歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]


 それこそ海自版「人殺し長屋(赤城さん)」「焼き鳥製造機(加賀さん)」な展開にでもなられたら目も当てられないわけでして、対応が急がれるのでは?(思案)

 追伸・大石様がそのネタに関して考察出していましたので、是非是非・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


     海上自衛隊の「空母」導入に手放しで賛同してよいのか


          3/1(木) 11:00配信 文春オンライン



 昨年末に報じられたニュースに、海上自衛隊のヘリ搭載型護衛艦(DDH)を改造し、空母として運用するというものがあった。2017年12月25日付の共同通信によれば、既に調達が決まっているF-35A戦闘機42機のうち、一部を垂直離着陸能力を持つF-35Bに変更し、改修したヘリ搭載型護衛艦に搭載するか、新規に強襲揚陸艦を建造して運用する案があるという。

.

「4年前の続き」としての空母改修報道

 しかし、この報道自体はそこまで新規性をともなったものではない。2014年2月1日付の時事通信で、中期防衛力整備計画(中期防)の最終年度である2018年度までに海上自衛隊が高い兵員輸送力と航空機運用能力を持つ強襲揚陸艦の導入を具体化するという話が出ているからだ。今回の空母改修も、次期中期防との絡みで出てきた話で、2014年の報道の延長線上にあるものだろう。そこに、F-35Bという要素が加わったのだ。

 過去にも自衛隊の空母導入構想はあったが、今回はその中でも最も実現性が高いものかもしれない。そこで本稿では、過去の自衛隊の空母保有構想を概観し、空母導入によるメリット・デメリットについて考えてみたいと思う。
.

海上自衛隊、長年の悲願

 海上自衛隊にとって、空母保有は長年の悲願だったと言えるかもしれない。設計段階から空母として建造された世界初の空母鳳翔を就役させ、第2次世界大戦では世界屈指の空母機動艦隊でアメリカと死闘を演じた日本海軍だったが、敗戦にともない跡形もなく解体された。

 だが、戦後の再軍備の際、日本の海上軍備再建のために旧海軍軍人らで構成された研究会は護衛空母4隻を再建案に盛り込んでいることからも、空母保有は海自誕生時からの悲願と言えるかもしれない。この再建案は沿岸警備隊に毛の生えた程度の規模を想定していたアメリカ側に拒絶されたが、これ以降も対潜水艦作戦を主眼においた護衛空母・対潜空母の取得構想が、様々なレベルで浮かんでは消えている。

 こうした海上自衛隊の空母保有構想は、1990年代に一つの転機が訪れる。空母の特徴である、艦首から艦尾までを飛行甲板とする全通甲板を採用した輸送艦おおすみの就役(1998年)がそれだ。おおすみ自体の航空機の運用能力はごく限られたものだが、全通甲板の採用は1980年代に配備されたDDH(はるな型・しらね型)の後継を意識したものだったと、元自衛艦隊司令官だった香田洋二氏は回想している。

 そして、その来るDDH後継だが、構想が明らかにされた2000年当初、防衛庁(当時)の発表では3つの案が示されていた。


第一に挙げられたのは後部甲板を飛行甲板とする従来のはるな型・しらね型と同じ案で、第二案は船体の中央に巨大な艦橋を置き、その前後に飛行甲板を置くという特異な形状だった。ヘリの運用からすれば微妙な案だが、防衛庁は次期DDHイメージ図としてこれを発表していた。

 一方で実際に後継・ひゅうが型(2009年就役)で採用された全通甲板は「第三案」として最後に載っていた。当時、朝日新聞編集委員だった田岡俊次氏は「計画が認められるまでは艦型もあいまいにしておく作戦」と推測していたが、そのように本命の全通甲板の採用をギリギリまで曖昧なものにしておこうという意図は、空母を想起する形状を早くから国民に開示することに慎重になっていたことを示している。

 おおすみ型以降、海上自衛隊は20年かけて全通甲板でのヘリ運用を経験し、「空母型」の全通甲板を有する艦艇を多数持つようになった。まさに海上自衛隊が創立以来の念願であり、周到に環境を整えてきた空母に手をつける瞬間が迫ってきたのかもしれない。
.

日本が空母を保有する意義とは

 では、海自の悲願であった空母保有により日本の防衛上、どんなメリットがあるのだろうか? 共同通信に続いて護衛艦の空母改修を報じた昨年12月26日付の読売新聞では、島嶼防衛を念頭に置いているとされている。

 空母は航空機の運用プラットフォームであり、戦闘における価値は搭載される航空機に左右される。海自で搭載が取り沙汰されるのは、F-35Bである。アメリカ海軍が空母艦載機として運用予定のF-35Cは発艦にカタパルトの補助が必要なのに対し、F-35Bは単独での垂直離着陸能力を持ち、主にアメリカ海兵隊がカタパルトを持たない強襲揚陸艦で運用している機体だ。色々な制約はあるものの、全通甲板でなくとも僅かな飛行甲板さえあれば離発着は可能だ。

 また、空母導入では早期警戒機(AEW)も艦載機に含まれるだろう。AEWによる索敵範囲の増大は、海自の空母導入の大きな動機の一つでもあった。艦隊の「目」の届く範囲を飛躍的に増大させるAEWとその護衛の艦載戦闘機の導入は、空自の早期警戒管制機(AWACS)や米軍情報に頼らず、海自が完結した艦隊の運用能力を持つことを意味する。

 さらに運用面では、九州南端から尖閣諸島や八重山諸島へと到る南西諸島で航空機が運用可能な拠点は限られており、これらが使用不能となった場合、本土から航空機を運用することになる。南西諸島における航空自衛隊の航空基地は那覇基地だけであり、ここが使用不能になった場合、那覇基地より700km以上離れた宮崎県の新田原基地を拠点とせざるをえず、この場合は往復で1時間以上も余計に時間を取られるなどリアクションタイム増大や行動へ大きな制約となるだろう。

 しかし、航空機運用可能な海上プラットフォーム(≒空母)があれば、これらの問題は軽減される。単独で早期警戒機、戦闘機の運用能力を持つ艦隊があれば、航空基地の少なさの割に広大な南西諸島という「戦場」において、それに見合った価値はあるだろう。


海自の艦船が恒常的に定員以下の人員で運用されている

 ここまで挙げたことを振り返ると、空母導入は海自にとっていいことずくめに見える。だが、海自にはこれを実現するには深刻な問題がある。

「この船、定員は300名以上ですけど、250名しか乗っていません」

 実際に海上自衛隊のイージス艦に乗った際、乗員との会話の中で出た話である。もっとも、これはつい最近始まったことではなく、海自の艦船が恒常的に定員以下の人員で運用されていることは、冷戦期から指摘されていた。

 現状、海自は中曽根政権時代の1980年代と主力である護衛艦隊の基本形は同じなのだ。仮に空母保有に至った場合、多くの乗員を必要とする空母に人的リソースを持っていかれるため、海自乗員を増員するか、または艦艇の削減によりリソースを確保しなければならないだろう。かつて海上自衛隊の艦艇の大型化や増数が実行・計画された際に、乗員の問題が置き去りだと批判している海上自衛隊OBもいた。軍事評論家の岡部いさく氏も2018年1月26日付の毎日新聞(夕刊)で、人員リソースの問題を提示して疑問を呈しているが、筆者も同感である。

 また、実際に防衛費削減の流れの中、空母保有が重荷になっている国が存在する。長年に渡り独自に空母を運用してきたイギリスがそれだ。昨年末、新型の空母クイーン・エリザベスが就役したばかりのイギリス海軍だが、海軍予算が削減された結果、2018年2月現在、空母の護衛を担える水上艦が6隻の駆逐艦と13隻のフリゲート艦しかいない(しかも新型の45型駆逐艦はトラブルに見舞われている)。つまり、空母1隻の護衛として3〜4隻が稼動すると、各艦のメンテナンス・休養も考えれば、ほとんど動ける駒としての水上艦の余力がないことを意味している。

 日本も長年の横ばい・微減から防衛費増加傾向に転じたとは言え、ミサイル防衛などに多くの予算が割かれている現状がある。そういった事情もあり、同盟国アメリカやイギリス、オーストラリアといった国々との軍事的協調を深化させているのが現政権の方針である。にもかかわらず、空母保有によって独立した能力を確保することは、その流れに反する方針ではないか。海自の質的・量的な転換をともなわないならば、世界最大の空母戦力を有するアメリカ海軍を補完する防衛力の整備を志向するのが筋ではないか。フネの数だけ揃えて船頭がいなかったら意味がないのだ。
.

「何が変わるのか」を明らかに

 筆者個人として、「空母」計画にただ反対しているのではない。問題は現状の海自の予算の大幅増が望めない以上、「空母だけ」先行した計画は当然デメリットもともなうのだ。配備による海自のリソース配分の変化と、それにともなうメリット・デメリットについて明らかにすべきだろう。

 もっとも、この手の防衛装備絡みの観測気球的な報道は、過去の実例から、徐々に高性能化していく傾向があると筆者は考えている。既報の既存艦艇改修&F-35Bではなく、いつの間にかF-35C導入とそれを運用する艦艇建造の話に変わっているかもしれない。(Yahoo!より抜粋)

 ※ 海上自衛隊の「空母」導入に手放しで賛同してよいのか

>実現に向けた「深刻な問題」とは?

 困った話ですね。難儀なお話です。実は、ここに列挙されているような問題は、海上自衛隊としては、すでにクリアされているか、クリア可能な問題であって、ハードルとしてはすでに存在しません。何方か、ちゃんとしたニュース系サイトで書いて下されば良いのですが、残念ながら私はその任では無いので。
 でも場末のブログなりに、コソーリと書きましょう。

 その前に、BMD問題で時々テレビにお出になる海将がいらっしゃいます。お名前は書きませんが、珍しくと言っては何ですが、この空母保有問題がニュースになってから、はっきりと反対であることをニュースのインタビューで発言してらっしゃいました。
 ちょっと奇異な感じがするけれど、あの方はイージス艦隊を育てたという自負があるので、言葉は悪いけれど、ちょっと戦艦派みたいな印象はあります。海自も一枚岩ではありません。

 その定員を巡る問題ですが、そもそも、いずも型はすでに空母であり、空母とはなんぞや? と言えば、ただのドンガラです。そして、ドンガラとしての定員はすでに満たしており、少なくとも、いずも型2隻を空母運用する範囲内では、そもそも定員の問題はいっさい生じません。早期警戒をどうするのか? という問題は、これは枝葉の小さなお話です。すでにものはEH101 AEW、タレスのCERBERUSだってある。

 戦闘機部隊を空自が運用するという話であれば、当然整備部隊も空自から派遣されるわけです。指揮は、空自から乗り込んで来る戦闘団長が執る。
 で、そうは言っても海自の乗組員自体、定員を満たしていないではないか? という話があります。私もそう思っています。しかし、ここにはいろんな絡繰りがあって、人員を捻出せよ、と言われれば、出て来ます。それはもう海自に限った話でありません。
 海自に限って話をすれば、まずそのいずもです。艦首ソナーを装備しています。そもそもが空母というのは、誰かに守られるものであって、自ら個艦防御をするものではありません。無駄な装備の最たるものです。これの操作要員が、何人も乗っているわけです。
 元を正せば、「ひゅうが」ですよ。あのばかでかいソナー・システムに、短魚雷まで装備している。これ無駄です。使う機会は絶対にありません。でもその操作要員は乗っているわけです。たぶん、使いもしない短魚雷の操作要員をさすがに両舷分乗せているとは思えませんが。ひゅうがの装備は何でああなったのか? あれは空母ではなく護衛艦であることをアピールするためだw、という皮肉もありますが、実際は大人の事情らしい。つまりメーカーを食わさなきゃならないから。
 海に限らず、どんな組織でも、その手の話は山ほどあって、外向きには、人は足りてない! と訴えるけれど、人員は出そうと思えば出せる(てか空母の人員をどうするのよという話より、すでに決定事項の潜水艦20隻分のクルーをどうやって確保するのよ? という問題の方が遙かに圧倒的に深刻)。

 ただ、空自は、この話にうんと言ったわけではないので、お金はともかく人はどうやって出すんだ? となった時に、当然、イーグルの未改修機分を、35B型である程度代替するんだ、という話になるわけですが、それにしても空自の了解を得るために、海自が人員削減を飲む代わりに、その分の増員を空自に認めるな話は、できるかも知れない。これはあくまでも私の個人的な見解ですが。
 で、いずもに関して言えば、スキージャンプ台の話があって、これを追加装備すると、当然艦首が沈むわけです。これはバラスト調整でクリアできるんだけど、もっとすっきりやりたければ、軍ヲタさんはご承知のように、水上艦のソナーは、真水で満たされています。ソナーを撤去せずとも、この真水を抜くだけで、10トン単位の浮力を確保できる。水測要員も削れるから二重にウマーな話になります。
 そういう工夫を積み重ねていくことで、仮に人員増が必要になっても、定員を動かさずに手当は十二分に可能です。

 次に、じゃあその空母を守る護衛艦の手当はどうするんだ? という問題があります。これは私も、過去に何度も、護衛艦隊はオーバーワークで艦船が足りない。南シナ海パトロールは現状では厳しいと書いて来ました。
 所が、これに関しても、現状、4隻のDDHは、あれは他艦に守られています。そうでないと作戦行動できません。護衛艦と同様の武装を持つひゅうがですら、そのESSMは、僚艦防空力を持つのみで、海洋進出する中国の前に単艦で持ち出せる状況はなくなったことを考えると、どの道、この四隻を守るための手立ては打たなければならない。
 今すであるその現実を置いて、では護衛艦をどうやりくりするのか? という話になると、これも、たとえば遠洋練習航海です。原則として二隻DDを付けるでしょう。去年だけ1隻だったらしいけれど、それ2隻も要らないでしょう、という話があって、海上自衛隊の遠洋任務というのが、中国海軍の脅威を全く考慮せずに済む時代のまま、今でも編成されている。
 現実問題として、足下でざわざわしている現下の厳しい状況で、はるばるインド洋まで出かけている余裕があるんですか? ということは、これから議論しなければならないでしょう。
 私は以前から、本格空母を持つなら二個護衛隊群にという主張をして来ましたが、少なくとも、いずも型2隻を、空自所属の35Bで運用するというお話に限定して言えば、海自の問題はすでにクリアされているか、クリア可能です。
 最大の問題は、それを持つという政治的決断、予算の捻出、空自の説得、という順になります。(大石英司の代替空港より抜粋)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事