歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]


 そういえば、ノルウェーでも「同様の『UFO騒動』があった」そうですが、双方とも「本当に『ミサイル実験』だった」のでしょうか?(ニヤリ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        新疆の住民がUFOを観測 専門家「米国の大陸間弾道ミサイル」

 6月30日の夜に新疆の上空を飛んでいった「未確認飛行物体」についての議論がここ数日、高まっている。新疆の天文学者が4日に述べたところによると、「未確認飛行物体」の正体は6月30日に米国が発射した大陸間弾道ミサイルだという。

 6月30日午後11時45分頃、烏魯木斉(ウルムチ)市の紅山停留所で空を指差す人々の姿を見かけた。指が示す方角を見ると、正体不明の光る円形の物体が後ろに長い扇形の白い光を伴いながらゆっくりと東の方へ飛んで行くのが見えた。

 「未確認飛行物体」は1日、インターネットで大きな論議をよんだ。烏魯木斉市、克拉瑪依百口泉、阿勒泰市でもこの飛行物体を目撃した人がいる。

 伊寧市の李峻さんはこの「未確認飛行物体」の撮影に成功した。李さんによると、車で清伊高速を走っている時に、長い光の尾を引く円形の「未確認飛行物体」を発見、空に留まっていた時間は短かったという。

 新疆天文学会の宋華剛秘書長によると、当該物体が「UFO」または未確認飛行物体である可能性はなく、実際は6月30日に米国が発射した大陸間弾道ミサイルで、新疆の一部では空中を飛行するミサイルが肉眼でも観察できたという。

 米軍は6月30日にカリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地から大陸間弾道ミサイルを発射し、7000キロ以上離れた目標に命中させている。

 このミサイルは現地時間6月30日未明3時40分(北京時間6月30日午後6時40)に発射され、大気圏外で太平洋を横断し、マーシャル群島付近の的に命中した。(朝日より抜粋)

閉じる コメント(4)

顔アイコン

どうやら、ソユーズだったようですね。

2010/7/9(金) 午後 3:03 [ ぬくぬく ]

顔アイコン

な〜る〜ほ〜ど〜♪

2010/7/9(金) 午後 7:30 [ tero19632001 ]

顔アイコン

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0709&f=national_0709_001.shtml

2010/7/9(金) 午後 8:25 [ ぬくぬく ]

顔アイコン

もしかして、あの「ドッキングに失敗」したやつでしょうか?

そうだとすれば、お騒がせ続きのミッションだったようで・・

2010/7/9(金) 午後 8:34 [ tero19632001 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事