歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    中国の新兵器により威力を失うF-35 米軍は調達削減か 発信時間: 2010-07-05 14:09:09

米メディアによると、オバマ政権はF35戦闘機2500機の調達計画を見直す考えだ。中国など米国の潜在的ライバルのレーダーや対空ミサイル分野での驚異的な進歩を受け、今後10年でF35を配備しても、90年代の設計当初のように「重大な価値を有する」かどうかを再検討する必要に迫られたからだ。

米戦略予算評価センター(CSBA)のクレピネビッチ所長は「F35の設計完成以来、世界は大きく変化した。中国など米国の潜在的ライバルの装備構成によって、米軍のその他の航空機、ミサイルシステム、武器プラットフォームが、いくつかの状況下では、高額なF35よりも有効になった」と指摘。その例として、ハイテクレーダーや地対空ミサイルなど中国が現在開発・整備中の先進兵器システムを挙げる。これらはF35にとって十分脅威なので、前方基地や空母から発進するF35は以前ほど役に立たない。国防総省はF35の調達数を思い切って削減し、浮いた予算を他の航空機やミサイルの調達に充てるべきか検討する必要があるというのだ。

クレピネビッチ所長は、こうした政策変更の有用性を指摘する。クレピネビッチ所長は米国防政策委員会の重要人物であるうえ、同委員会は多くの重要な問題について国防長官に直接提言を行うため、国防総省もクレピネビッチ所長の提言に非常に注目している。

F35はコストの肥大化とプロジェクトの遅れのため、米軍・政府双方にとって関心の焦点となっている。1機当たりの価格は4500万ドルから1億ドル以上へとつり上がり、海外の取引先の調達意向にも影響を与えている。だがゲーツ国防長官や国防総省の一部高官は、F35の直面する難題を解決し、最終的に計画通り調達することを希望している。(チャイナネットより抜粋)


日本の「準空母」、隣国のぎりぎりラインに挑戦 業界関係者は、日本の新しい「22DDH」型ヘリコプター搭載護衛艦の真の目的を中国に対する「対潜哨戒と海上封鎖」だと見ており、「日米戦略分業」や政治的制約などの要素を考慮したからこそ、日本はヘリコプター搭載護衛艦という折衷的な道を進むことになったのだとする声もある… 発信時間: 2010-07-02 17:06:07


日本の新しい「22DDH」型ヘリコプター搭載護衛艦の最大2.4万トンにも達する排水量と将来的にF-35戦闘機を搭載できる能力が、このほど日本メディアによって公表され、日本がその建造に力を注いでいる「準空母」は再び注目を集めている。



2009年、日本は2010年の国防予算に新しいヘリコプター搭載護衛艦建造を盛り込むことを決めた。「22DDH」と呼ばれる新護衛艦は完成すれば日本の海上自衛隊の旗艦となる。



「ひゅうが」型護衛艦

日本海上自衛隊にこれまで配備された「しらね」「おおすみ」「ひゅうが」から、日本のヘリコプター搭載護衛艦がどんどんその大きさを増しているのが分かる。全体的な設計も少しずつ空母に近づいている。「22DDH」の出現は、「日本的特色」を持つヘリコプター搭載護衛艦の成熟を意味している。


ここ数年、日本の海上自衛隊は「平和維持」や「米軍支援」を口実に海外に向かっている。「22DDH」というヘリコプター搭載護衛艦の立ち上げは、まさにその需要を体現している。「22DDH」は、日本陸上自衛隊員や車両を大量に輸送できるだけでなく、海上自衛隊の軍艦に燃料補給を行うことができ、その補給能力は専用補給艦の50%にもなるという。「22DDH」完成後、日本の海上における遠洋活動能力が大幅に強化されることは明らかである。


業界関係者は、「22DDH」の真の目的を中国に対する「対潜哨戒と海上封鎖」だと見ている。「日本の防衛事務官によれば、ヘリコプターは潜水艇を見つけることができるばかりか、対艦ミサイルの射程範囲の外から敵の戦艦を検知することができる。だからこそ、日本は大量のヘリを搭載できる大型の軍艦を必要としているのだ。」米国の『GlobalSecurity.org』掲載記事によれば、日本が以前「8・8艦隊」で備えたのは前ソ連の潜水艇だったが、今回は日増しに強大化する中国海軍への対応だという。

他国の軍艦、特に潜水艇が「列島線」を越える行動について、海上自衛隊はこれまで常に敏感に反応してきた。「22DDH」が配備されれば、長期的に「列島線」付近の重要水域を巡視し、大量の対潜哨戒ヘリを「長距離歩哨」として利用し、他国の潜水艇と軍艦の活動空間は更に縮小されるとするアナリストもいる。


「22DDH」の建造計画が公になり、外では、将来的に「22DDH」がF-35戦闘機を搭載し、日本が再び「空母の道」を行くきっかけになるのではないかとの憶測が飛び交っている。しかし、「日米相互防衛協定」体制の下では、短期的に見て日本が空母の夢を実現させることは難しく、F-35戦闘機を搭載すること自体、そんなに簡単にはいかないとの見方もある。

アジア太平洋地区では、やはり米国海軍が最大の力を持っており、その立体的な打撃能力を持つ空母と核潜水艇により完全に制海権を握っている。それに対し、日本の海上自衛隊の戦略は、大型のヘリ搭載護衛艦を中心とした、対潜哨戒とサポートに重きを置く「補助的戦力」である。米国が日本に対する力を「緩め」ない限り、この分業方式は今後も変わらず継続されるだろう。

この「日米戦略分業」や政治的制約などの要素を考慮したからこそ、日本はヘリコプター搭載護衛艦という折衷的な道を進むことになったのだとする声もある。だが、日本はここであきらめたわけはない。日本は「小さい歩幅で素早く」ヘリコプター搭載護衛艦を建造することで、東南アジアの隣国、更には米国の反応を探り、この「準空母」におけるぎりぎりのラインを見つけようとしているのである。(チャイナネットより抜粋)

閉じる コメント(6)

顔アイコン

まあ、チャイナネットの記者か翻訳のムチャクチャさ加減は置いといて・・・

F−35より、F−22の設計理念こそ今後の対中国には有効なのでは?
FB−22計画の復活とF−22増産が適当でしょう。
F35は米国の主力機としての価値自体が暴落しそう・・・

2010/7/6(火) 午後 8:30 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

ホント、半端なステルスで「武器搭載量が減少」するぐらいなら「既存攻撃機にフェライト塗料を塗りたぐり&ラプたん一本増産モード」の方が余程・・

2010/7/6(火) 午後 9:07 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

ジミーちゃん時代に生産中止の憂き目を見たB−1の再現希望

2010/7/6(火) 午後 9:11 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

大石英司さんのデビュー作に出てくる「B−1D」なら、B52はおろかB2なぞ「即刻お払い箱」だったのに・・

2010/7/6(火) 午後 9:25 [ tero19632001 ] 返信する

顔アイコン

心神の開発前倒しと同時に最新型エンジンのライセンスのハイブリッドでとりあえず的な奴を配備して脅威を与えておいて本命心神とF-Xを同時進行させるべきなんだがなぁ・・・。

2010/7/7(水) 午前 2:13 出雲守護 返信する

顔アイコン

エエ、そういう意味ではBAEの「ブラックボックス無しのライセンス生産&共同開発のオファー」はとてもとても・・

2010/7/7(水) 午前 6:52 [ tero19632001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事