歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

これがホントの「☆信じられないが

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 ミスコンの世界にも、ようやく公民権運動の波が・・(感慨)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       ミス・テネシーに黒人女性、80年の歴史で初の選出


(CNN) 米国のミスコンテストで黒人女性の活躍が目立つなか、6月29日に開催されたミス・テネシーのコンテストでも新たに黒人の女王が誕生した。

栄冠を勝ち取ったのはテネシー州の州都ナッシュビルで小学校1年生を担当する教師のブリアナ・メーソンさん。

地元のCNN系列局によると、ミス・テネシーの80年にわたる歴史の中で、今回初めて黒人が選ばれた。

メーソンさんはミス・テネシーの奨学金を獲得し、さらに同州代表としてミス・アメリカ全国大会に出場する。

米国の三大ミスコンテストとされるミス・アメリカ、ミスUSA、ミス・ティーンUSAでは昨年から今年にかけ、いずれも黒人女性が優勝した。

各コンテストでは1980〜90年代にそれぞれ黒人初の女王が誕生していたが、黒人女性が3大会とも制覇したのは史上初。

現在のミス・アメリカにはオペラ歌手のニア・フランクリンさん、ミスUSAには弁護士のチェスリー・クリストさん、ミス・ティーンUSAには生まれつきの縮れ毛で出場したケイリー・ガリスさんが選ばれている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 元南部連合の有力州で、こういう快挙為されること自体、意識改革が大分進んだのでは?(思案)

開く コメント(0)

 ある意味「元々肉食だが笹しかないのでそっちを食べている」パンダの反対ってか?( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     ワニの祖先、ベジタリアンだった? 歯の研究から推測

(CNN) 有史以前に生息していたとみられるワニの先祖の歯を調べていた米ユタ大学の研究者たちは30日までに、肉よりも野菜を食べていた可能性があると報告した。

生物学の学術誌「カレント・バイオロジー」に発表した研究報告書で述べた。

ワニ目に属するクロコダイル、アリゲーター、カイマンやガビアルの先祖の歯を調べた結果、現在生息する各個体のものと比べた場合、非常に大きな違いがあることを突き止めたと主張。

このことから絶滅したワニの祖先は餌の範囲が現在の個体よりはるかに広かったことを示唆していると指摘。歯の形状や機能の差異を踏まえれば、ワニの先祖の食事環境は肉食、虫の捕食、雑食や草食に及んでいたことが考えられるとした。

また、草食だけだったとしてもそれは独特な発生の事例ではなかったとも推測。古代のワニは3つの異なる時代にかけて進化した可能性があり、それぞれ自分に有益な食習慣があったとも分析した。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この手の進化は「雑食性に分があり」と思うのですが、実際にはそうでもないってか?(思案)

開く コメント(2)

 アルビノ同士で子供作れば、やはりアルビノの子供が?(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     全身白いワニが19個の卵産む、今夏にも孵化か 米動物園


アトランタ(CNN) 米南部フロリダ州にある自然動物園で、珍しい全身が白いアルビノ(先天性色素欠乏症)のワニが19個の卵を産んだ。今夏にもふ化するとみられており、同園では赤ちゃんワニの展示につながればと期待を寄せている。

卵の両親は「ワイルド・フロリダ・エアボーツ・アンド・ゲーター・パーク」にいる雌の「スノーフレーク」(25歳)と雄の「ブリザード」(14歳)のカップル。2匹ともアルビノで、2017年以来同園で暮らしている。

発情期前に2匹の行動に変化が見られたことから、交尾の可能性について期待が高まっていた。

ワニは卵を守る際にさまざまな困難に直面する。そのため、同園ではふ化の可能性を高めるために、卵を温度と湿度が調整されたふ卵器に移した。

専門家のアンドルー・ビドルさんによれば、カミアリやアライグマなどの天敵によって卵が破壊される危険性は常に存在する。フロリダの気温も卵には脅威だ。暑すぎても寒すぎてもふ化の過程に影響が出る。また、ワニの赤ちゃんは非常に小さいことが多く、明るい色をしているため肉食動物に狙われやすいという。

同園によれば、ふ卵器によってふ化の確率は約60%から約95%に上昇した。

気温にもよるが、ワニの卵はふ化までには約60日かかる。卵がかえっても、赤ちゃんたちを両親のもとに返す予定はないという。ビドルさんによれば、アルビノのワニは若いころとても脆弱(ぜいじゃく)で視力も弱く、日焼けすることもある。

同園では、ふ化がうまくいけば、ワニの赤ちゃんの展示も行えるかもしれないと期待を寄せている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 さてさて、コレが「新種誕生」の端緒となるかしら?(思案)

開く コメント(0)

 こういう物件は、ちょっと怪しい富裕層的にドンピシャでして、ねえ?( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     NY沿岸のプライベート・アイランド、「14億円で売ります」


(CNN) プライベート・アイランドでの暮らしにあこがれるけれど、都会からも離れがたい――。その両方をかなえる住まいが、1300万ドル(約13億9000万円)で売りに出ている。

コロンビア島は、ニューヨーク市郊外のニューロシェル沖に浮かぶ小さな島だ。売り主のアル・サットン氏は2007年にこの島を100万ドルで、さらに5年後には隣のピー島を50万ドルで購入した。

サットン氏がコロンビア島に建てた家は、広さ522平方メートルで寝室が4つ、バスルーム2つにオープンキッチン付き。電力は屋根の上の太陽光パネル、水は海水を淡水化する装置でまかない、下水処理システムは業者が管理する。


ハリケーンの襲来に備えて、周囲に高さ約4.3メートル、厚さ約1.5メートルの防潮堤を築いた。さらに自動式のシャッターや、地下室から1時間に約23万リットルの水をくみ上げるポンプも設置した。

購入から11年間のうちに投じた費用は800万ドル。85歳になったサットン氏は、この島とピー島を合わせて1300万ドルで手放すことを決めた。本人のもうけはあまり大きくないが、同氏が労力と資金を費やして完成させた「持続可能な家」は、次のオーナーに喜ばれることだろう。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも、その手の小説&映画なら「重装備の武装集団に襲われやすい」立地ですし、案外その筋には不評かも?(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 普通なら「オーバーランだけで済んだ」はずが、運が悪いとしか・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     滑走路はみ出した旅客機が衝突・炎上、2人死亡 ロシア


(CNN) ロシア・シベリアの空港で27日、緊急着陸した旅客機が滑走路をはみ出して建物に突っ込み、炎上する事故があり、乗員2人が死亡した。乗客43人は全員無事だった。

ロシアのアンガラ航空によると、事故機は現地時間午前10時24分に緊急着陸を試みた後、100メートルほど滑走路をはみ出した。地元メディアは、同機が下水処理施設に衝突して炎上したと伝えている。

事故現場をとらえた画像には、ソ連時代の旅客機An24が炎に包まれる様子が写っている。操縦士と機上整備員が死亡した一方、副操縦士と客室乗務員は無事だった。

同便は東シベリアのウランウデとニジネアンガルスクを結んでいた。

アンガラ航空は声明で、ニジネアンガルスクの空港に緊急着陸した際、同機が滑走路から飛び出して、地上のインフラ設備に衝突したと説明。衝突により出火したと明らかにした。

乗客全43人は速やかに避難し、うち数人が病院に搬送された。27日には事故調査も始まった。

死亡した操縦士は34年の経験を持ち、総飛行時間は1万5000時間を超えていたという。(CNNより抜粋)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 少なくとも「乗客の命は救った」わけでして、その意味でこの基調はロシア版サレンバーガー機長ってか?(追悼)

開く コメント(2)

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事