歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]


 それこそ「死都日本」な事態にも対処し得るための「国土安全省」創設強化が待ったなし‥(思案)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



  イタリア南部 ストロンボリ火山で噴火 観光客1人死亡 2019年7月4日 6時55分



活発な火山活動で知られるイタリア南部のストロンボリ火山が噴火し、地元メディアによりますと、これまでに観光客1人が死亡し、防災当局は、火山のある島に住んでいる人や、観光客が避難する場合に備えて船を派遣しました。





イタリア南部の島にあるストロンボリ火山で3日、2回にわたって大規模な噴火が発生し、現地の火山研究所によりますと、噴煙が火口から2000メートルの高さまで上がり、ふもとでは火山灰が降りました。

現地のメディアによりますと、これまでに観光客1人が死亡し、1人がけがをしたほか、島を訪れていた観光客の中には、海に飛び込んで避難を余儀なくされた人もいるということです。

また噴火口から流れ出た溶岩で火災も発生し、防災当局は、消火活動に当たるとともに、島の住民や観光客が避難する場合に備えて、現地に船を派遣しました。

今回の噴火について火山研究所は、地元メディアに対し、1985年にストロンボリ火山の監視を始めてから最も規模が大きいとしています。


赤いマグマを吹き上げる観光名所

ストロンボリ火山は、高温の赤いマグマを噴水のように吹き上げる噴火が特徴的で、噴火を間近で見ようと、各国から多くの人が訪れる観光名所となっています。

ヨーロッパを代表する活動的な火山で、世界的に使われる噴火様式の名称、「ストロンボリ式噴火」の由来にもなっています。

日本では伊豆大島などで起きる噴火がストロンボリ式として有名で、比較的、粘りけの少ないマグマを噴出するため、通常は爆発的な噴火は起こしません。

一方で、火山ガスの増加のほか、地下水や海水との接触による急激な膨張、地殻の急激な変化などによって爆発的な噴火が起きることがありますが、詳しいメカニズムが分からないこともあります。


日本人観光客「噴煙火山の2倍の高さに」

ストロンボリ火山が噴火した瞬間に居合わせた日本人の観光客がNHKの電話インタビューに応じました。

小松みかさん(31)は、ストロンボリ火山のツアーに夫と2人で参加していました。

およそ50人の観光客とともに船で火山の島に向かっている途中、他の観光客の叫び声で異変に気付いたということです。

そして小松さんが外に出てみると、噴煙はすでに火山の2倍ほどの高さにまで達していたということです。

小松さんは「マグマなのか火なのかは分からなかったのですが、民家のすぐそばまで迫ってくる様子が見えました。ツアーがもともと、マグマの様子など火山活動を見る内容だったので、観光客の中には、噴火が日常的に起きているレベルのものなのかどうか分からない様子の人もいましたが、煙の上がり具合がすごかったのと、火山灰が降ってきて、ツアー会社の人が急いで船を風上に動かそうとしたので、これはやばいなという雰囲気が広がりました」と話していました。

小松さんが乗った船は、そのまま引き返し、出発したリパリ島に無事戻ったということです。


「火山の難しさを痛感」

イタリアのストロンボリ火山を研究している北海道大学大学院理学研究院の青山裕准教授は、先月下旬に、ストロンボリ火山を訪れて観測などを行っていて、去年の同じ時期と比べると噴火の規模が大きく、火山ガスが出る勢いも強くなっていたとしています。

一方で、今回のような規模の大きな噴火が起きると予測できるほどの前兆現象はつかみにくかったのではないかと指摘したうえで、「ストロンボリ火山は十数年に一度、ふだんよりも規模が大きい、爆発的な噴火を起こすことがあるが、そのメカニズムはまだよく分かっていない。ストロンボリ火山は世界的にみても火山観測の体制が整っているが、それでも前兆は分からないことがあり、火山の難しさを痛感した」と話していました。

青山裕准教授は、ストロンボリ火山のように日本にも多くの観光客や登山者が訪れる火山があり、5年前、平成26年の御嶽山の噴火のように、前兆現象がはっきり分からないこともあるとしています。

そのうえで、「これから夏山シーズンにもなり、火山に近づくリスクを改めて認識してほしい。気象庁が発表する最新の火山活動の情報をチェックするのはもちろん、登る際にはヘルメットをかぶったり、登山中に噴火してしまったときに身を守れる場所があるかを確認したりしてほしい」と話していました。(NHKより抜粋)



箱根山「火山活動が高まった状態」 火山噴火予知連 2019年7月2日 21時41分


ことし5月に噴火警戒レベルが「1」から「2」に引き上げられた神奈川県の箱根山について、専門家などで作る火山噴火予知連絡会は「火山活動が高まった状態で、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生するおそれがある」とする見解をまとめました。




火山噴火予知連絡会は、2日、気象庁で定例の会合を開き、神奈川県の箱根山の最近の活動について検討しました。

それによりますと箱根山は、ことし5月18日から19日にかけて火山性地震が増加して火山活動が高まったとして、噴火警戒レベルが「1」から「2」に引き上げられました。

その後、火山性地震の回数は減少したものの、ことし4月以前に比べると多い状態は続いていて、大涌谷周辺の噴気や熱活動も高い状態だということです。

このため、火山噴火予知連絡会は「火山活動が高まった状態で、想定火口域内に影響を及ぼす噴火が発生するおそれがある」とする見解をまとめました。

気象庁は、噴火警戒レベル2を維持し、大涌谷の想定火口域の中では噴火に伴う大きな噴石に警戒するとともに、自治体などの指示に従い危険な地域には立ち入らないよう呼びかけています。


桜島「南岳山頂火口を中心に噴火活動が継続」

鹿児島県の桜島については「今後も南岳山頂火口を中心に噴火活動が継続すると考えられる」とする見解をまとめました。

桜島の南岳山頂火口ではことし1月中旬ごろまでは活発な噴火活動が継続していましたが、それ以降は噴火活動がやや低下しているということです。

一方「昭和火口」では去年4月3日の噴火以降は噴火は観測されていません。

また、鹿児島湾奥部の姶良カルデラの地下深くの膨張を示す地殻変動は停滞していますが、地下にある「マグマだまり」ではマグマが蓄積された状態が続いているとみられ、火山ガスの放出量もおおむね多い状態が続いているということです。

このため火山噴火予知連絡会は「今後も南岳山頂火口を中心に噴火活動が継続すると考えられる」とする見解をまとめました。

気象庁は「入山規制」を示す噴火警戒レベル「3」を継続し、南岳山頂火口と昭和火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


阿蘇山「噴火活動繰り返す可能性」

熊本県の阿蘇山については「火山活動は高まった状態で経過しており、今後も噴火活動を繰り返す可能性がある」とする見解をまとめました。

阿蘇山の中岳第一火口では、ことし4月16日の噴火以降、時々噴火が発生していて、火山ガスの放出量はおおむね多い状態が続いています。

火山性微動の振幅は5月以降、小さな状態が続いているものの、中岳第一火口内の湯だまりはほぼ消失し、高温の火山ガスなどが雲や噴煙に映って赤く見える「火映」現象も見られるなど火口内の熱活動は高まった状態で推移しているということです。

このため、火山噴火予知連絡会は「阿蘇山では火山活動は高まった状態で経過しており、今後も噴火活動を繰り返す可能性がある」とする見解をまとめました。

気象庁は噴火警戒レベル2を継続し、中岳第一火口からおおむね1キロの範囲では、大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。


口永良部島「小規模な噴火の可能性」

先月、噴火警戒レベルが「3」から「2」に引き下げられた鹿児島県の口永良部島については「火山ガスの放出量はおおむねやや多い状態が続いていて、引き続き小規模な噴火の可能性がある」とする見解をまとめました。

口永良部島では、ことし2月2日にごく小規模な噴火が発生して以降噴火は観測されておらず、新岳火口付近のごく浅い場所を震源とする火山性地震も減少しているとして先月12日、噴火警戒レベルが「3」から「2」に引き下げられました。

その後は、新岳火口付近のごく浅い場所を震源とする火山性地震はおおむね少ない状態で推移している一方、火山ガスの放出量はおおむねやや多い状態が続いているということです。

このため、火山噴火予知連絡会は「引き続き小規模な噴火の可能性がある」とする見解をまとめました。

気象庁は噴火警戒レベル2を継続し、新岳の火口からおおむね1キロの範囲では大きな噴石や火砕流に、火口の西側ではおおむね2キロの範囲で火砕流に警戒するよう呼びかけています。(NHKより抜粋)



カリフォルニア州南部でM6.4の地震 火災や停電、負傷者も


ロサンゼルス(CNN) 米カリフォルニア州南部で4日、ほぼ20年ぶりとなる強い地震があり、震源に近い自治体が非常事態を宣言した。ラスベガスやオレンジ郡でも揺れを感じた。

地震の規模を表すマグニチュード(M)は6.4、震源はロサンゼルスから北へおよそ240キロ離れたモハベ砂漠西部のリッジクレスト付近だった。

米地質調査所(USGS)によると、M6.4の地震の後、M2.5以上の余震が少なくとも159回観測された。最も大きい余震はM4.6だった。

著名地震学者のルーシー・ジョーンズ氏は、50%の確率で1週間以内に再び大きな地震が起きると予想。20分の1の確率で、数日以内にもっと大きな地震が起きる可能性があると述べ、「M5を超す余震があるかもしれない」としている。

同氏によれば、今回の地震の前に、M4.2の前震が起きていたという。

震源に近いリッジクレスト(人口2万8000人)のペギー・ブリーデン市長は非常事態を宣言した。CNNによる市長のインタビューも、余震によって中断する場面があった。

市長によれば、地震によって5件の火災が発生し、ガス管が破断する被害が出ているという。

市内では停電も発生した。国立気象局(NWS)によると、同地の最高気温は37度を超える見通し。


震源があるカーン郡の消防局は、本震や余震に関連した火災や救急出動など20件以上に対応していることを明らかにした。リッジクレストの病院では、患者を別の病院や屋外のテントに避難させ、施設の点検を行った。

リッジクレスト市内で行われた独立記念日関連のイベントでは、子ども65人がステージに上がっていた時に地震が発生し、落下物に当たって男の子1人が負傷した。関係者は、子どもたちが避難した後にステージ後方の壁が崩れ落ちたと話している。

ロサンゼルスでも建物が長い間揺れ続けた。映画制作者のエバ・デュバーネイさんは、「ずっとロサンゼルスに住んでいるけれど、こんなに長い地震は経験したことがなかった」とツイートした。



今回の地震は、カリフォルニア州南部では1999年に起きたM7.1の地震に続く規模だった。1994年にはロサンゼルス郊外のノースリッジをM6.7の地震が襲い、少なくとも57人が死亡している。

サンバーナーディノ郡消防局によると、同郡北部のトロナでは建物や道路などに被害が出ているが、今のところ負傷者は報告されていない。幹線道路の178号線には10センチほどの亀裂ができた。

トロナの自宅にいたエイプリル・ロドリゲスさんは、「家から外に出ようとしてパニックになった。キャビネットや棚の物が全部落ちてきて、ミサイルのように飛び交った」と証言する。

ロサンゼルス国際空港は、滑走路の被害は報告されていないと述べ、平常通りの運航を続けていることを明らかにした。(CNNより抜粋)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

また火山学者や地震学者が結果論であぁでもないこぉでもないというのだろうな。

2019/7/5(金) 午前 8:39 憲坊法師

顔アイコン

それで少しは研究が進めばいいのですが・・

2019/7/5(金) 午後 8:52 [ tero19632001 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事