てらしましんご「音と生活」

「しんごとひでこ」という名のデュオで音楽活動しています♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

5/4(土)
労働は休み
だが妻は労働
夜はライブ
日中は昨日録ったテイクを聴きながらイコライザーやらなんやらをなぶる
ギターをダイナミックマイク二つで録ってはいるが、入力レベルが弱い
こいつだけ別でミックスしてマスタリングかけて音圧を稼いでもう一回アコーディオントラックとドッキングさせるという手もあるが・・・
やはりコンデンサーで録り直した方が良いのか・・・
ん〜悩む
そうこうしてるうちに夕方となり妻も帰宅
そしてライブへ行く準備をして出発した
この日を町田のアイリッシュバー「キルデア」にて天野朋美ちゃんのお誘いの企画に出演だ
朋美ちゃんはアイリッシュ風なオリジナルを演り、レーベルにも所属しているとか
地元町田では久々の演奏とかで、欧州色の強いミュージシャンが出演
我々とヤッさんとイサムくんだ(笑)
イサムくんがいるとPAのセッティングやオペレーティングが楽でいい♪
我々がトップバッターを飾ったのだが、良い感じのアグレッシヴな演奏だったためか、場も盛り上がり良い雰囲気を作れたのではないかと思う

イメージ 1

そしてヤッさんとイサムくん
何気にデュオを観るのは久々
二人もデュオで演るのは久々とか
この日はワケあってマタニティー五十貝ことChakaちゃんは欠場
でもデュオもいい♪
ヤッさんのダイアトニックも会った当初より断然パワーアップしてイサムくんとも息がピッタリだ

イメージ 2

そしてトリは朋美ちゃん
ギターのイズミくんとシンプルなアコースティックセットだったが、さすが場数が多いだけあって歌を聞かせるのが上手い
曲もトラッド過ぎず、良い感じにポップで聴き手は入りやすいだろう
我々の曲の手法と似てはいるが、完全に非なるものだ

イメージ 3

そして最後に全員で一曲演奏
それがなんと・・・
ツェッペリンの「天国への階段」
朋美ちゃんの選曲なのだが、まさかこの歳でこれを演るとは思わなんだ(笑)
イズミくんとイサムくんのダブルギターに加え、私はブズーキ、妻はドゥンベック
ちなみ私はブズーキであのギターパート演った(笑)
朋美ちゃんの無理のない歌が素晴らしく、またリハ以上に演奏がキッチリしていたからか、かなり盛り上がった(笑)

ゴールデンウィーク中の良いライブ

5/5(日)
労働は休み
この日もレコーディングだ
セッティングに手間がかかりイライラする
レコーディング中もなかなか進まずイライラする
とにかくイライラした一日

5/6(月)
労働は休み
レコーディングは一旦止めて、曲作りを再開
そう、曲が足らないのだ(笑)
ミニアルバムにすればよいのだろうが、それだと回収するのに効率が悪い
アルバムなのである程度コンセプトがまとまった感じにしたいので「作りながら録る」というのは昔からの私の手法だ
楽器を手にし、ノートにメモをとりながら一日過ごした

5/7(火)〜5/12(土)
労働の日々
5月にしてはずいぶんと気温が低い
低かろうと高かろうと労働中の私には関係ない
内勤だから

5/13(日)
労働は休み
レコーディングはしばらくお休みだ
買い出しへ行き、個人練習をしたり曲作りをしたりして過ごす
最近猫の靴下さんが外へ出たがる
臆病者のくせになぜか出たがる
ま、元々野良だから外の空気も吸いたかろう
だが、そんな靴下さん
何故かマンドリンケースを気に入って寝床にしている
よくわからん

イメージ 4


5/14(月)
労働は休み
朝は整形外科へ行きリハビリ
帰宅してからは作曲作業
一曲仕上げる
「ヴォルガの流れは知っている」という偽ロシア民謡を書いた
私がイメージする哀しきソビエトとロシアを描いてみた(笑)
即座に妻にコードを教え、前奏と感想のメロディを教え、採譜してもらう
妻の反応はイイ
だが、一般的には分からぬ
個人的にはかなりポップな曲だとは思うのだが・・・
あくまで個人的である

5/15(火)〜5/18(土)
給料日があり、昇給した
微弱では嬉しいが・・・
かなり微弱である
(土)の労働終わりにトラファルガーへ一人呑みに出かけた
イサムくんがいた♪
次いでヤッさんも来た♪
楽しく呑む
二人に演奏以外で会えるのは嬉しいものだ

イメージ 5

イメージ 6


5/19(日)
労働は休み
この日は八王子で「サン・ヴァンサン」なるワインイベントで演奏
なんでも町の店が格安でワインを振る舞うイベントだとか
協賛のお店と神社での演奏、3ステージ
お店の演奏は良かったが神社での演奏は生ではキツいと感じた(音量的に)
そして初の夏日ということで大変暑かった

イメージ 7

夜はそのまま大和市のライブバーへ行き、下北沢ブルームーンで知り合った“Re jean”のライブ観覧
サポートになんとブルームーンの元マスターでありBARAKAのドラムである平石正樹さんが・・・!
最高にご機嫌なライブであったことは言うまでもない
ブルームーン時代に知り合った人々も多数来ており、大和市なのに下北沢かと思った

イメージ 8


5/20(月)
労働は休み
整形外科のリハビリと買い出し
午後は個人練習
最近、右手の甲が痛む
特にピックを持ってのプレイとクローハンマーの時が痛い
腱鞘炎の派生か?
我慢をしながら練習

5/20(火)〜5/25(土)
労働の日々
泣いても笑っても労働だ
泣きはせぬが、笑いもせぬ
ただ労働である

イメージ 9

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事