歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

これがホントの「☆信じられないが

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 今時「野犬の群れを放置」なんてあり得るの?(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   野犬に襲われ男性死亡、遺体に100カ所以上の噛み痕 米フロリダ州


(CNN) 米フロリダ州に住む男性が、近道を通って自宅へ戻る途中で野犬の群れに襲われて死亡した。警察によると、男性の遺体には犬に噛(か)まれた傷痕が100カ所以上も残っていた。

ハイランズ郡保安官事務所によると、死亡したのはフロリダ州中部レークプラシッド近郊に住むメルビン・オールズさん(45)。4日に近道を通って帰宅しようとしたところで野犬に襲われ、死亡しているのが見つかった。

同郡の動物管理当局は一帯にわなを仕掛け、これまでに野犬6頭を捕獲した。保安官事務所によると、捕まった野犬の噛み痕は、オールズさんの遺体の傷と一致した。

ただ、それだけではオールズさんがこの犬たちに襲われたとは断定できず、当局は犬のDNA鑑定を行って、傷口に残されたDNAと一致するかどうかを調べる。

周辺の住民に対しては、野犬に注意するよう呼びかけている。

CNN系列局WFLAによると、オールズさんは5人の子どもの父親で、孫も1人いた。婚約者のジャネル・ウォードさんは、近所で野犬の群れを見かけたことがあったと証言、「何度かうなり声を上げていたけれど、走り寄って来たことはなかった」「私に向かって来たことも、噛むような様子を見せることもなかった」と話している。

保安官事務所によれば、犬は群れになると行動が予測しにくい。それでも野犬の群れが人を襲うケースはまれだという。

レークプラシッドはオーランドから約160キロ。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 その手の小説なら「実は殺人を偽装するために・・」な展開でして、さてさて?(思案)
 ついにココ壱番屋がインド攻略作戦を開始するようでして、それこそ「飲食業版インパール作戦」にならない事を切に切に・・(祈願)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


     CoCo壱番屋 インド進出へ 2019年7月8日 18時36分


カレーの本場インドに日本のカレーチェーンが進出します。「CoCo壱番屋」の運営会社は三井物産と共同で来年にもインドに1号店をオープンすることになりました。カレーチェーン最大手の「CoCo壱番屋」を展開する「壱番屋」は、三井物産と合弁会社を設立し、来年2月ごろをめどにインドの首都、ニューデリーか、その近郊で1号店をオープンすることを目指しています。




両社は直営店舗に加えて現地企業と組んでフランチャイズ方式での運営も検討していて、2030年ごろまでに30店舗程度を展開したいとしています。

カレーソースは日本のものと同じ味付けにし辛さのレベルやトッピングの具材などを選ぶ方式もそのまま持ち込みたいとしています。

一方、インドの文化に合わせて現地の店舗では「ナン」のほか、現地の人が好んで食べるチーズなどもトッピングに加えるとしています。

カレーの主力商品は日本円にして780円程度に設定する予定で、現地のチェーン店の価格としては高めの設定ですが、三井物産は「経済成長に伴う中間所得層の増加や食文化の多様化で、需要を発掘できると考えている」と話しています。

日本のカレーが本場・インドで通用するのか注目を集めそうです。(NHKより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 それこそ「インドでいろいろ学んで日本にもフィードバック」することを、一ファンとして強く願うもの・・・(祈願)
 毎回こういう展開でして、それでも参加者が絶えないとは・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    伝統の牛追い祭り開幕、角で突かれ米国人ら3人負傷 スペイン


(CNN) スペイン北部のパンプローナで毎年恒例の牛追い祭り「サンフェルミン祭」が開幕した。地元当局によると、牛追い初日の7日には、角で突かれた3人を含めて6人が負傷した。

6日に開幕したサンフェルミン祭には世界中から大勢の観光客が集まり、音楽やパレード、牛追いのイベントでにぎわっている。

現地の病院によると、牛に突進されて7日にけがをした3人のうち、2人は23歳と46歳の米国人男性、もう1人はスペインの40歳の男性だった。ほかにも3人が重軽傷を負った。

何百年もの伝統をもつ牛追いは、祭りの期間中の8日間、毎朝行われる。

牛追いはもともと牛たちを街の郊外から闘牛場へ追い込む行事だった。

牛たちは、白に赤をあしらった伝統の装束に身を包んだアマチュア闘牛士らを追いかけて、囲いから闘牛場までの825メートルを突進する。

負傷者が出るのも毎年恒例で、昨年は最初の2日間で9人が負傷していた。動物愛護の懸念はあるものの、牛追いはサンフェルミン祭に欠かせない行事として続いている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 だんじり祭りもそうですが、こういうノリはみんな結構好き?( ̄▽ ̄)
 日本人的には「勤務中の警察官が制服姿で外食」ってのはNGですが、米国では「用心棒代わりに食事を無料提供で来てもらう」な習慣が暗黙裡にあるみたいですし、さてさて・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


   「警官は出て行って」、従業員の対応にスターバックスが謝罪 米

(CNN) 米アリゾナ州にあるスターバックスのチェーン店で、コーヒーを飲もうと入店した警察官6人が店を出て行くよう求められる出来事があり、スターバックス本社が警察に謝罪した。

同州テンペ警官組合の5日の声明によると、6人は米独立記念日の4日、コーヒーを飲もうとスターバックスに入店した。ところがバリスタから、警官がいると客が不安を感じるという理由で、店を出ていくよう求められたという。

「バリスタは警官に対し、客の視線から外れるか、退店するよう求めた」と組合は説明、6人は「がっかりして」店を出たとしている。「残念ながら、2019年にはそうした対応があまりに一般的になった」とも言い添えた。



この声明を発表する数時間前、同組合はスターバックスのロゴに手を加えて「Dump Starbucks(スターバックスを捨てろ)」の文字と、コーヒーを捨てる手をあしらった画像をフェイスブックとツイッターに掲載。「退店を求められた警官のうち数人は、この国のために戦った退役軍人だった」と書き込んでいた。

この画像はフェイスブックからは削除されたが、ツイッターには今も残っている。


スターバックスのロッサン・ウィリアムズ執行副社長は6日に声明を発表し、「我々のパートナー(従業員)は敬意と尊厳をもって(警官たちを)歓迎すべきでした。ところが歓迎も尊敬もされないと感じさせてしまいました。これは一切容認できません」と強調した。

その上で、「我々のパートナーはあなた方を頼りにしており、我々の店と地域社会の安全を守ってくれるあなた方を歓迎します」「スターバックスでは、今後こうしたことが2度と起きないよう、対策に乗り出しました」と述べている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 少なくとも、このバリスタと店長は即刻解雇モノ?(;´д`)トホホ
 考えてみれば「以前の日本は河川交通大国」だったわけですし、その伝統を復活させるのは悪くない?( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



“通勤は船に乗って” 東京都が朝のラッシュ緩和に実証実験 2019年7月7日 11時39分


東京都は、船を使った通勤を実用化して通勤ラッシュを緩和する手段の1つにしようと、ことしの夏、日本橋と晴海地区の間で通勤向けの船を運航する実証実験を行うことになりました。




この実証実験は、通勤ラッシュの緩和に取り組む東京都が、今月24日から来月2日にかけて、土日を除く8日間行います。

船の運航は、中央区の晴海地区にある朝潮運河の船着き場から日本橋の船着き場の間で行われ、朝の通勤に利用してもらうため、午前7時半から午前9時まで15分間隔で合わせて14便が運航されます。

1便当たり40人程度が乗船することができ、片道の所要時間はおよそ30分から40分を見込んでいます。

実証実験のため利用料金は無料ですが、代わりにアンケート調査への協力が求められるほか、ホームページや電話での事前予約が必要になります。

都は、来年のオリンピック・パラリンピックをきっかけにした通勤ラッシュの緩和に取り組んでいて、今回の実証実験でのアンケート結果などを踏まえ、船の運航が新たな通勤手段になりえるか検証することにしています。(NHKより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いっそ思い切って「水陸両用バスを運行」するってのは?(思案)

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事