歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

これがホントの「☆信じられないが

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 「華の都」も「永遠の都」も、内情はかなりprprでして・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    パリが観光バス規制へ、欧州で広がるオーバーツーリズム懸念


(CNN) フランス・パリのグレゴワール副市長は4日までに、市内の観光バス規制に乗り出す方針を明らかにした。観光バスはパリを「大混乱」に陥れているとの認識を示し、「市中心部ではもはやバスを歓迎しない」と明言している。

観光バス規制は、過剰な観光客が押し寄せるオーバーツーリズムに対する対策の一環として打ち出した。

イタリアのベネチアやスペインのバルセロナほど深刻な影響は出ていないものの、パリ市民は増えすぎた観光客が引き起こす問題に対して懸念を強めているとグレゴワール副市長は指摘する。

市は団体観光に対して開かれた姿勢を示し、無料で利用できる公衆トイレを設置するなど対応に力を入れてきたと副市長は強調。一方で、観光客はバスを使わなくても「公共交通機関の利用や環境に優しい移動手段」を利用できると指摘した。ただ、高齢者にとって団体ツアーは利便性が高いことも認めている。

観光バス規制はツアーガイドにとって厳しい措置かもしれないが、ガイドもそれに慣れ、サイクリングやウォーキングツアーを利用する必要があると副市長は述べ、「誰もが働き方を市のニーズに合わせなければならない」と訴えた。

グレゴワール副市長はさらに、住宅費の高騰にも懸念を示し、その一因は民泊サービスのエアビーアンドビーにあると主張している。パリの治安については、犯罪発生率は世界の他の大都市に比べれば低いとの認識を示した。

ベネチアでは、大型クルーズ船がツアーボートに衝突する事故が6月に起き、増えすぎた観光客に対して市民が不満を強めている。

アムステルダムはオーバーツーリズム対策のため、観光地としての宣伝を中止する方針を観光局が決めた。(CNNより抜粋)



ローマ、ごみで健康被害の可能性 長年の失政、嘆く市民 Jul 3 2019


 イタリアの首都は、夏の暑さで悪化している新たなごみの緊急事態に苦しんでいる。市内の街路のいたるところにごみ箱があふれ、ローマの医師たちは健康に悪影響をもたらしかねないとして警告を発している。

 ごみの投棄は、何十年にもわたって永遠の都市ローマを苦しめ続けてきた。マラグロッタ廃棄物埋め立て地が2013年に閉鎖されて以来、毎年捨てられる170万トンものごみを処理できる広大な土地はローマのどこにも残されていない。

 3年前、ポピュリズム政党「五つ星運動」のビルジニア・ラッジ市長が市政を指揮するようになって以来、ごみ問題が急激に再浮上し、ローマの悩みの種となっている。歴代の市長はそれぞれ異なる政党から誕生したため、誰一人としてこのごみ問題を解決できないままでいた。


 ラッジ市政は、人々の健康を脅かし、街のイメージを損なうごみの山をめぐる旅行客とローマ市民からの強い不満と憤りに直面している。

「私は、ローマが第三世界、いや、第四世界にまで成り下がってしまったと思う。ラッジ市長もたまにはこの辺りを少し散歩してみるべきだ。私はラッジ市長の住む近所に行ったことがあるが、すべてきれいに整っているのだから」とローマ在住のロザンナ・フランザ氏は語る。

アレシアとだけ名乗ったもう1人のローマ在住の女性はAP通信に対し、先日はネズミが自分のそばを歩いていたし、夕方には「信じられないほどの強烈な悪臭」が立ち込めるため、外に出ることさえできないと話す。

 犬、猫、ネズミ、またはカモメのような鳥でさえも、食べ物を求めてごみ箱を漁るために、糞尿を介して細菌感染が広がっており、深刻な健康状態の危機にさらされているとイタリア学術会議(CNR)のロベルト・ヴォルペ医師はAP通信に語る。

 ヴォルペ医師は、「ごみを出して捨てるときにこそ、我々にとってより深刻な危機が訪れる。汚染物を各家庭に持ち帰ってしまう恐れがあるからだ。だから、ごみを扱った後は適切に手を良く洗うことが非常に重要だ」と警鐘を鳴らす。

 ヴォルペ医師はまた、怒っている市民に対し、ごみの山に火をつけないようにと呼びかけている。ごみを燃やす時に発がん性のあるダイオキシンを含む汚染物質が発生し、人々の健康に深刻な悪影響を及ぼしかねないと訴えている。

 絶え間なく続くごみの緊急事態について、ローマ当局者たちは解決案をめぐり頻繁に対立している。この問題には、長期的な対応策が必要であるという認識では一致している。

 ローマの環境と都市政治を考える地方委員会の議長を務めるマルコ・カッチャトーレ氏は、「正直に言おう……。誤った施策が60年間も続き、その結果深刻化したごみ問題をたった1年やそこらで解決する方法など存在しない。市民には真実を語ろう。我々は人間だ。この厄介で構造的な状況は短期的に解決するのは不可能だ」と話す。(ニュースフィアより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ホント、欧州って「根本の性根は中世から変わってない」ってか?(;´д`)トホホ

開く コメント(3)

開く トラックバック(1)

 この手のランキングは「日本勢がほぼ上位独占」と思ってましたが、意外だなあ・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    世界一混雑がひどい列車は? 中央線7位、舎人ライナー9位


(CNN) 米グーグルの地図サービス「グーグルマップ」に公共交通機関の混雑を予測できる新機能が加わり、同社はユーザーから寄せられた情報をもとに、世界の主要路線について混雑状況を比較するランキングを発表した。

グーグルマップの新機能では、世界200あまりの都市で交通機関の混雑状況をチェックできる。混雑度ランキングは2018年10月〜19年6月にかけ、ユーザーから寄せられたラッシュアワー(午前6時〜10時)の混雑情報を分析してまとめた。ユーザーの情報は匿名化した上で集約して分析を行った。

グーグルマップではユーザーに通知を出して、自分が乗っている列車や地下鉄、バスなどの混雑状況を報告するよう呼びかけていた。


米ニューヨークや東京の通勤客は、自分たちの利用する路線が世界最悪だと思っているかもしれない。しかしグーグルのランキングでは、南米アルゼンチンとブラジルの路線が上位を独占した。アジアからランク入りしたのは東京の2路線のみだった。

混雑がひどい路線の世界ランキングは以下の通り。

1.ブエノスアイレス(アルゼンチン) ウルキサ線

2.サンパウロ(ブラジル) 11号線(コーラル)

3.ブエノスアイレス A線

4.サンパウロ 8号線(ダイヤモンド)

5.パリ(フランス) 13号線

6.ブエノスアイレス C線

7.東京 中央線

8.サンパウロ 9号線(エメラルド)

9.東京 日暮里・舎人ライナー

10.ニューヨーク(米国) L線(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 TVE&バンテランテス等を見てますと「ラテン男性はセクハラ的にかなりprpr」だそうでして、痴漢被害は日本よりもぶっちぎりでは?(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 この手の下馬評は「先行逃げ切りになるのは半々」でして、さてさて‥(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ハリス氏とウォーレン氏が躍進、バイデン氏は支持減らす CNN世論調査


ワシントン(CNN) 2020年に行われる米大統領選への出馬を目指す野党・民主党の候補者のなかで、カマラ・ハリス上院議員とエリザベス・ウォーレン上院議員の2人が支持を伸ばしたことがわかった。一方、優勢とみられていたジョー・バイデン前副大統領は支持を減らした。CNNが調査会社SSRSに委託した調査で明らかになった。

今回の調査結果は、民主党の指名争いが非常に接戦であることを示唆しているといえそうだ。

世論調査は2日間にわたって行われたテレビ討論会後に行われた。調査によれば、民主党支持もしくは民主党寄りの無党派層の22%がバイデン氏を民主党候補として支持した。ハリス氏を選んだ人の割合は17%、ウォーレン氏を選んだ人の割合は15%、バーニー・サンダース上院議員を選んだ人の割合は14%だった。他に支持率5%に達した候補者はいなかった。

バイデン氏の支持率は5月調査時から10パーセントポイント減少した。ハリス氏は9パーセントポイント、ウォーレン氏は8パーセントポイント支持を増やした。3人以外に支持率が大きく変化した候補者はいなかった。

ハリス氏は2日目の討論会でのパフォーマンスが評価された。討論会を視聴したり、討論会のニュースを追ったりした人のうち41%がハリス氏が討論会で最も良かったと答えた。

討論会では、ハリス氏とバイデン氏が対決。ハリス氏はバイデン氏に対して、1970年代に人種差別撤廃に向けて行われたバス通学に反対の姿勢を示したことや、上院議員時代に分離主義政策を主張する議員と協力したと発言したことについて直接尋ねた。こうした討論がハリス氏に追い風となったようだ。

世論調査は6月28日から30日にかけて無作為に抽出した全米の成人1613人を対象に固定電話もしくは携帯電話でインタビューした。誤差の範囲はプラスマイナス3パーセントポイント。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こういうのは得てして「先行しすぎると風圧モロ喰らって却って後半戦でバテる」モノでして、ウォーレン&ハリス閣下的にはむしろ危機感モノ?(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 警察の人種差別意識丸出しの対応もアレですが、点滴つけた状態でフラフラ病院敷地外に出るのも・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



      点滴つけて外出の黒人患者、盗みの疑いかけられ逮捕 米


(CNN) 米イリノイ州の病院で先月、点滴をつけたまま外出した黒人の患者が警備員に呼び止められ、点滴装置を盗もうとした疑いをかけられた。患者は同行の2人とともに逮捕され、人種差別的な扱いを受けたと苦情を申し立てている。

シャキール・デュークスさん(24)がフェイスブックへの投稿で説明したところによると、デュークスさんは先月、休暇で同州フリーポートに滞在している間に肺炎で倒れ、2日間入院した。

2日目の9日午前、気分が良くなったので医師の許可を得て散歩に出た。兄弟と交際相手の男性が同行して病院の外へ出ると、警備員が3人を呼び止め、デュークスさんの点滴スタンドを見て、インターネットのオークションで売り飛ばすつもりかと尋ねた。



デュークスさんが散歩に出ただけだと説明し始めた時、警備員は警察に「黒人男性3人が病院から医療機器を盗み出そうとしている」と通報した。警官が出動し、秩序を乱した疑いなどで3人を逮捕した。

デュークスさんは連行される車内でぜん息の発作を起こし、警察署から手錠をかけられたまま病院へ送り帰されたという。

警察の報道官によると、この件については外部のチームが事実関係を調べている。責任者は別の警察署の黒人署長が務めているという。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 こういう対応は南部の専売特許と思ってましたが、北部でも実態はそう変わりない?(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 そもそも「ゴーンさんとは月とスッポンな虚名だけが大きかった御仁」にしか見えないのですが、死者に鞭打つのもアレですし・・(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    リー・アイアコッカ氏死去 クライスラー救った米自動車業界の象徴


ニューヨーク(CNN Business) 米フォード・モーターとクライスラーの経営者を歴任し、自動車業界の象徴的存在だったリー・アイアコッカ氏が2日、死去した。94歳だった。

アイアコッカ氏は1980年代、経営破綻(はたん)寸前に陥ったクライスラーを救った手腕で知られる。フォードのマスタングやクライスラーのミニバン開発でも主導的役割を果たした。

遺族もアイアコッカ氏が2日に死去したことを確認した。自然死だった。

1924年10月15日、ペンシルベニア州アレンタウンに生まれ、46年にフォード・モーターに入社。マスタングの開発を主導し、70年には社長に就任したが、ヘンリー・フォード・ジュニア氏によって78年に解任された。

「私は移民の子として生まれ、フォード・モーターの社長に上り詰めた」。アイアコッカ氏は1984年の自伝にそう記している。「ついにそこへ到達した私は世界の頂点にいた。だが運命が私に告げた。『まだ終わらせはしない。エベレスト山から蹴落とされる感覚を味わってもらおう』と」

78年にクライスラー入りしたアイアコッカ氏は、79年に最高経営責任者(CEO)に就任し、経営破綻寸前だった同社を救った。

米国の消費者には、「もっといい車が見つかるのなら、それを買おう」と呼びかけるクライスラーのテレビCMの顔として親しまれた。

92年にクライスラーを引退し、95年にはストックオプションの行使を不正に妨害されたとして同社を提訴。これに対してクライスラーは、当時同社を買収しようとしていたカーク・カーコリアン氏に極秘情報を提供したとして、アイアコッカ氏を提訴した。両者の訴訟は1996年に和解が成立した。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ホント、生きてるうちに「クライスラーがダイムラーやフィアットとケッコンカッコカリ」した事をどう思っているか聞きたかった・・(思案)

開く コメント(0)

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事