歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]

 航空業界に関する「マジもんの怪談」を2つばかり・・・・・・(絶句)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

          機内のアルコール類サービスの提供禁止を検討、ロシア

          2007.02.16 Web posted at: 19:13 JST- CNN/AP

モスクワ――乗客による飲酒がらみの騒動が多いことから、ロシア内務省当局者は15日、民間航空便でアルコール類の機内提供を禁止する措置を検討していることを明らかにした。タス通信が報じた。


搭乗前に酔っ払い、離陸が遅れるなどの弊害も出ているという。最近のモスクワ発タイ・バンコク行き便では、酩酊(めいてい)状態の乗客グループが機内で喫煙、乗務員と対決するなどの不祥事が起き、出発が10時間遅れる羽目にもなった。


問題の乗客は機外に出されたが、所有の荷物引き出しなどで時間がかかった。


内務省当局者は、禁止が実施された場合、ビールも含まれるのかには触れなかった。ただ、空港施設での飲酒も禁止にならないことを示唆した。


ロシアではアルコール依存症が大きな問題になっている。(CNNより抜粋)


英会話能力の欠如で外国人操縦士の多数解雇、インド

2007.02.16 Web posted at: 17:22 JST- CNN/REUTERS

ニューデリー――インドの民間航空行政当局者は15日、「英会話能力の欠如」を理由に、民間航空会社が雇った外国人操縦士少なくとも20人を昨年、解雇させた、と述べた。インドは航空自由化で新たな航空会社が多数誕生、各社が外国人操縦士を争って雇用していることが背景にある。


これら操縦士は現在、数百人規模ともされる。解雇されたのは旧ソ連圏や東欧諸国のパイロットが目立つ。インドでは最近、航空機同士の異常接近が多数報告され、地元メディアは外国人パイロットと管制官の交信上の誤解が大きな原因とも報じている。


インドの輸送乗客数は2009年まで年間19%の割合で伸びると予想されている。これに伴い、国内線だけでも400機が新たに必要との計算もある。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「運賃の安さ」は「命の値段の安さ」ってか・・・・・(驚愕)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

何十回もSU(アエロフロート)でヨーロッパと往復しました。1960年代から1970年代です。当時、食事の際、食器が良く洗ってなかったり、IL62の頭上のラックに荷物を載せたままの乗客を見て見ぬ振りをして離陸の際にそれが落ちてきたりで、不愉快でしたね。でも機内で酔っ払いは見ませんでした。

2007/2/17(土) 午前 4:43 憲坊法師 返信する

顔アイコン

ソ連時代でそれですか、社会主義はダメですね・・・

2007/2/17(土) 午後 7:34 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

先日、NHKでもやってましたが、インドネシアやタイ・フィリピンその他東南アジアでも賃金が安い方の国の操縦士がインドから引き抜きにあっています。まがいなりにも英語がそれなりに存在する国々ですから東欧諸国よりは会話能力がかなりましな操縦士だと思います。拝

2007/6/21(木) 午後 4:40 @ 東 南 返信する

顔アイコン

でも「管制官がインド訛り丸出し」だと苦労しそうですね・・

2007/6/21(木) 午後 4:55 [ tero19632001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事