歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


     オーストラリア、次期潜水艦で仏企業と協定 総額3兆9000億円規模

【AFP=時事】オーストラリア政府は11日、フランスの政府系造船企業ナバル・グループ(Naval Group、旧DCNS)との間で、豪海軍の次期潜水艦の建造に関する戦略的パートナーシップ協定(SPA)に署名した。最新鋭の潜水艦12隻を500億豪ドル(約3兆9000億円)で調達する。活動を活発化させる中国軍などの動向を念頭に、新型潜水艦で太平洋全域ににらみを利かせる構えだ。


 豪潜水艦の受注をめぐっては日本とドイツ、フランスが争ったが、豪政府は2016年4月、DCNSを主契約者に選んでいた。

 スコット・モリソン(Scott Morrison)豪首相は首都キャンベラで行われた署名式で、次期潜水艦の調達は「平時のものとしてはオーストラリア史上最大の防衛投資」の一環で行う「非常に大胆な」事業だと胸を張った。

 SPAでは、ナバル・グループのバラクーダ(Barracuda)級原子力潜水艦を基に、通常動力の攻撃型潜水艦12隻を豪南部に新設する造船所で建造する計画。

 最初の潜水艦が完成するのは2030年代初めの見通し。ただ、豪北方や東方の海域では米国や中国などが激しい勢力争いを繰り広げているだけに、それでは遅すぎるとの批判もある。(Yahoo!より抜粋)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

原子力禁止の国内法があるオーストラリアでは、まず、法改正しないと原潜は持てないから、さあ、原潜に欲をかいて本当にそれで良かったのかな?

2019/2/11(月) 午後 8:05 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

案外「改正を見越して水面下で準備」な可能性も・・

なにせ、豪州と言えば世界有数のウラン産地ですし、販売&投資促進につながれば一石二鳥では?

2019/2/11(月) 午後 8:09 [ tero19632001 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事