歴史好きのダボラ吹き

「令和の御代」の始まりが・・

これがホントの「☆信じられないが

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

 経済的合理性からは妥当でしょうが、政治的には最悪の選択でして、ねえ?(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     Mac Proの生産拠点、米国から中国に移転へ アップル


ニューヨーク(CNN Business) 米アップルがデスクトップパソコン「Mac Pro」の新モデルについて生産拠点を米国から中国へと移転する考えであることがわかった。米紙ウォールストリート・ジャーナルが報じた。

これまでのMAc Proはテキサス州オースチンの工場で最終的な組み立てが行われていた。

アップルは、台湾の広達電脳と提携する。今回の生産拠点の移転は、米国へと輸出する部品に関連したコストの削減に向けた取り組みの一環。

アップルは声明で、「最終的な組み立ては製造工程の一部分に過ぎない。全てのアップル製品と同様に新しいMac Proはカリフォルニア州でデザイン、設計され、米国も含む各国の部品を含んでいる」と述べた。

アップルによれば、同社は30州の生産施設を支援しており、昨年は9000を超える米国の部品供給業者に対して600億ドルを投じた。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ホント「企業経営における『合理性追求』」とは「必ずしも純然たる経済的視点だけではだめ」って事でして・・(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 ある意味「エジプトよりも先行」してただけに、この種の発見には事欠かないってか?( ̄▽ ̄)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


    貯水池から古代の宮殿が出現、干ばつで水位下がる イラク北部


(CNN) イラク北部のクルド人自治区でこのほど、3400年前のものとみられる宮殿の遺跡が見つかった。現地を襲った干ばつの影響で貯水池の水位が下がり、これまで水の下にあった宮殿が姿を現した。

現場はチグリス川の川岸に位置するモスルダムの貯水池。研究者らは報道向けの発表の中で、今回の発見を機に考古学上の調査が進めば同地に存在したミタンニ王国への理解が深まるとの期待を語った。ミタンニ王国は、古代の中近東にあって最も研究が進んでいない王国の1つ。

当時、宮殿は川からわずか20メートル程度の地点で形成された段丘の上に建てられていた。段丘部分には泥れんがによる補強が加えられた。



宮殿の壁も泥れんがを積み上げて作られ、独テュービンゲン大学古代中近東研究所の考古学者、イバナ・プリーツ氏によれば最大で2メートルの厚さがあったという。

/いくつかの壁は高さ2メートルを超え、部屋によってはしっくいが塗られていた。研究チームは青や赤に彩色された壁画も発見。当時の建造物で壁画が残存しているケースはまれで、「考古学上のセンセーション」との見方を示している。

現場からはこの他、楔(くさび)形文字を記した粘土板10枚も見つかった。これらの文字を捉えた高画質の画像はすでにドイツへ送られ、今後解読が進められる。

プリーツ氏はCNNの取材に対し「解読を通じて、ミタンニ王国の内部構造に関する情報を引き出したい。経済を成り立たせていた組織の実像や、王国の首都と周辺地域における行政の中心地とがいかなる関係を築いていたのかを明らかにできればいい」と語った。

/貯水池の下にある宮殿は、水位の低下によって2010年にその存在が確認されていたが、実際に発掘が可能になったのは今回が初めて。

ただ発掘後まもなく、遺跡は再び水の中に沈んでしまった。プリーツ氏によると「また姿を見せるのがいつになるのかはわからない」という。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 クルディスタン的にも「油田と並ぶ稼ぎ頭を確保」出来たわけでして、ホクホク顔モノ?( ̄▽ ̄)

開く コメント(0)

 日本でいえば「菊の御紋入りのスニーカー発売」するようなものでして、その非常識ぶりには・・(ヽ(`Д´)ノプンプン)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    米ナイキ、スニーカーの発売中止 独立当時の星条旗をデザイン


ニューヨーク(CNN Business) 米スポーツ用品大手ナイキが、米国独立直後の星条旗をデザインした新作スニーカーの発売を中止したことがわかった。

このスニーカーは1日に140ドル(約1万5000円)で発売される予定だったという。

米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、ナイキは商品をいったん小売店へ送った後、返品するよう要請した。人種差別への抗議行動で知られ、ナイキの広告にも起用された米プロフットボールリーグ(NFL)元選手のコリン・キャパニック氏らが、不快なデザインだと抗議したためだ。



スニーカーの星条旗は星の数が現在の50個ではなく、独立当時の州の数と同じ13個になっていた。これは1777〜95年に使われたデザインだ。

すでに消費者の手に渡った商品があるかどうかは明らかでない。

ナイキは先月、一部商品の担当デザイナーが香港のデモを支持したとの理由で中国から反発を買い、該当する商品の同国での販売を中止した。

5月にはスニーカーの新作モデルにパナマ先住民の伝統的なデザインが使われているとの抗議を受け、同モデルの発売を中止した。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この手の危機管理能力の甘さは、下手すれば企業の浮沈にも関わるわけでして・・(;´д`)トホホ

開く コメント(0)

 これがホントの「羹に懲りてあえ物を吹く」ですが、反対の対応よりは一億万倍マシでして、ねえ・・(思案)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


       「鳥の群れ」に戦闘機出動 韓国軍、北朝鮮ヘリと誤認


 韓国軍合同参謀本部は1日、北東部の江原道にある非武装地帯(DMZ)周辺で午後1時ごろ、南方に移動する飛行物体をレーダーで捕捉したと発表した。聯合ニュースによると、軍が北朝鮮のヘリなどの可能性があると判断し複数のF16戦闘機が出動したが、その後、同本部は「鳥の群れ」だったと発表した。

 韓国軍は6月、北東部・三陟で北朝鮮住民が乗った漁船が接岸したのをレーダーで捕捉できず、韓国メディアの批判を受けていた。

 聯合ニュースによると韓国軍は1日、北朝鮮との偶発的な衝突を防止するための通信回線で北朝鮮側に通知を送ったが、反応はなかったという。(産経より抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 案外「本当は『そんな大編隊飛ばせる程ウチに燃料ないのは知ってるくせに、嫌みか!?(ヽ(`Д´)ノプンプン)』と罵声で返された」ってか?( ̄▽ ̄)

開く コメント(2)

 つまり「肉食系は子宝に恵まれにくい」って事ですか?(;´д`)トホホ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

        ジャンクフード好きの若年男性、精子少なく 米調査


(CNN) ハンバーガーやピザなど脂肪分の多い欧米型の食品ばかり食べている男性は、魚や野菜を中心とする健康的な食生活をしている男性に比べて、精子の数が平均で2560万個少ないという調査結果を、米ハーバード大学の研究チームがこのほど発表した。

1ミリリットル当たりの精子の数が1500万個を下回る男性、または1回の射精に含まれる量が3900万個に満たない男性は精子が少ないと診断される。男性の精子が少なければ、パートナーの不妊の原因になることもある。

今回の研究は、オーストリアのウィーンでこのほど開かれた欧州生殖・胎生学会の年次総会で発表された。「欧米諸国ではこの数十年間で、精子の数が減り続けている」と研究チームは指摘する。北米と欧州、オーストラリア、ニュージーランドの男性の精子の数は、2011年までの40年の間に59%減ったという報告もある。

研究チームでは、デンマークで2008〜17年にかけて兵役のために義務付けられた健康診断を受けた健康な男性約3000人について、食事の内容と精子の質を調べた。

その結果、精子の数は、魚や鶏肉、野菜、果実、水を中心とする健康的な食生活をしている男性が最も多いことが分かった。続いて「ベジタリアン(野菜、豆乳、卵)」の男性、「スモーブロー(加工肉、全粒粉、マヨネーズ、調味料、乳製品)」の男性の順だった。

一方、赤身肉や揚げ物など脂肪分の多い欧米型の食生活をしている男性は、健康的な食生活をしている男性に比べて、喫煙など他の要因を除外すると、精子の量が886万〜4230万個少なかった。

研究チームは「健康的な食生活を続けることで、精子の量が増え、精子の機能も向上することが、今回の調査で裏付けられた」と指摘している。(CNNより抜粋)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 日本でも、少子化対策として食生活の改善を‥(思案)

開く コメント(2)

全1199ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事