歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「熱帯のトランプ」、ブラジル大統領が訪米 ホワイトハウスで首脳会談


(CNN) 親米、親トランプ政権を掲げて過激な発言を繰り返し、「熱帯のトランプ」と呼ばれるブラジルのボルソナーロ大統領が19日、米国の首都ワシントンを訪れ、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。

ボルソナーロ氏が今年1月の就任以来、二国間協議で外国を公式訪問するのは初めて。トランプ氏は昨年10月のブラジル大統領選でボルソナーロ氏が勝利を決めた直後に電話で祝意を伝えたが、これまで直接会ったことはなかった。

トランプ氏は対面に際し、「ほかの大統領とは敵対関係が大きかっただろうが、私との間に敵意はゼロだ」と語り掛けた。



両首脳はホワイトハウスの庭園で共同会見に臨んだ。トランプ氏はボルソナーロ氏の大統領選での勝利を改めて称賛。ボルソナーロ氏は来年の米大統領選でトランプ氏が再選されるだろうと述べ、トランプ氏はほほ笑みながら手を振って謙遜(けんそん)の素振りを見せた。

ボルソナーロ氏はさらに、ブラジルと米国は伝統的な家族主体の生活スタイルを尊重して神を信仰し、性的少数者や女性を擁護する「ジェンダー・イデオロギー」と「フェイク(偽)ニュース」を否定するという価値観を共有していると述べた。

トランプ氏はボルソナーロ氏の反メディア発言を「誇らしい」とたたえ、軍事面、経済面でブラジルとの関係を強化していく姿勢を示した。(CNNより抜粋)



      米、ブラジルをNATO非加盟の主要同盟国に指定へ


            3/20(水) 13:05配信 産経新聞



 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は19日、ブラジルのボルソナロ大統領とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、ブラジルを北大西洋条約機構(NATO)非加盟の主要同盟国に位置づける意向を表明し、「ブラジルのトランプ」の異名をとる親米右派のボルソナロ氏と連携してベネズエラのマドゥロ政権など中南米の反米左派政権に対抗していく立場を打ち出した。

 トランプ氏は共同記者会見で「中南米で社会主義体制は黄昏(たそがれ)を迎えつつある」と述べ、マドゥロ政権に「さらなる制裁圧力をかけていく」と強調。ブラジルに関しては、将来は「NATO加盟国になる可能性もある」と語り、安全保障分野での連携強化を進める姿勢を示した。

 トランプ氏は詳細に言及しなかったが、昨年5月にはコロンビアが中南米諸国では初の「グローバルパートナー」に指定されており、ブラジルも同様の扱いに位置づけることを念頭に置いているとみられる。

 NATOのグローバルパートナーには、日本や韓国、オーストラリアやモンゴル、イラクなどが指定されている。パートナー国は米国から武器や軍事技術を導入する際に優先的な扱いを受けることができる。

 一方、経済分野でトランプ氏は、ブラジルの経済協力開発機構(OECD)加盟を支持する意向を表明。両国がブラジルから米衛星を打ち上げることで合意したことも明らかにした。(Yahoo!より抜粋)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事