歴史好きのダボラ吹き

まさかの「トランプ政権誕生」が「日本の真の独立達成」に資する事を願って止みません・・

全体表示

[ リスト ]

 このブログのご覧の皆様が、よく「日本の言論の自由は『本当の事を言ってはいけない』」と書き込みされてますが、それは日本だけじゃなかった様で・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ドイツ大統領が辞任、海外派兵発言で批判浴び

ベルリン(CNN) ドイツのホルスト・ケーラー大統領(67)が5月31日、突然の辞任を表明した。大統領は、世界におけるドイツ軍の役割に関する発言で強い批判を浴びていた。


公共放送ドイツェベレによると、大統領が任期途中で辞任するのは同国史上初めて。夫人を伴って記者会見したケーラー大統領は「連邦大統領職を即日辞任する」と表明、このもようはテレビでも中継された。


ケーラー大統領はアフガニスタン訪問を終えて帰国した5月22日に「有事の際はわれわれの利益を守るために軍事介入も必要になる。例えば自由な貿易路のため、貿易、雇用、収益におけるわれわれの機会に悪影響を及ぼしている可能性がある地域的不安定要因を防ぐことなどだ」と発言した。


この発言をめぐり、アフガニスタンでのドイツの役割には北大西洋条約機構(NATO)加盟国としての義務を果たすことよりも、自国の利益を守るための経済的目的があることをうかがわせるとして批判が高まっていた。ドイツはアフガニスタン駐留NATO軍に約4500人の部隊を派遣している。


大統領は後に、発言の意図が誤解されていると反論、例えばアデン湾の航路を海賊から守るといったことを念頭に置いたものであり、アフガニスタンにおけるドイツの役割について言及したわけではないと釈明している。


発表の直前になって辞任のことを聞かされたというメルケル首相はイタリア訪問の予定を急きょ中止。ベルリンで開いた記者会見で、大統領の決断に驚いたと述べ、「非常に残念に思う。大統領には辞意を尊重すると伝えた」と語った。翻意を促したが説得できなかったとも打ち明けた。


ケーラー氏は国際通貨基金(IMF)の元専務理事。2004年の大統領選挙で選出され、09年に再選された。ドイツの大統領はほとんど象徴的な存在で、実権は首相が握っている。後任を選ぶ大統領選挙は6月30日までに実施される。選挙は有権者の投票ではなく、下院議員による連邦会議の秘密投票で行われる。(CNNより抜粋)



戦闘を渋りNATO軍のお荷物に

 米英軍やNATO軍は、ドイツが戦闘への参加を渋り、戦略地政学上の役割を果たしていないことに憤慨している。「NATO軍が機能しておらず、その大きな原因はドイツだという空気が広がっている」と、ロンドンのシンクタンク欧州改革研究所のチャールズ・グラント所長は言う。

 ドイツ治安当局のある高官は、総選挙が終われば米政府とNATOから、「戦える」部隊の増派を求められるだろうと語る。NATO内には、ドイツを抜きにして(イタリアなど基本的に戦闘に参加しない国々も外して)、軍事的リスクを引き受ける国だけで新しい枠組みを築けないかという議論がある。引いては欧米の治安に関するドイツの発言力を減じようというのだ。

 渋々ながら要求に応じる姿勢は見せているが、ドイツ軍の装備不足は深刻だ。国防費はGDP(国内総生産)の1・1%。フランスは2・0%、イギリスは2・3%、アメリカは5%(イラクとアフガニスタンの軍事費を含む)だ。

 軍の規模は25万人とフランスに続きヨーロッパで2番目に大きいが、国外に展開しているのは平和維持部隊を含めて計7500人。今のドイツには、これがほぼ限界だ。国外の戦闘に対応できる兵士はごく一部で、大多数は徴集兵で9カ月しか従軍しないため基礎訓練もおぼつかない。

 将官200人のうち実戦かそれに近い経験があるのは一握りだ。近代的なヘリコプターや無人航空機、21世紀の戦闘で通用する通信装備の調達は遅々として進まない。

 4200人のアフガニスタン駐留軍全体でヘリコプターは8機しかなく、常に数機が使用できない状態だ。そのため補給も援軍もおぼつかず、兵士の大半は日が暮れると基地に帰還する。

 実際、ドイツのアフガニスタン政策はいつ破綻してもおかしくない状況をつくってきた。足かせをはめられた軍はますます危険にさらされ、戦争とドイツの国際責任をめぐる国内の議論は不誠実で、有権者は自分たちの国が外国で戦っている理由が分からない。

 そして総選挙が目前に迫ったこの時期、その矛盾が一気に噴出した。問題は選挙後にドイツの指導者たちがどう対応するかだ。「戦争」を禁句にしたまま議論を封じるのか。それともつらい選択をして、有権者の支持を得られないときもあるだろうが、ドイツを「普通の国」に戻すのか。(ニューズウィーク・「戦争を語れる「普通の国」へ」より抜粋)

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ドイツも日本と変わらない状況ですか・・・

2010/6/1(火) 午前 6:55 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

自分も、朝一番でこのニュース見て呆れ返りの介状態・・

もうちょっと欧州は「現実を見てる」と思ってたのですが、20年も平和が続けば、あっという間に日本並み?

2010/6/1(火) 午前 7:04 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

やっぱり平和が長続きすると、人間は緊張感の欠如からバカになる良い見本?

2010/8/22(日) 午後 0:57 憲坊法師 返信する

顔アイコン

同じ「左派政党」でも、ブラント・シュミット・シュレーダーを出したSPDと民主党は月とスッポン・・

まあ、「目くそ鼻くそ」も言いますが、ねえ?

2010/8/22(日) 午後 7:39 [ tero19632001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事