旨苦本舗

まあ、なんとかやってますよ

全体表示

[ リスト ]

14日目

朝、本日のフェリーは通常運航という事を知らされ、少し悲しい気持ちに
「また欠航したら、もう少し居られたのにねぇ」

俺とカトウさん、カワせ君は朝一のフェリーで稚内に戻る事に
ウチムラさんはこれから利尻に行くそうなので、1つ遅いのに乗るそうな

さて、出発
イメージ 1

ヘルパーさん、ホステラーさんに見送られる
ここのユースの入り口の坂は「見返り坂」という名前だ。何でかって言うと、出て行く人が何度も振り返るからなんだとか。
「いってらっしゃあああああああああああああい!!!!!」
見送られながら俺たちも
「せーの、まぁた来るぞおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!行ってきまああああああああああああす!」

何度と無く、そのやり取りを繰り返す
また、来るから・・・・
唇をかみ締めながら、何度も振り返り、叫ぶ

礼文の早朝の空気は涼しい。なんとなく、引き締る
イメージ 2
ここをすぎたら、また日本時間か・・・。来るときになくした「知性、教養、羞恥心」を回収する

ここから昨日カワセ君と歩いた山道を行き、港へ
大阪の旅人、Tanaさんも一緒に帰る仲間だ。彼は国外も回る猛者だ

港に着いたら、ユースの車が荷物を届けてくれた
チケットを買い、フェリーの出発を待つ
何かこう・・・寂しいな
イメージ 5

あー、隣の利尻がすげぇ綺麗・・・

フェリーに乗り込み、お別れの時間
桃岩名物、お見送りだ
ヘルパーとホステラーが船が見えなくなるまで見送ってくれる
イメージ 4


「いってらっしゃああああああああい!!!」
「また、くるからあああああああああ!!!」
「いってきまああああああああああああす!!」

よその観光客に写真を撮られまくったが、知らん
ぎんぎんぎらぎらと遠い世界にをみんなで歌ってわかれた
いやもう、少し泣きましたわ
本当に、感動して。また来るからな・・・(つω;`)

船の中でTanaさんのスペイン旅行の写真を見せてもらって、そのあとしばらく寝て稚内に到着
ロッカーから荷物を取り出し、バイクにくくりつける

そこでカトウさんとカワセくんがやってきた
「また、どこかで」
「気をつけてな」
「お元気で」

このシーンはなかなかに趣があったと思う。映画のワンシーンくらい。
俺はこの後、桃岩で一緒になった車椅子の人と稚内で会ったが、彼と交わした挨拶もまた、趣がね・・・
本当に、いいところだった・・・

ところで稚内に放置して4日たったバイク。こんな張り紙が
イメージ 6

誰か知らんが、ありがとう(´;ω;`)
ちなみにこの時点で、ナンバーを固定するボルトが脱落して、やむを得ず折った割り箸で固定していたのだ
助かった。このタイラップ、ありがたく使わせてもらいます・・・

そこで一つ思い出した。それは一昨年の事。日本縦断の最終目的地である宗谷岬に着いたとき、俺含む5人のチャリダーがそろった。そこ出会った人が「装備の固定がしたいが、程よい固定具が見当たらない」といっていた。
そこで俺が、タイラップを何本か分けてあげた思い出がある
それの関係はないんだろうが、「情けは人の為ならず」ってことを身に染みて実感したね・・・・ありがたい。

ここでホネ氏から電話がかかってきた。「おう、稚内に居るんだろ?俺も今ついた」
わかった、じゃあマップルの○−×のエリアにあるバイク屋で落ち合おう

この時点で走行距離が4000キロを大きく超えていたので、稚内のバイク屋でオイル交換
やっぱオイル交換したら違うね!これまでの突き上げてくるような振動が、なんかヌルヌルしたソフトなものに変わった・・・。適切な交換は必要だね!

と、ホネ氏がなかなか来ない。連絡してみたら、どうにも稚内の反対側まで行ってしまった模様。何とか軌道修正させて、みどり湯の手前のセイコマで落ち合う
俺はこれまで、旅先で大学の友人に会ったことがない
「よお、久しぶりだな・・・」
「よく来たな、ここまで・・・・」


二人で飯を食いつつ、初めての彼にこの先の宿泊ポイントを教える
「なあ、ラジペン。北海道で会った人と再会する事ってあるのかな?」
「あると思うよ、だって・・・」
「・・・あれ、農学君!?」
なんと、最高のタイミングでTanaさんがやってきた。かれはチャリダーで、みどり湯に泊まるらしい

「な、こんなもんだ」
「・・・・・」
納得できたかは知らんが、ここに来て初めてホネ氏と愛車公開だ!
イメージ 7

ホーネット250
これで奈良から2日で青森まで来たらしい・・・

「また、帰ったら飲もうぜ!」
「おうよ!」

友達とは一瞬の邂逅だったが、なんか落ち着いた

ここからはサロベツ原野を下る
イメージ 8
北海道を代表する直線道路だ

一昨年下ったときは途中で日が暮れた。しかも曇っていたもんだから、周囲の色がと、センターラインのと、アスファルトの灰色しかない世界で、精神的にきつかったなあ・・・・

とりあえず、旭川まで行く事に
予定が崩れたので、適当に行く先を決めるまでだ
イメージ 3

途中の道の駅で見つけた缶コーヒー
オリジナルだけ、北海道仕様らしい。北のジョージアと言えば「サントスプレミアム」だよね

この途中で、何か虫が首に当たった。いつもの事かと思い、スルーしていたのだが、服の中に入られたらしい。気持ち悪いので、叩いて外に出そうとしていたら、背中に回られた。出そうと思って叩いていたら、腰に激痛が

どうもこの虫は蜂だったらしい。急いでジャケットを脱いで、患部を見てみる。針は傷口をさするついでに抜いた。状況的にも動けないほどではない・・・。進むか・・・

腰をさすりながら、旭川へ向かう。ここで最後の道央レッドフラッグを手に入れた
途中のスーパーで、つまみとビールを仕入れ、西神楽公園へ。ここは無料のキャンプ場だ。3年前、初めて北海道に来たときに世話になった

しかし、盆をすぎたら静かなもんだ。俺を含めて4人しか居ない
日本1周のカブダーを捕まえて、少し話した。

福島は放射能が怖いから立ち寄らないらしい・・・・
ほほう、そこも行ってきて日本1周とか言ってる俺の立場は!?
なんて、思いながら寝る
テントで静かな日って、いつぶりだ・・・・

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

サロベツ原野のオロロライン・・・
これど北海道って感じですね〜
こうゆう北海道が好きです・・・(*^_^*)

2012/9/19(水) 午後 1:50 [ 白髪おやじ ] 返信する

顔アイコン

白髪おやじさん
こことエヌサカはわかりやすく北海道を体現しているかと
でも、行ってみるといろんな表情があるものですよ・・・

2012/9/19(水) 午後 3:14 らじぺん 返信する

他では「農学君」で通ってんだ(^▽^)
ホネ氏もさすがラジペン君の友達だけあってなかなか気合い入ってるようだね(笑)
蜂は・・・痛かったろう(^^;)

2012/10/15(月) 午後 9:04 雷電 返信する

顔アイコン

雷電さん
桃岩限定ですよ(笑)
STの集まりだと「ラヂペン」だったりしますが

ホネ君もなかなかなヤツですね。
ちなみに彼も無事生還したそうなんですが、未だに会っていないという(笑)

2012/10/15(月) 午後 11:39 らじぺん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事