歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]

 実効性のないクラスター爆弾規制の次は、貿易&歴史問題と並ぶカツアゲネタの定番である、捕鯨問題が再燃ですか・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           国際捕鯨委員会、日本の提案に各国から矛先

        2007.05.29 Web posted at: 12:31 JST- CNN/REUTERS

米アラスカ州アンカレジ──国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会が28日に当地で開幕した。日本は沿岸地域の捕鯨を限定的に認める案を提示する予定だが、各国は反対の意向にある。


オーストラリアなど各国は、日本の提案が商業捕鯨再開の抜け道になるとの懸念を表明した。同国やニュージーランド、英国、ブラジル、アルゼンチン、ドイツは、日本がザトウクジラ50頭を捕獲する来年の調査捕鯨計画で譲歩したとしても、「取り引き」には応じないとしている。


日本の提案は、先住民捕鯨の捕獲枠を利用し沿岸4カ所にミンククジラ捕獲を認める内容で、29日に提示される予定。調査捕鯨の捕獲数を削減するため、捕獲総数の純増にはつながらないと主張している。日本はまた、南極海でのザトウクジラ捕獲案について、対話に応じる姿勢を示している。


オーストラリアとニュージーランドは、日本にザトウクジラ捕獲案の白紙撤回を要求。沿岸捕鯨問題で譲歩しない方針を明言した。


議長国の米国にとっては、アラスカ先住民の捕獲枠(年間セミクジラ41頭)の延長が最大の焦点。日本は延長を支持している。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本人は外交交渉にて「決裂&孤立」を恐れる傾向がございますが、わが心の師匠ではありませんが外交交渉では決裂&孤立はつき物で、むしろドシドシ反論する方が却って孤立せずなんですからね。ここが踏ん張りどころですよ、外務省さん・・・

 それは兎も角、世界的な食料争奪戦が繰り広げられる昨今において、鯨肉の活用は漁業資源保護&新たなる食肉供給源として有効なのではないでしょうか・・・


 追伸・クラスター爆弾に関しまして、清谷信一さんも記事を書いてましたのでご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

             

              クラスター爆弾は我が国に必要か。



 「クラスター爆弾は防衛に必要」 空幕長が明言



 防衛相やら空幕長が「クラスター爆弾は我が国に必要」と述べています。

 毎日新聞によると「クラスター爆弾禁止リマ会議」において、このような日本の態度に非難が続出で我が国が孤立するとの報道がなされています。

 これはいささか報道の仕方がナイーブすぎるでしょう。この手の会議はまず主張ありきで、シャンシャンで終わりはしません。
 
 オタワ条約の時と同じです。当時も日本が対人地雷廃棄に消極的だとメディアや「市民活動家」の方々が非難しておりました。日本は孤立すると。

 ですが、戦後我が国の地雷で死亡した人間がおりましたでしょうか。我が国は一発の地雷も輸出しておらず、自衛隊が戦闘でこれまた一発の地雷も使用したことがありません。 
   
 たいていの場合地雷の被害は、中国とかユーゴとか、ロシア、イタリアなどが輸出あるいは、外征的な戦闘でばらまいたものが災いの元となっているわけです。

 地雷が必要か否かは、国情によっても違います。
 フィンランドはロシアをまったく信用しておりませんから廃棄に反対しました。これは過去の歴史をみれば同国の主張はリーズナブルな主張でしょう。アフガンやアンゴラとは違います。

 ですからぼくは、地雷に関しては各国の保有の破棄をするより、輸出を規制するほうが先であると申し上げてきました。
 
 現実どうでしょう。オタワ条約が一定の成果があったことは認めましょう。ですが、我が国対人地雷を破棄する前も破棄した後も被害者はゼロです。ところが中国は条約を批准せず、未だに輸出を続けております。
 つまり一番悪い奴は放置されておるわけです。

 我が国は南北に細長く、縦深性がありません。しかも人口の7割が沿岸部の大都市に集中しています。つまり内陸に上陸した敵を誘い込み、殲滅するとった戦略はとれません。
 即ち、敵が上陸してくるといった事態はこりゃ、「皇国の興廃この一戦にあり」てなのっぴきならない状態です。

 また多数の離島を抱えており、僻地の島に外国の軍隊が上陸してきた際、速やかに排除するためにはクラスター爆弾は有用な手段となります。

 相手を誘い込んで殲滅できるほど国土の広い中国やら、同じ島国でも周囲はがっちり同盟国に守られて戦争はもっぱら遠い外国でばかりといった英国なんぞとは国情が違います。
 
 既に対人地雷は廃棄しました。この上水際で敵の上陸を阻止するのに有効なクラスター爆弾を自ら放棄するというのは軍事的な整合性からすると愚かな選択です。

毎日新聞では、
同会議に出席していた英国のエルトン上院議員は「日本国内で使えば市民の犠牲は免れない。軍の論理より民間人への犠牲を最大に配慮すべきだ」と疑問を呈した。また非政府組織(NGO)の連合体「クラスター爆弾連合」のコーディネーター、トーマス・ナッシュ氏は「信じがたい発言。日本を占領できるほど軍事力を持つ敵だったら、クラスター爆弾程度で撃退できるわけがない」と語った。

 と報じていますが、英国が賛同しているのは不発率の高い旧式の廃棄ことだけです。クラスター爆弾自体を廃棄する訳じゃあない。各国が既存を破棄して、新型を求めるだろうから在庫一斉処分で、新たな需要が見込めるだろう、ぐらいにしか考えていませんて。彼らは。
 
 サウジにユーロファイター採用の際にBAEシステムズが賄賂を使った疑いがあると問題になっても、サウジから「賄賂に関する捜査をするならユーロファイター買うのを止める」と恫喝されてダンマリを決め込む国です。
 つまり、兵器の利益(まあサウジとの外交関係も含めてですが)を、不正の摘発よりも重視する国なわけです。騙されてはいけません。

 こういう偽善ぶったインチキは英国人の得意とすることです。アフリカの債務帳消し運動なんぞも同類です。

 我が国の代表はならば英国がインドやパキスタンといった対立している双方に兵器を売る、あるいはサウジなど独裁的な国家に兵器を売りつける「死の商人のような真似を止めろ。それからそんなことを言うとユーロファイターをFXの候補から外すぞ、今後英国からの兵器は輸入しないぞ」と言ってやれば宜しい。

 NGOの方々はクラスター爆弾の脅威に比べれば、チベットみたいに有無を言わさず占領されて何世代にわたって、自由と固有の文化を取り上げられ、女は不妊手術を強制され、そいつに意義を唱えると投獄されたり、暗殺されたりというすることは些細なことなのでしょう。

 彼らの戯言はいつもことですが、彼らに対しては「日本のクラスター爆弾で死んだ人間が今まで一人もいますか。その我が国を非難する前に、世界の紛争地に兵器を売りまくっている中国やその他の輸出国に規制を掛けるほうが先でしょう」とでも反論すべきです。
 大体だれが、国連の平和維持活動のスポンサーだと思っているのでしょうか。そもそも中国やらアメリカやらがくだらん兵器を売りけて起こした紛争のケツ拭きの金をだしているのは我が国です。
 
 こういう会議は国益がぶつかる場所ですから、安直に局所をフレームアップして日本が孤立(日本のメディアはホントにこのフレーズが好きですですな)するなど報じるのを止めて欲しいものです。あまり新聞は自分たちの「願望」を客観報道に入れない方が宜しい、とあたしゃ思います。

 輸出も実戦で使用していない日本が孤立し、実際に使ったり輸出をしている中国やロシアが「孤立」しないとは不思議な話です。
 
 政府も政府で、もっと上手く立ち回る必要があるでしょう。こういうときは兵器の輸出国を叩くのが一番です。(魁!清谷防衛経済研究所より抜粋)

閉じる コメント(11)

捕鯨反対も鯨の数とか全く把握せずに闇雲に捕鯨に反対し、船を燃やすなどの暴挙に出てるようですね。
清谷信一さんの主張はまさに正論です。

2007/5/30(水) 午前 2:18 coffee

傑作です○
TBありがとうございました。

2007/5/30(水) 午前 2:18 coffee

顔アイコン

お恥ずかしゅうございます・・・

2007/5/30(水) 午後 2:19 [ tero19632001 ]

顔アイコン

クラスター爆弾について日本のマスコミは、核兵器に順ずるような凶悪な特殊兵器であるかのように報道しています。そのように信じ込まされている日本人も多くなりました。また、日本と米国だけがクラスターに執着しているかのような報道が行われています。クラスター禁止の国際会議には、日本の仮想敵国である中国は最初から参加もしていないのに、このような偏った報道をしています。じつにけしからん事です。ミケ

2007/6/9(土) 午前 8:27 yan*na*tya*yo

顔アイコン

『国際社会』なるもののいかがわしさがよく分かりますね・・

2007/6/9(土) 午後 7:18 [ tero19632001 ]

顔アイコン

国際社会のいかがわしさについて、学校でもっと教えなければなりません。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して」という日本国憲法前文に書いてあることが既にウソなのです。

国連幻想もその一つです、国際社会について、学校ではウソばかり教えていることになります。

学校を卒業して社会に出ると、今度はマスコミが同じウソを繰り返し吹き込む仕組みになっています。

国際社会がいかがわしいのは、昔から変わっていません。日本が戦争に負けたとたん、日本以外の国は、善意にあふれる「平和を愛する諸国民」に突然変異したと、考える方が異常です。ミケ

2007/6/10(日) 午後 8:36 yan*na*tya*yo

顔アイコン

追伸です。私も傑作ボタンを押させて頂きました。ミケ

2007/6/10(日) 午後 8:37 yan*na*tya*yo

新しい記事を作ってます。
TBありがとうございました。

2007/6/11(月) 午前 4:15 coffee

顔アイコン

こちらこそありがとうございます・・

2007/6/11(月) 午後 4:14 [ tero19632001 ]

この記事はジックリ読むと非常に説得力がありますね。
特に、

>ところが中国は条約を批准せず、未だに輸出を続けております。
つまり一番悪い奴は放置されておるわけです。

我が国は南北に細長く、縦深性がありません。しかも人口の7割が沿岸部の大都市に集中しています。つまり内陸に上陸した敵を誘い込み、殲滅するとった戦略はとれません。
即ち、敵が上陸してくるといった事態はこりゃ、「皇国の興廃この一戦にあり」てなのっぴきならない状態です。

また多数の離島を抱えており、僻地の島に外国の軍隊が上陸してきた際、速やかに排除するためにはクラスター爆弾は有用な手段となります。

相手を誘い込んで殲滅できるほど国土の広い中国やら、同じ島国でも周囲はがっちり同盟国に守られて戦争はもっぱら遠い外国でばかりといった英国なんぞとは国情が違います。

既に対人地雷は廃棄しました。この上水際で敵の上陸を阻止するのに有効なクラスター爆弾を自ら放棄するというのは軍事的な整合性からすると愚かな選択です。



この部分説得力あります。

2007/6/12(火) 午後 11:24 coffee

顔アイコン

結局「EUの精神的自慰」でしかないのか・・

2007/6/13(水) 午後 3:33 [ tero19632001 ]

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事