歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

これがホントの「☆信じられないが

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 この手の密航は、ホント命がけでして・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     航空機に隠れた密航行為、77%が死亡 米FAA調査


(CNN) 米連邦航空局(FAA)は7日までに、旅客機の車輪収納室などに隠れた国外への密航行為に触れ、世界規模での発生件数の中で77%以上がこれまで死亡しているとのデータを公表した。

この種の密航を図ったのは1947年以降、少なくとも126人とした。

英ロンドンでは最近、自宅の庭で日光浴を楽しんでいた男性の至近距離に、上空を通過する旅客機に隠れていた男性が落下する騒ぎもあった。死亡したこの男性はロンドンのヒースロー国際空港への着陸態勢にあったケニア航空機内に潜んでいた。

FAAによると、密航のため旅客機などに忍び込んだ行為は計44カ国で発生。最多はキューバの9件で、中米のドミニカ共和国と中国が次いだ。最大で34件がアフリカ諸国の空港で発生していた。

米航空会社の旅客機に隠れ、米国内で発覚したのは3件。2014年には16歳少年が旅客機の車輪収納室に隠れ、米カリフォルニア州サンノゼからハワイ州マウイ島までの5時間の飛行を耐えていたことが判明し、世界に衝撃を与えていた。

2000年には24歳男性がエールフランス航空の旅客機に積まれた貨物コンテナ内に潜み、キューバ・ハバナからパリまでの14時間の飛行を我慢していた。

旅客機などを使った密航行為では車輪収納室に身を潜めるのが常套(じょうとう)手段だ。ただ、着陸のため車輪が外へ出始めた際に押しつぶされたりする危険がある。また、収納室は車のトランクより狭い場合が多い。

さらに高度飛行に達した場合、酸素が欠乏し始め、意識を保つのが難しくもなる。飛行中、機外の温度も激しく下がり、密航者の血流に悪い影響を与える。凍傷や低体温症に襲われる危険性も出てくる。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そして、何より怖いのが「密航者じゃなく自爆テロリストが潜り込む」事でして、保安当局はもっと警戒を・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

開く コメント(2)

 オリュンポスの神々も、この暑さにはヘトヘトみたい・・( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

       アテネのアクロポリス、暑過ぎて一時閉鎖 熱波被害


(CNN) ギリシャの首都アテネにある世界的な観光名所「アクロポリス」が猛暑に襲われ、見物客を一時締め出す一幕がこのほどあった。欧州各地は現在、この時期としては異例の熱波に見舞われている。

アクロポリスが閉鎖されたのは4日のことで、CNNの気象担当記者によると同日には35.6度が観測された。ただ、5日には通常通り、公開された。

この時期における同市の気温は通常なら32度前後。これが今週は37.7度にまで上昇していた。

アクロポリスへの訪問客に対しては3日、国家気象当局の予報に従う形で気温が40度を超えた場合、午後1〜5時の間、閉鎖されると情報を流していた。同時間帯は1日の間で通常、最も暑い。

CNNの気象予報によると、欧州を襲う熱波は少し途切れた感があり、気温は平年をわずかに上回る水準となっている。ただ、来週には再びぶり返し、最高水準に到達すると予想されている。特に10日には急上昇する見通し。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 観光地も、酷暑対策をしっかりしないと浮沈に関わるってか?(思案)

開く コメント(0)

 LGBTの皆様でも「おっさんのセミヌードが町中にテンコ盛り」は流石に需要が少ないですし、ある意味当然ってか(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

   男性が腹を出す「北京ビキニ」、中国済南市で禁止に 「非文明的」

北京(CNN) 中国の都市部では毎夏、炎天下で涼むため中年男性がTシャツを腹の上にまくりあげている。こうしたスタイルは至る所で見られ、「北京ビキニ」という名前まで付いた。

しかし今週の気温が36度に達するなか、東部の山東省済南市は2日、公共の場所でのシャツ着用を命じる通知を出した。

中国の中年男性がシャツをまくりあげて腹を出したり、上半身裸になったりするのは見慣れた光景だ。

通知によると、済南当局はこうした「非文明的な振る舞い」を矯正したい考え。市民からは街のイメージを傷つける「非文明的な現象」について苦情が寄せられていたという。

当局は「シャツを脱いだ状態」や「体のみだらな露出」など、公共の場所での不適切な格好を取り締まる方針で、他にも公共の場所での口論、列を飛ばす行為、ごみのポイ捨て、「非文明的な犬の散歩」が対象となる。

ただ、ソーシャルメディア上では、行き過ぎた規制だという声が多い。

ユーザーの1人は「エアコンをつけるよりシャツを脱いだ方が二酸化炭素を削減できる」と指摘。「高齢者の自由にさせよう」とのコメントもあった。

北京に近い沿岸部の天津市では5月、シャツを着ずにスーパーで買い物をしたとして、男性が罰金を科される事案も起きていた。天津市は今年、上半身裸になる行為を禁じる法令を導入している。 (CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 でも、ヌーディスト団体が「裸になる権利を侵害する中国を敵視」するのは必至でして、それこそ「欧米上層部に実はヌーディストが多い?」そうですし、案外・・( ̄▽ ̄)

開く コメント(0)

 なにかしら「双方示し合わせての炎上商法」に見えるのは自分だけ?( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ツタンカーメン王の像、6億4000万円で落札 エジプトは抗議 


古代エジプトのツタンカーメン王をかたどったとみられる頭像がロンドンでオークションにかけられ、470万ポンド(約6億4000万円)で落札された。オークションを運営したクリスティーズが4日に明らかにした。頭像をめぐっては、エジプト政府が国内から盗まれたものだとしてオークションを中止するよう求めていた。

高さ約28センチのこの像には、ツタンカーメン王に似た特徴がみられる。落札者の氏名は明かされていない。


エジプト側からの抗議の声を受け、今回のオークションは大きな議論を呼んでいる。先月、同国の考古省はクリスティーズと国連教育科学文化機関(ユネスコ)に対してオークションの取り下げの要請を出し、像の出自を証明する文書の提示を求めた。

さらに、ロンドンのエジプト大使館は英外務省に像の返還を求め、このオークションからエジプトの出土品などをすべて取り下げるよう呼び掛けてもいた。

一方クリスティーズは像について、1985年に独ミュンヘンの古美術商から入手したとして、その前の持ち主の名前を挙げ、所有権や輸出手続きに疑問のある物は出品していないと主張する。像は一度も調査の対象になったことはなく、エジプト当局も過去に懸念を表明してはいなかったという。像の存在自体は広く知られており、公共の場での展示も行われている。

ツタンカーメン王は紀元前1333年ごろに9歳で即位し、その治世は19歳で亡くなる同1323年ごろまで続いた。埋葬された王墓はルクソールからナイル川をはさんだ西側に位置する「王家の谷」と呼ばれる場所にあり、当時の状態を比較的よくとどめたまま発見されたことで知られている。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 落札者も匿名みたいですし、益々怪しさが・・( ̄▽ ̄)

開く コメント(0)

 四国八十八ヶ所の世界遺産登録的には朗報でして、ねえ・・( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  アジア太平洋の観光地ランキング、四国が2位に ロンリープラネット

(CNN) 観光ガイドブックを発行するロンリープラネットが、アジア太平洋の観光地ランキング2019年版をまとめた。日本からは四国が2位にランク入りしている。

これまでのランキングはアジアを対象としていたが、今年からはオーストラリアとニュージーランドを含めてアジア太平洋地域に拡大した。

今年はオーストラリア西部のマーガレットリバーと西オーストラリア州南部が1位に選ばれた。同地はワインとサーフィン、美しい海岸線で知られる。

2位の四国は鳴門の渦潮、高知城、祖谷渓などの名所があり、ロンリープラネットによれば、海外からの観光客が増えている。

3位に入ったニュージーランドのアイランズ湾と北島は、亜熱帯の島々や先住民マオリの伝統文化、美しい光景が楽しめる。

昨年の映画「クレイジー・リッチ」の舞台にもなった4位のシンガポールはグルメや素晴らしい空港が魅力。7位のフィジーは豊かなジャングルだけでなく、持続可能性への取り組みも注目され、「太陽光発電のリゾートから地元で採れた食材、サンゴ礁の再生プロジェクト、プラスチック利用の制限に至るまで、エコツーリズム推進に力を入れている」(ロンリープラネット)という。

2019年のアジア太平洋の観光地10選は以下の通り。

1.マーガレットリバーと西オーストラリア州南部

2.四国

3.アイランズ湾と北島

4.シンガポール

5.クック諸島

6.ベトナム中部

7.フィジー

8.パラワン島(フィリピン)

9.北京(中国)

10.カンボジア(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 バリ・ペナン・プーケット・パタヤ・セブのようなメジャーどころが軒並み落選とは、やはりメジャーすぎて飽きられた?(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事