歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]

 ふ〜ん、つまりこの記事は「龍馬の目指したものは『まったくの無駄だった』」って事が言いたいのでしょうか?(憤然)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                 坂本龍馬が目指した「抑止力」

                 2010年05月14日(金)16時38分

 連休中長崎を旅行したら、空港は龍馬人気にあやかった「龍馬定食」や「龍馬カステラ」といった関連商品であふれていた。

 沖縄の米軍普天間基地の移設問題を含め、民主党政権の外交姿勢が問われているこの時期に、明治維新に活躍した坂本龍馬が脚光をあびているのはちょっと面白い。

 5月2日に放送されたNHKの大河ドラマ『龍馬伝』の第18回「海軍を作ろう」で龍馬は、幕府の海軍塾を開いた勝海舟にこんなことを言っている。「西洋に負けない強い海軍を作れば、日本が攻められることはない。戦争をしなくても日本を守ることができる」 要するに海軍が「抑止力」になるという見方だ。

 当時、イギリスをはじめとする西洋諸国がアジアに進出していたことを考えれば、龍馬が抑止力として海軍の増強を目指したことはうなずける。その後日本は、西洋に追いつけ追い越せと「富国強兵」の道を歩んだ。龍馬の海援隊を引き継いだ帝国海軍は、維新から数十年後の日清戦争、日露戦争の時代にはもう「抑止力」とは呼べないだろう。

 鳩山首相の「抑止力」発言が波紋を呼んでいる。沖縄の米軍普天間飛行場の移設問題で、今月に入って「海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊が)連携して抑止力を維持していることが分かった」と語り、「今更そんなことを」と批判されている。

 沖縄の米軍基地は何のための「抑止力」なのか。朝鮮半島、台湾海峡の有事にどんな役割を果たすのか。なぜ沖縄になくてはならないのか。これまでうやむやだった問題を議論するいい機会かもしれない。ただ国民がそれを咀嚼して受け入れるには、5月中のタイムリミットは短すぎる。(ニューズウィークより抜粋)


 追伸・龍馬さんも『やるときは直江の兼ちゃん並みに「血まみれになる」覚悟があった』ようで、これこそ今の政治家に・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     龍馬 決死の手紙草案見つかる…後藤象二郎あて 大政奉還前日 覚悟迫る


幕末の志士・坂本龍馬が、土佐藩重臣の後藤象二郎にあてた手紙の草案が、高知県いの町の民家で見つかり、県立坂本龍馬記念館が15日、確認した。大政奉還を15代将軍徳川慶喜に迫るため、京都・二条城へ向かう後藤に対し、「地下ニ御面会仕(つかまつり)候」(墓の下で会いましょう)と自らの死の覚悟まで示して激励する内容。後藤に渡った手紙そのものは行方不明のままで、写真しか残っていなかった。同館は「大政奉還の原案を考え、時代を動かそうとする龍馬の覚悟と緊張が伝わる第一級の資料」と評価している。

 手紙は縦20センチ、横78センチで、大政奉還前日の慶応3年(1867年)10月13日付。大政奉還に失敗した場合、後藤も生きては帰れないとしたうえで、「海援隊一手を以(もっ)て大樹(将軍)参内の道路ニ待受(まちう)ケ」と、自分も(将軍襲撃のため)海援隊を率いる覚悟であることを記した内容。

 さらに、二条城での議論の目的は大政奉還の一点のみと明確に指摘。「先生一身失策の為に天下の大機会を失(しっ)せバ」と、失敗すれば先生(後藤)の罪は許されず、薩長から責められると緊迫した情勢をつづっている。ただ、「先生」を「生生」と書き損じていた。

 龍馬の直筆で「参政(後藤)が登城するときに渡した手紙の草案なので、見てください」と、後藤に渡った手紙にはない説明が加えられており、別の親しい人物に送ったらしい。持ち主の南道(おさむ)さん(86)によると、旧中山村(現・同県安田町)の村長だった祖父が譲り受けたといい、近くに龍馬の親類がいたため、同館はその親類に送られた可能性もあるとみている。後藤は龍馬の大政奉還の考えを取り上げ、建白書として慶喜に提出。慶喜は後藤ら40藩の重臣を集めて意見を聞き、朝廷に政権返上を申し出た。

 手紙は7月17日からの同館企画展で展示する予定。

 龍馬の手紙に詳しい宮川禎一・京都国立博物館考古室長の話「龍馬が歴史を動かした瞬間を記したともいえ、本人もその重大性を分かっていて、控えを残したのだろう」(読売より抜粋)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

抑止力と言うのは理論よりも軍事と外交による実践によるところが大きい訳で、議論で見えてくるものってそう明確だとは思えませんが・・・

2010/5/24(月) 午後 8:02 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

ええ、ニュースウィークは基本的に「イイ記事」も結構あるのですが、こういう「リベラルの理屈倒れ」みたいな記事も結構・・

結局、軍事&外交は「堅気でなく極道の論理」で動いてるのですから、其処の部分を判ってないと・・

2010/5/24(月) 午後 8:10 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

直江兼続も大河ドラマ『天地人』では「愛と義に生きた武将」にされてしまいましたからね・・・NHK史観を勝手に投影して、英雄たちを軟弱で女々しい「平和主義者」に改変するのはやめてほしいです・・・

http://akira848.cocolog-nifty.com/nikki/2009/04/post-b613.html

2010/6/16(水) 午後 9:49 yjisan 返信する

顔アイコン

ええ、龍馬&海舟の「海軍力=抑止力」を言ってくれたのは良かったですが、其処までとも言えるわけでして・・

2010/6/17(木) 午前 7:29 [ tero19632001 ] 返信する

竜馬が海援隊で将軍を襲うと述べたように、いざという時には使うから「抑止力」なのであって、「決して抜くことがない刀」では抑止力にはならないわけです。

大河ドラマ龍馬伝の龍馬も「専守防衛」論者のように描かれていて、それが不満です。

2010/6/17(木) 午後 5:49 yjisan 返信する

顔アイコン

案外みんな忘れてますが、龍馬は四境戦争で「艦隊を率いて幕府艦隊と交戦&小倉城攻略を支援」してますし、案外「坂本龍馬提督」の可能性もあったのでは?

2010/6/17(木) 午後 7:55 [ tero19632001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事