全体表示

[ リスト ]

題名を見ればわかるとおり、そのまま主人公は死神です。短編です。
短編とは言え、そこは伊坂幸太郎ですからちょっとしたつながりは微妙にあります。
まあそれはおまけみたいな楽しみ方でもあるのですが。

それぞれの話しの終わり方はやけにあっさりしています。あっさりしすぎかもしれません。
死神が主人公ですから、当然「死」にまつわる展開になるのですが重さがありません。
死に対する考え方のひとつ、を提示されているんだろうなと思いますが、
読後には爽やかで暖かい気持ちにさせられます。

どの話しがいいかと聞かれればこれかなあ、という答えはあるのですが、
最初から順番に読むと最終的にはひとつの作品として捉えられる感じがします。

あいかわらず面白いキャラクターがでてきますね。伊坂作品っぽいです。
まず、死神のキャラクターがいいなあ。
「ミュージック」好きの雨男で、どこかズレている死神。
こんなキャラクター設定を良く思いつくものだと感心します。
お婆さんもいい味出してます。

映画の宣伝がチラホラ流れ始めてますが、読んでいると映像が浮かびやすい話しばかりなので、
映画化されたのは当然かもしれないですね。
ただ、その分読者のイメージが邪魔をして映画が面白く感じるかはちょっと疑問です。

ちなみに今まで何本か映画化されている伊坂作品を、私は一本も観ていません。
興味はあるのですが、どうなのでしょう?

閉じる コメント(21)

顔アイコン

大体本を読んで映画を見ると、「内容が違ってしまったり」「自分が大事にしていたシーンを端折っちゃってあったり」でガッカリする事多いです。
(いつもコメント長くてスミマセン)

2008/2/13(水) 午前 9:56 kinako 返信する

顔アイコン

長いコメント大歓迎ですよ!
「復讐するは我にあり」だけかな〜、原作読んで映画も見たのは。
確かに共に良く出来ていましたね。

ところでちょっとツッコミを(笑)
緒方少年が机に向かって懸命に宿題やってる姿が浮かんじゃうんですよ。
妙にツボにはまってしまって、ニヤニヤしてしまいます。
復習って・・・ククク

2008/2/13(水) 午後 6:50 [ テラ ] 返信する

あまりの完成度の高さにびっくりしました!グラスホッパーの10倍は面白かったですよ^^;映画は、いったいどういいう内容なのでしょうか?この短編の中の、どの作品がメインとなっているんでしょうね?

2008/2/14(木) 午後 1:24 たけたけ 返信する

顔アイコン

TBありがとうございます。
映画の内容に関してはわかりませんが、キャストを見ると全部じゃないにしろ満遍なく使われるような気もしますね。

2008/2/14(木) 午後 5:27 [ テラ ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。この本はやっと文庫化されたので読もうと思っているところです(苦笑)。私自身は映画の方はどれもあまり関心薄。小説が面白ければもう満足です(笑)。

2008/2/28(木) 午前 0:14 [ ちいらば ] 返信する

顔アイコン

コメントとファン登録、ありがとうございます。
映像化で納得する作品は少ないですよね。ただ、たま〜に読んでて理解できなかったことが「そういうことだったんだね」と気付かせてくれることがあるので、チャンスがあると見てしまいます。
そしてまた、後悔してしまう・・・(笑)

2008/2/28(木) 午前 9:41 [ テラ ] 返信する

顔アイコン

映画は見たくないなぁ!
自分のイメージと違うとイヤだから・・。
TBさせてください。

2008/7/21(月) 午後 0:32 格闘おやじ 返信する

顔アイコン

格闘おやじさん、そうですね〜映画は大抵期待をはずしますよね。
別作品だと思って観る事多いです。
テレビでやったら見ると思いますけど(笑)
トラバありがとうございます!

2008/7/22(火) 午前 8:17 [ テラ ] 返信する

「死」と「死神」というちょっと暗めな主題なのに、いい意味で肩透かしを食らったようないい終わり方だったと思います^^死神がミュージック好きというところもいいキャラでした。伊坂さんの映画はギャング〜とアヒル〜は見ましたが、ギャングはあまり^^;アヒル〜は落ちがわかってるのでアレですが、それでもなかなか楽しめましたよ☆TBさせてください☆

2008/8/14(木) 午後 8:12 チルネコ 返信する

顔アイコン

チルネコさん、コメント遅くなってスミマセン。
そうそういい意味での肩透かしでした。ミュージック好きって何となく親近感涌きますよね。
映画は未だに観てませんが今はテレビで早くやらないかなあ、と期待しています(笑)原作とは別物として観たほうが良さげですかね。。。
トラバありがとうございます!!

2008/8/22(金) 午前 11:44 [ テラ ] 返信する

はじめまして♪チルネコさんのところから飛んできた金平糖と申します。
本書は最高でした。作品中の短篇同士がリンクしているだけではなく、「魔王」で気になる登場をした千葉が主人公で「重力ピエロ」の春がでてきたりと、伊坂作品ならではの楽しみが満載でした。
特に最終章では鳥肌が立ってしまいました。
是非、トラバさせてください。

2008/9/7(日) 午後 5:02 金平糖 返信する

顔アイコン

金平糖さん、はじめまして。ご訪問、コメントにトラバまでして頂き、ありがとうございます!
リンクをイッパイ見つけているんですね〜、すごいです!
かなり忘れていますが(苦笑)再読しないといけませんね。
伊坂さんらしい味のある死神キャラは、また新たな作品で再開したいなあと、思います。
トラバありがとうございます!

2008/9/8(月) 午前 10:41 [ テラ ] 返信する

アバター

金平糖さんのところでテラさん発見!やってきましたww
これが、私の伊坂さんデビューだったんで、なんだか、今より楽しみ方が少なかったような気がしてますwwもったいない!
TBさせてくださいね♪

2008/9/9(火) 午後 10:02 チュウ 返信する

顔アイコン

チュウさん、これが伊坂さんデビューでしたかあ。思わぬところにリンクがあるので侮れませんよね(笑)
私はほぼ順番に読んでますが、リンクにはあまり気付いていないような気がしますねえ(苦笑)
死神のキャラ設定が伊坂さんらしくて秀逸だったですよね。
時間を作って再読したいとお思います。
トラバありがとうございました!

2008/9/10(水) 午前 7:56 [ テラ ] 返信する

こんにちは♪
古い、軽い記事を見つけられてしまいました。
初期は、書店で目についた本を買ったりしてたんです。現在は、現代作家はあんまり追いかけないようにしてます(笑)読むペースが早ければ伊坂さんもがしがし読みたいとこなんですが。
トラックバック返しさせてください♪

2008/9/12(金) 午後 1:39 [ ラガマフィン ] 返信する

顔アイコン

ラガマフィンさん、見つけちゃいました(笑)
古典を掘り起こしているラガマフィンさんにいつも感服しています。
私はそっち方面が弱いので感心するばかりです。わかるものがあればコメントさせて頂きますね。
トラバ、ありがとうございます!

2008/9/12(金) 午後 2:54 [ テラ ] 返信する

顔アイコン

わたしは原作信奉者、原作至上主義なので、やっぱり映画化されたものはあまり見ません。もし観るなら映画だけを楽しめるものがいいかな〜
この死神のキャラのようにちょっとずれた感じ…他人事には思えません(笑)。
トラバします☆

2008/12/18(木) 午前 7:18 ばんび 返信する

顔アイコン

ばんびさん、結局未だ映画を観ていないのですが、原作の記憶が薄くなってきているのでそろそろ観ても楽しめるかもしれないなと思ったりしますが、どうでしょう。

では、女性版の死神は、ばんびさんに決定ですね(笑)優しい判断をお願いしますよ!
トラバありがとうございます!

2008/12/18(木) 午後 5:03 [ テラ ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
伊坂さんの作品、はじめて読んでみました。
あっさりとしていましたが、読みやすかったです。
本の帯に映画化の情報が出ていたので、本を読んでいても
金城武のイメージが頭から離れませんでした(笑)
トラバさせてください☆

2009/2/15(日) 午後 9:31 LaND 返信する

顔アイコン

ワイズさん、伊坂さんの初読みがこの作品というのは、なかなかいい選択かもしれません。作品によっては合う合わないがはっきりしているようです。短編集だし、映画のイメージがあるとより頭に入りやすいかもしれませんね。そろそろテレビでやらないですかねえ(笑)
トラバありがとうございます!

2009/2/16(月) 午後 4:47 [ テラ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(8)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事