23(木)
労働日
ダブル台風が日本列島直撃とのこと
関東は前の晩の風雨は凄かったが、夜が明けると通常に戻っていた

8/24(金)
労働日
早出だったが労働後には会議があり、遅くに帰宅
風邪の症状はだいぶ治まったものの、鼻と喉が残っている
こんなにダラダラと風邪をひいている自分も珍しい
歳をとったのか?

8/25(土)
労働日
忙しい一日
帰宅して晩酌して「しんごとひでこの家練習」にしたかったが、まだ風邪が治りきってないので睡眠にした
体力回復をはかる

イメージ 2

開く コメント(0)

8/13(月)
労働は休み
妻が風邪をひいた
熱はないとのことだが、鼻と喉にきているとか
この時、私にとっては他人事であった
接骨院へ行き、買い出しへ行き、午後はゆるりと過ごした

8/14(火)
労働日
いつまで続くのか、この暑い日々
汗だくになって帰宅
先に帰宅していた妻が晩酌アテを用意してくれていた
食べてすぐに寝た

8/15(水)
労働日
急に涼しくなかった
もはや秋ではないかというくらい
朝出た時は半袖だったが、肌寒さを覚えたほど
快適ではあるが、まだ8月なので油断ならぬ

8/16(木)
労働日
昨日からそうなのだが、電車が異常に空いている
ようはお盆なのだ
この日もまた涼しく過ごしやすい一日

8/17(金)
労働日
身体が少し怠く、喉の奥がビミョ〜にイガイガした
ただ労働が忙しかったため、気にならならずに過ごした

8/18(土)
労働日
明らかに身体が怠く、喉も痛い、鼻がつまり鼻水も出る
妻の風邪がうつったようだ
しかも妻の風邪は収束へと向かっている
ヤレヤレだ
翌日はワンマンライブもあり、これ以上は悪化さられぬ
とりあえず栄養ドリンクと市販の風邪薬を飲んで寝る

8/19(日)
労働は休み
朝起きると鼻水は垂れ、喉のイガイガは最高潮
ワンマンライブなのにマズイ!!
とにかくケミカルに頼って全てを無理矢理止めることにした
幸い熱はなかったが、午前中は体力温存のために寝た
お昼過ぎて薬が効いてきたのか、鼻も喉も少し治まる
ライブへ出る前にダメ押しでもう一度薬
を飲んだ

タロー庵 ワンマンライブ
まあ、かっこ良く言えばそうだが、色々あって我々がタロー庵で偶数月の日曜日に定期的に演奏することが決まり、そのスタートである
今回は初っぱなということもあり、我々だけでステージを演らさせていただいたが、次回からは我々がゲストを呼んでやる形となる

イメージ 1

さて演奏
タロー庵はただのうどん屋さんなので音響機材はなく、完全アンプラグド
よってリハーサルもないので、開店間もなくに顔を出した
大将のタローさんから既に予約が入っていると聞いて安堵する
演奏スタートの19時に近づくにつれ、あのメンツこのメンツと人が集まってきた
嬉しい限りだ
ま、狭い店内なのですぐに満杯となった(笑)
第一部
1.船出の唄
2.歳老いたピエロ
3.遠く離れた貴方
4.藤ヶ丘
5.バンジョー&ドゥンベックメドレー
6.はじまりの唄
7.サイディの涙(しんごバンジョーソロ)

イメージ 2

第二部
1.ジプシーの女
2.アルベロとレイーナの戦士
3.夜明けの呪文
4.tangle
5.カリフォルニアへ行った少女〜アイリッシュリール
6.イメージの唄
7.pretty crow chicken〜風と共にうたえ
アンコール〜サントロペへと向かって

二部構成で行われたこのライブ
妻も私も風邪はひいていたものの、体調の悪さは演奏には出ず、良い勢いでステージは進んで行った
お客さんも弾けるように盛り上がり、大いにウケる
だが、最後の「風と共にうたえ」とアンコールの「サントロペへと向かって」で私の喉が悲鳴をあげた
ロキ◯ニンで止めていた喉の腫れが一気に解放されたようで、ある一定の音量以上の声が出なくなった

が・・・

止めぬ、恐れぬ
何故か異常なまでに盛り上がっている「風と共に〜」で不調な声で歌っていた自分自身に残念な気持ちはあったが、盛り上がってくださっていた方々には感謝感激である
稀なワンマンライブは体調以外は成功だったように思う


そう、この日の個人的なハイライトとしては第一ステージの終わりに「久々に一人で演奏した」ことである
私がバンジョーで初めて書いたインストナンバー「サイディの涙」を演った
ん、なかなかにウケもよく私のソロアルバムも何枚か売れた
関東に戻って6年、私はソロ活動はしていない
いつの日かまた一人で歌う日が来るだろう
だが今ではない

イメージ 3

開く コメント(0)

8/12(日)
労働は休み
この日は下北沢ブルームーンにてライブ
久々の対バンは大好きなデュオ「じぶこん」だ!
私も妻もかなり楽しみにていた
そして演奏は我々から
1.船出の唄
2.歳老いたピエロ
3.遠く離れた貴方
4.カリフォルニアへ行った少女
5.tangle
6.はじまりの唄
7.pretty crow chicken〜風と共にうたえ
8.イメージの唄
9.赤の風

2マンライブということで、いつもより長目の演目
以前は「じぶこんと対バン」となると緊張したもんだ
旅するお二人に「良い姿を見せたい」という思いをはじめ、様々な邪心がそうさせる原因であった
しかし、この日はそういう気持ちもなく、そして緊張もすることなく、我々らしい我々なりの丁寧さとアグレッシブさが同居した良い演奏だったと思う
精神的にレベルアップしたのであれば、此 幸い
演奏後、お客さんから賛辞をいただく
嬉しかったのは、じぶこんのお客さんで何度か我々を見てくださってる方々が「よかった!以前よりもパワーアップしている!!」
と言ってくださる声が多かったことだ
ま、そう在りたい

さてじぶこんのステージ
日本中を旅し、様々なステージをこなしているお二人
岳春さんは新機材を導入していた
いわゆるマルチエフェクターのようだが、ループも内蔵されている代物で
広島のベース弾き語りスト梶山シュウさんのようにそれを使って伴奏をその場で作り上げたり、ソロを弾いたりして「じぶこん」のサウンドがまた変化した
曲によってはグラブミュージックのようでクールでカッコいい♪
さすがである

イメージ 1

ステージの最後には「じぶこんとしんごとひでこ」でセッション
我々の楽曲からは「夜明けの呪文」にじぶこんに入っていただき、じぶこんの楽曲「細胞の記憶」には我々が参加
実を言うとリハーサル時間がなく、ぶっつけ本番で演ったのだが、これがまた素晴らしく良かった!!
お互いがお互いに無理なく融合しており、独特な民族色な音を造り上げていった
終わると拍手喝采
そしてまさかのアンコール
曲は何も用意していなかったが、じぶこんの曲に我々が入ることなった
「しんごくん、とりあえずD、途中てDmになる」と岳春さんの一言を頼りにセッション
これまた楽しいものとなった♪
しかし、ディジュ、フラメンコギター、ドゥンベック、ギリシャブズーキなんて編成はそうそうない
まるでフランスの無国籍バンドのようであった

ステージが終わってからは皆で打ち上げ
演者、お客さんも入り交じり楽しい一時を過ごした
くだらない話から、真面目な音楽機材の話まで、夜が更けても笑いは絶えなかった

イメージ 2

開く コメント(0)

8/6(月)
労働は休み
接骨院へ行ったり、買い出しへ行ったり、新曲の歌詞を考えたりした休日
外はただただ暑い!

8/7(火)
労働日
お盆前だからかゆるやかな一日
労働中、頭の中で詩を練るが出て来ず

8/8(水)
労働日
ただただ暑い日々が続く
いつぞや西日本方面へ旅をし、倉敷に降りたった時の暑さを思い出した
あの日も猛暑日で電車の冷房と外との寒暖差にやられた記憶がある
旅に出ぬようになって久しい私は、それを恋しく思うこともある

8/9(木)
労働日
台風が直撃するとかしないとかで、直撃しなかった
良い空振り

8/10(金)
労働日
土曜日が旗日なのでこの日が今週の労働おさめ
ゆるやかな一日

8/11(土)
労働は休み
だが妻は労働へ出たので一人で行動した
まずは家事をこなし、ギター練習に励む
午後は京橋まで行き、知り合いの個展を観覧
良い気をいただく
その後、神田の古本屋街を物色
ドノヴァンの自伝を発見し即座に購入
2008年に発売されたこの本は、当時の私にはかなり高価な代物で手が届かなかった
10年の月日を経て私のもとに来たことを嬉しく思う
電車の中で熟読しながら次の地へ向かった

イメージ 4

行ったのは南林間のチャンドラスーリヤ
この日「スミ☆ひでこ」として妻が出演するというので観覧
驚いたのはRossaのギター田中さんも来てくださっていた!
よって田中さんと呑むことにした(笑)

イメージ 1

何気にこのデュオを見るのは初だ
我々の曲やAnnの曲やカバー曲を彼女ららしく演奏していくといった感じ
そして思ったより完成度が良くてビックリした
特に二人のハモりはいい融合感があった
欲を言えば、スミ☆ひでこのオリジナル曲が欲しいところ
Annにもしんごとひでこにもない何かを捻り出せると面白いなと
演奏後、皆と歓談
タロット占いをしてもらったり、以前ご一したベリーダンサーのintiさんと語らったり、と楽しい一時を過ごした

イメージ 2

イメージ 3

開く コメント(0)

七夕祭

8/5(日)
労働は休み
この日は阿佐ヶ谷はオイルシティにてライブ
オイルシティは最近ごひいきにしてくださってる「ブルースライブハウス」である
三回目の出演にしていわゆる「シカゴブルース」的なバンドと初対バン!!
私より一回りちょい上の先輩方が楽しそうにギターを弾き、楽しそうにブルースを歌う
上手いし、カッコいい
また皆様大変ジェントルマンで異色な我々の音楽も受け入れてくれた

イメージ 2

さて我々の演奏
(今回は写真無し)
チーと前のライブのため曲順を忘れた(笑)
覚えているのがオイルシティのオペレーターが上手く、とても演りやすい環境で出来たため丁寧かつアグレッシブに行けた
最近はライブでの私と妻のハモりも悪くない
そのおかげかCDも売れ、終わった後も賛辞をいただいた

そういえばこの日の阿佐ヶ谷は七夕祭で商店街は大変な賑わいだった
あちこちから音楽が聞こえ、ライブがなければ行きたいな〜、妻と祭へ行ったことがないな〜なんて考えていた
しかし帰る時にお店を出ると、町はもぬけの殻のようにシーンと静まりかえっていた
暑さと寂しさを覚えながら楽器を車に積み込むのだった

イメージ 1

開く コメント(0)

全2429ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事