メイド・イン・ジャパン!

記録保存→https://jpsakuraume.blog.fc2.com/

全体表示

[ リスト ]

 
 
 
植村隆
 
>池田信夫は、「慰安婦について調査委員会を設置せよ」において、金学順が日本政府に対する訴訟の原告として名乗りでた時は、「親に40円でキーセンに売られた」と訴状に書いていたのに、植村隆記者が「女子挺身隊の名で戦場に連行され、日本軍人相手に売春行為を強いられた朝鮮人従軍慰安婦のうち、一人が名乗り出た」と報じ、これが騒ぎの発端になったとして、これは誤報ではなく意図的な捏造であり、植村記者の妻は韓国人で義母が訴訟の原告団長だったので、義母の訴訟を有利にするために「日本軍の強制連行」という話にしたのだ、と批判している。
>なおその義母である梁順任(ヤンスニム、양순임)は裁判費用を詐取した件で韓国国内で摘発・立件されている。(2014年2月、証拠不十分で無罪。)
 
 
疑惑に対する植村本人の反応
>2014年1月発売の週刊文春では、「記者だったら、自分が書いた記事ぐらいきちんと説明してもらえませんか」という文春記者からの問いかけに対し植村はタクシーに走って乗りこみ、質問に答えることなく逃げたという。
>同年9月発売の週刊新潮では、記者の直接の取材要請に対し、「取材はお断りします。朝日に出ている通りです。広報を通してください」と取材を拒否している[35]。また、植村は産経新聞からの取材申し込みを拒否している。一方で、朝日新聞やニューヨークタイムスの紙上で「記事を捏造した事実は断じてない。」
>「(安倍首相ら国家主義的な政治家たちが)脅迫的な手法で歴史を否定しようとしている」「(右派が)われわれをいじめて黙らせようとしている」などの主張を行っている
 
 
 
12月23日
TBS
ニュース23
 
 
 
 
 
 
膳場
次は北海道の北星学園大学が従軍慰安婦問題の報道の関わった朝日新聞の元記者の講師を辞めさせるよう脅迫された問題です
大学側は来年度も講師の雇用を継続する事を発表しましたが、大学には再び抗議が相次いでいる事がわかりました
 
こうした中、この講師がテレビカメラの前で初めて家族にまで及ぶ卑劣な脅迫行為の実態を訴えました
 
 
イメージ 1
 
 

ナレ
大学での雇用の継続が決まった、朝日新聞元記者で現在北星学園大学で非常勤講師をしている植村隆氏は
初めてカメラの前でその思いを語った
 
イメージ 2

 
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

植村氏は朝日新聞社の記者だった1991年、元慰安婦だとする韓国人女性の証言を他のメディアに先駆けて報じた
 
イメージ 6
 
この記事について捏造だとする週刊誌の報道が今年1月にあり、それをきっかけに大学側への脅迫が始まったという
 
イメージ 7
 
 
ナレ(男)
すぐに辞めさせろ
イメージ 8
イメージ 9

やらないのであれば天誅として学生を痛めつけてやる
 
イメージ 10

脅迫の内容は学生や植村氏本人に止まらず家族にまで及んだ
 
イメージ 11

植村氏の高校生の長女の写真までがネット上に晒されたのだ
 
イメージ 12
イメージ 13
 
植村
全く関係のない娘にね、そういうふうな娘のことが晒されて
誹謗中傷の言葉が毎日増えていくんですよ
 
イメージ 14
イメージ 15

こいつの父親のせいでどれだけの日本人が苦労したことか
自殺するまで追い込むしかないとかですね
 
イメージ 16
イメージ 17

父親として本当につらかったです
 
イメージ 18

植村氏は去年12月、神戸松陰女子学院大学の教授になる事が内定した為
朝日新聞社を早期退職することになった
しかし週刊誌報道がきっかけで、大学側に抗議の電話やメールが殺到
大学から契約解消を要求され、今年3月に採用が取り消された
 
イメージ 19

更に非常勤講師として勤務している、北星学園大学にも脅迫や抗議が相次いだ

こうした中、北星学園大学は学生の安全や警備の負担が重い事などを理由に
植村氏との契約を打ち切る方向で検討していた
 
 
 
しかし
 
イメージ 21
イメージ 22
イメージ 23

大学教授や弁護士らが植村氏や大学を支援する為の団体を発足した
更に脅迫文が届いた事件について、全国の弁護士380人が札幌地検に異例の刑事告発をした
 
イメージ 20

そして
 
今月17日、学長が記者会見を開き来年度も植村氏の雇用を継続する事を発表した
 
 
イメージ 24
イメージ 25
イメージ 26
 
 
ところがその日から、大学側には再び抗議が相次いだのだ

4日間で電話での抗議は120件以上、メールを合わせると更に多数に上るという
 
イメージ 27
 
この日、植村氏は支援団体が主催するシンポジュームで講演し
元慰安婦だとする証言を伝える記事について、こう話した
 
イメージ 28
イメージ 29
イメージ 30
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 34
イメージ 33

朝日新聞社は今朝の朝刊で、元慰安婦だとする証言を伝える植村氏の記事の前文の一部については誤りとして訂正した
 
イメージ 35
 
大学への脅迫行為について専門家は、一つの大学の問題にとどまらず
言論の自由や大学の自治に関わる問題だと指摘する
 
 
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
イメージ 39
イメージ 40
イメージ 41
 

膳場
はい、植村元記者への脅迫っていうのはとても卑劣なものでしたしね
大学への抗議が今も続いているっていうのは大変残念ですね
 
イメージ 42
 
 
岸井
ほんと残念です、その通りですよね
ただ、大学がね雇用の継続を決めたって事は当然とはいいながら
とてもよかったと思うんですよね

(膳場:はい)

暴力によって言論を封殺して大学の自治を脅かすって
これ絶対に許しちゃいけないことですからね
 
イメージ 43

それから気になるのは、この一連の圧力の背景に
歴史の事実とかそういうものを変えようとする、そういう勢力がバックにいるっていう
そこが非常に気になるところですけどね
そういう問題っていうのは、とにかく徹底的に言論の場で協議する
或いは議論すべき事で、一大学の問題じゃないですね
社会全体でこれからも向き合っていく問題だろうと私は思いますよね
 
 
 
↓また朝日新聞が記事を取り消したよ↓
 
NEWS!
 
 
朝日、「慰安婦」記事2本取り消し…計18本に
 
>朝日新聞社は23日朝刊で、同社のいわゆる従軍慰安婦報道を検証する第三者委員会の報告書と独自の検討結果を踏まえ、新たに記事2本の全文または一部を取り消した。
 
>これで取り消しの対象記事は計18本となった。また、この18本に加え、別の3本の記事についても過去記事を閲覧できるデータベースに「おことわり」を入れて訂正するなどとし、改めて読者に謝罪した。
 
>朝日が新たに取り消したのは、1980年3月7日朝刊(川崎・横浜東部版)の「連載 韓国・朝鮮人2〈27〉」の全文と、84年1月17日夕刊(大阪本社版)の「連載 うずく傷跡 朝鮮人強制連行の現在〈1〉」のうち、朝鮮人女性を強制連行したと証言した吉田清治氏(故人)に関する記述。
 
>80年の記事では、吉田氏について「朝鮮半島に出かけ、“朝鮮人狩り”に携わった」などと記していたが、「研究者らへの取材などから虚偽と判断した」としている。
 
 
 
 


 
 
 
12月22日
テレ朝
報道ステーション
 
 
 
「編集に経営が過剰に介入」
朝日慰安婦報道で報告書
 
 
 
古館
この事を通じてやはり、自分はどうあるべきなのかっていう事を当然考える訳ですよ
ま、これで思うことは本当に人間は、間違いを犯すんだっていう事
 
イメージ 44
 
 
これを前提にして、間違いを犯した時素早くどう対応するかが、非常に問題であり
 
イメージ 45

そこが一番肝心な所だっていう事を痛感する次第です

次、参ります
 
イメージ 46
 
 
植村氏に対するお言葉かしら(笑)
 
32年間発行停止後に出直せばいいと思うわ
 
 
 
イメージ 47
 
みんなで情報を共有しよう!
【反日・捏造】 朝日新聞を許さない奥様 ★10(c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/ms/1417526954/

閉じる コメント(2)

こんばんは。
植村元記者も、証人喚問するべきです。
岸井さん、頑張るな〜。

2014/12/24(水) 午後 6:41 [ naruchan6612 ] 返信する

顔アイコン

北星学園大学は、何かおかしいみたいですよ。


【拡散】植村隆の雇用継続を決めた反日大学・北星学園に電凸してみた結果が 酷 す ぎ た !!! - 中国・韓国・在日崩壊ニュース http://www.news-us.jp/article/41114681.html… @NewsUs1さんから

ナイス・ツイート!

2014/12/24(水) 午後 9:52 まお 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事