歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

全体表示

[ リスト ]



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  「百舌鳥・古市古墳群」 世界遺産登録なるか 2019年7月5日 5時56分



日本が推薦する大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」などを新たな世界遺産に登録するかを決めるユネスコの会議が、日本時間の5日午後、カスピ海沿岸のアゼルバイジャンで始まります。審議は3日間の予定で、この会議で「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産への登録が決まる見通しです。




アゼルバイジャンの首都バクーでは、新たな世界遺産を決めるユネスコ・国連教育科学文化機関の世界遺産委員会の会議が、日本時間の午後4時ごろ始まります。

3日間にわたる会議では各国が推薦する35件を審議する予定で、このうち日本の「百舌鳥・古市古墳群」は今のところ15番目ですが、議事の進行によって順番は前後することがあります。

「百舌鳥・古市古墳群」は、4世紀後半から5世紀後半ごろに造られた、大阪府の堺市と、羽曳野市・藤井寺市にまたがる合わせて49基の古墳からなります。

中には、宮内庁が「仁徳天皇陵」として管理し、「大山古墳」とも呼ばれる国内最大の前方後円墳も含まれています。

ユネスコの諮問機関「イコモス」はことし5月、「百舌鳥・古市古墳群」について世界遺産として記載することが適当との勧告を出していて、今回の会議で、世界文化遺産への登録が正式に決まる見通しです。


百舌鳥・古市古墳群とは

「百舌鳥・古市古墳群」は、大阪府南部の堺市にある「百舌鳥古墳群」と、羽曳野市・藤井寺市にまたがる「古市古墳群」を合わせたもので、4世紀後半から5世紀後半ごろに造られた49基の古墳からなります。

古墳は、古代の日本で有力者を埋葬するために土を高く盛り上げるなどして造られた墓で、埴輪や刀剣といった副葬品が出土することもあります。

中でも、宮内庁が「仁徳天皇陵」として管理し、「大山古墳」とも呼ばれる前方後円墳は、「墳丘」と呼ばれる墓の部分だけでも全長が486メートルあり、周りに3重にめぐらされた堀を含めると、甲子園球場の12倍に相当する、日本最大の古墳です。

完成には、1日に2000人が働いたとして、15年以上かかったとみられ、エジプトのクフ王のピラミッドや中国・秦の始皇帝陵と並ぶ、世界屈指の王の墓とも言われています。(NHKより抜粋)



「百舌鳥・古市古墳群」世界文化遺産に登録決定 2019年7月6日 17時47分



「仁徳天皇陵」として宮内庁が管理する国内最大の前方後円墳を含む、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」が、世界文化遺産として登録されることがユネスコの世界遺産委員会で決まりました。





新たな世界遺産を決めるユネスコ=国連教育科学文化機関の世界遺産委員会の会議は、カスピ海沿岸のアゼルバイジャンの首都バクーで日本時間の6日午後に再開され、午後5時半すぎに、大阪府の「百舌鳥・古市古墳群」を新たに世界文化遺産として登録することを決めました。

会場で審議の様子を見守ったユネスコ日本政府代表部の山田滝雄大使と大阪府の吉村洋文知事は、ともに登録の決定を喜びました。

「百舌鳥・古市古墳群」は、大阪府の堺市と、羽曳野市・藤井寺市にまたがる、4世紀後半から5世紀後半ごろに造られた、合わせて49基の古墳からなります。

中には、宮内庁が「仁徳天皇陵」として管理し、「大山古墳」とも呼ばれる国内最大の前方後円墳も含まれています。

これらの古墳は、当時の高い造築技術を示しているほか、日本の古代国家の成り立ちを研究するうえで貴重なものとされ、今回の決定を受けて、今後、どのように保存していくのかが改めて問われることになります。

「百舌鳥・古市古墳群」の登録によって、日本の世界遺産は文化遺産が19件、自然遺産が4件になります。


パブリック・ビューイングで歓声 大坂 堺

大阪・堺市では世界文化遺産に登録される瞬間を見届けようと、インターネット中継によるパブリック・ビューイングが行われ、アゼルバイジャンの首都・バクーで行われているユネスコの世界遺産委員会の審議の様子が映し出されました。

会場にはおよそ700人が集まり、午後5時半すぎに登録が正式に決まると、大きな拍手と歓声がわき起こりました。

大阪府での世界遺産の登録はこれが初めてです。


地元では号外を配布

「百舌鳥・古市古墳群」がある大阪・羽曳野市では、世界遺産への登録が正式に決まったあと、駅前で市の職員が世界遺産に登録されたことを知らせる広報誌の号外を配りました。

小学5年生の男子児童は「古墳のことは学校でも習います。世界遺産になってすごいなあと思います」と話していました。

地元の男性は「どちらかというと堺市の古墳がメインで、羽曳野市の古墳をどういう風にアピールしていくかが課題だと思います。まだピンときませんが、観光客が来ると実感がわくと思います」と話していました。

また、地元で生まれ育ったという高齢の男性は「60歳以上の人が多いまちなので、若い人に来てもらって活性化したらうれしいです」と話していました。


安倍首相「世界の宝として魅力を積極的に発信」

安倍総理大臣はメッセージを発表し、「心からうれしく思う。数多くの古墳は、わが国独自の文化を物語るものであり、まさに世界に類を見ない人類の遺産だ。これまで大切に守ってこられた関係者の方々に深く敬意を表するとともに、世界の宝として、その魅力を積極的に発信し、次世代に引き継いでいく決意を新たにしたい」としています。


文科相「保護に万全を期し後世に引き継ぐ」

柴山文部科学大臣は「人類全体の貴重な遺産として世界遺産に決まったことを大変喜ばしく思う。この遺産は、古墳時代のわが国独自の文化を物語るものであり、人類の共通の宝である貴重な世界遺産の保護に万全を期し、後世に確実に引き継ぐとともにその価値を積極的に発信していきたい」というコメントを出しました。


河野外相「価値が世界に知られることを期待」

河野外務大臣は「古墳という日本列島独自の墳墓形式の顕著な例である『百舌鳥・古市古墳群』が世界遺産に登録されたことを、大いに歓迎するとともに、登録を契機として日本列島独自の歴史文化を物語るその価値が一層広く世界に知られることを期待します」という談話を発表しました。


宮内庁「今後も必要な協力」

「百舌鳥・古市古墳群」が世界文化遺産に登録されたことについて、古墳の一部を管理している宮内庁の坂井孝行書陵部長は「わが国が推薦した案件が登録されたことについては、喜ばしいことと思います。宮内庁としては、皇室御祖先のお墓としてその『静安と尊厳』が損なわれないことを前提に、今後とも陵墓を含む世界文化遺産の保全に向けて、必要な協力を行ってまいる所存です」と談話を出しました。(NHKより抜粋)

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事