ここから本文です
FREEDOM TRAIN
電車、バス、ママチャリ、徒歩、時にはヒッチハイクで、もっと遠くへ。

引っ越ししました。

新しいブログサイトを開設しました。
よかったらぜひ見てやってください!


※このブログをどうするかはまだ未定です。

この記事に

一泊二日、長野経由で帰省から戻る計画の僕は、別所温泉の山奥のゲストハウスで宿泊しました。この日も朝早く、なんと駅まで送ってもらいました。

上田電鉄で上田駅まで戻り、しなの鉄道で小諸駅へ。
ここから、日本一の高原路線となっている、JR小海線に乗ります。
イメージ 2

赤い電車がしなの鉄道。
イメージ 1

これがJR小海線の車両。
イメージ 3

途中、佐久平駅で長野新幹線?北陸新幹線?とすれ違いました。
イメージ 4

目的地はここ。
イメージ 5

JRでは日本一高いところにある、野辺山駅。標高なんと1345.67m!
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

それにしても最高駅ってめっちゃ推してくるなぁ〜笑
(一応立山のトロリーバスに室堂駅というここより1000mも高い駅が存在するが、駅とはいえレールはなく来るのはバスのみらしいのでほぼノーカン)

標高1000mということを忘れて外へ出ると、これがめっちゃ寒い!
最初は頑張って歩いてみたけれど、突き刺さるような寒さ^^;
途中で引き返して、レギンスを履き、マフラーを巻き、ニット帽を被り、手袋をして完全防備にしたらもう一度歩きだします。これなら余裕〜〜!

そして次なる目的地へと向かい、線路沿いをひた歩きます。
イメージ 10

イメージ 11

標高1,000m超ってもっと険しい山の中を想像してたけど全然そんなことない!
これが高原というものなんですね。
イメージ 12

線路沿いを歩いていくと、たどり着いたのはここ、JR鉄道最高地点!
これを拝むためだけにここへ来ました。笑
イメージ 13

標高1375m!出発地の野辺山駅より30m高いです。
先程の野辺山駅は日本一高い"駅"に対し、ここは日本一高い"線路"ということです。
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

意識高い大学生は自撮りも怠らない。完全防備してるのも分かりますかね?
イメージ 17

帰りは少し線路から離れた道を歩いて高原を堪能しました。

野辺山駅へ戻ったら、小海線の続き。次は終点の小淵沢まで乗ります。
こぶち!っていう遊び。笑
イメージ 18

ここまで来たらもう東京みたいなもん!
中央線を乗り継いで無事バイト先までたどり着きました←え
今回もまたまたバイトで終わる旅(四国に行ったときのこと参照)

この日のルート
別所温泉
↓上田電鉄
上田
↓しなの鉄道
小諸
↓小海線
野辺山
↓小海線
小淵沢
↓中央線
高尾
↓中央特快
新宿

冬休みまとめ
成人式が名古屋であったので、実は東京-名古屋間をもう一往復してるんですけど、、冬休み全部数えてみると計四往復してました。。もう本当にアホ。笑

地図に書き込んでみるとこんな感じ...
イメージ 19

延べ移動距離は実に2600km。これは札幌-鹿児島間の距離とほぼ同じです。
しかもこれをほぼ全て青春18きっぷで移動しましたから^^;


こんだけ移動時間多いと無駄な時間過ごしてるって思うかもしれませんが、案外そうでもなくて、普段ほとんど読むことのない本を読むのに丁度いいということを最近発見しました。スマホいじってると電池すぐなくなっちゃうんで。今回はこの時期らしく『雪国』を読破しました(トンネルも何度もくぐりました)

 
時間の潰し方も会得した僕はもう無敵!どこまででも行ける気がする!笑
てことでまだまだ18きっぷの旅は続けますよ〜〜
 
あーー、これでようやく冬休み書き終わった。。
春休みのことが溜まりに溜まってるので、ぜひこれからも見てやってください(^0^)
 

この記事に

orangeの舞台を一通り巡った僕は、松本駅に戻ります。
そこで、篠ノ井線の長野行きに乗車。

この路線で有名なのは、スイッチバックと、その最中に見える美しい車窓です。
スイッチバックとは
険しい斜面を登るため、ジグザグに敷かれた線路を方向転換しながら進んでいく設備のこと。昔は日本各地に存在していたが、技術の進歩などにより効率のいいとは言えないスイッチバックは次第に解消されていったとのこと。
この篠ノ井線の姨捨(おばすて)駅にあるスイッチバックの構造は、めっちゃ簡単に表すとこんな感じになっています。(さすがに適当すぎ??笑)
イメージ 1

姨捨駅で通過電車を待つ際、眼下には一面の棚田が広がります。
ここの車窓は日本三大車窓になっているそう。
イメージ 2
イメージ 3
今度はここで下車してみたいですね。

長野駅に着きましたが、長野市は実は去年来たばっかりなので、当時まだ開通していなかった北陸新幹線という案内を確認して、そばを食べるだけにしました。
イメージ 4

駅前にある「そば亭 油や」というお店の戸隠おろしそば。
イメージ 5

「門前回廊」と名づけられた長野駅の新しい駅舎。
名前がかっこいいと駅もより美しく感じられます。
イメージ 6
イメージ 7

長野駅からは、しなの鉄道で上田へ。
今大河ドラマで話題になっている真田幸村のゆかりの地であり、街ぐるみで盛り上げようとしています。

上田に向かったのは、長野から上田までノンストップの快速しなのサンセット号。通勤通学に使われているようで、めっちゃ多くの人が乗っていてびっくりしました。
イメージ 8
イメージ 9

駅には赤い家紋が一面に貼られていました。
イメージ 11
イメージ 10

もう夜も遅く外も暗いので、上田城を少し見るだけに。
イメージ 12
イメージ 13

1時間くらいぶらぶらした後、今度は上田電鉄に乗ります。(手ぶれ…汗)
イメージ 14

終点別所温泉まで。終点まで乗っていたのは自分一人だけという…笑
イメージ 15

この日は別所温泉の奥にあるゲストハウスに泊まりました。

暗い山道を15分くらい登ってようやくたどり着いた一つの民家。
本当に着くのか不安で仕方なかった。。怖かった。。。
でも中はめっちゃきれいでした。これを1人で使えるのは贅沢!
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18

オーナーも優しい人で、いい経験になりました。


こんな感じで、orange巡りに始まったこの日は盛りだくさんの内容でした。

次の日は、鉄道で行ける日本で一番高いところ!(ただしJRに限る)
ぜひお楽しみに〜〜
この日のルート
鶴舞(名古屋市)
↓中央線
中津川
↓中央線
松本
↓篠ノ井線
長野
↓しなの鉄道 快速サンセット
上田
↓上田電鉄
別所温泉

この記事に

更新遅くなってしまってごめんなさい。。
ようやく、新年のことについて書けます!!

1月は6,7日にバイト、8日は授業があったので、それに合わせて東京に戻りました。今回は1泊で長野経由!

1/5 (ついに)orange聖地巡礼
名古屋市内鶴舞駅からほぼ始発の中央線。まずは松本へ向かいました。
松本は再三紹介してきたorangeの舞台。ついに来てしまったよ、、!

コブクロが主題歌やるってことで読み始めたorangeも、今では完全にはまってしまいました。。

最初に向かったのは、夏祭りがあった縄手通り、四柱神社周辺。
イメージ 6
完全に一致。

お祭りで二人が歩いたところがこの縄手通り。
イメージ 13

お祭りのあと二人が立ち寄った四柱神社。
そのとき菜穂と翔が翔の母について話したところです。
イメージ 7

その近くにある松本城。ここは表紙にしか登場してないかな?
イメージ 8
はい、完全に一致。

こちらは映画のワンシーン。
翔が自転車でトラックに突っ込みそうになったとこです。
イメージ 1

その上にある城山公園。
イメージ 2

ここが菜穂と翔が登った展望台。
イメージ 9

そして映画ではこの桜並木を菜穂が歩くシーンから始まります。
本当は満開なんだけど…笑
イメージ 3

再び松本駅に戻って、あずの家のパン屋さんのモデルになったお店へ。
野沢菜パンとメロンパンを食べました。
イメージ 10

上田先輩とデート中の翔を除く5人で来た松本パルコ。
イメージ 14

イメージ 15

あがたの森公園。原作に何度も登場しましたね。
イメージ 4

始業式の日みんなで通った松並木(映画ver.かな?)。
イメージ 5

1巻、2巻の表紙はここ。
イメージ 11

菜穂が翔にお弁当を渡す場所もあがたの森公園です。
イメージ 16

そのちょっと南にあるのが、つかま橋。
イメージ 17

さらに歩くと、弘法山。
あがたの森公園もちょっと歩いたけど、ここはめちゃ遠かった。。
イメージ 12
はい、完全に一致(?)

松本市内を5時間くらいかけて歩いたかな?
なかなかの距離を歩いたと思います。。

こちらがこの日歩いたルート。
イメージ 18

こんな感じで、普段あんまりしないようなことをしてきました!笑
実は松本は去年も一度行ったことがあったのですが、だからこそここまでorangeにはまったのかもしれません。マンガにしろ映画にしろ小説にしろ、こういう風にその土地が感じられる作品ってすごくいいなと思いますね!

この後は我に返って←、いつも通り電車旅をしました。
orangeについて思ったより長くなっちゃったのでそれはまた次の記事で!
ぜひお楽しみに〜〜!

この記事に

 お久しぶりです。今で何していたかというと、大学のテストからの車校合宿てきなことをしておりました。今さらながら冬休みを振り返ってみようかな、と。笑

 冬休みは、とにかく移動しまくりました。まあいろいろあって東京-名古屋間を無駄に3往復しました。何回かに分けて、ダイジェストっぽく紹介します〜!

12/26 ムーンライトながら
 バイト先の飲み会が終わったのが22時頃。そんな時間から向かったのは東京駅。夜行バスではなく、23:10発の夜行快速「ムーンライトながら」に乗るため。特急ではないので、青春18きっぷ+指定席券で乗ることができるんですね。ヤフオクで入手したチケットでいざ乗車!
イメージ 1

12/27 桑名・大垣・彦根
 目を覚ますとあっという間に…という訳にはいかなかったけれど、無事名古屋駅に到着。1度実家に戻って荷物を整理したら、弟を従えて残った18きっぷでぶらり途中下車の旅へ。

 まずは名古屋駅から関西本線で三重県の桑名駅へ。これを見てください。これの何がすごいって、3つの路線全て線路の幅が違うということなんです。(鉄ヲタにしか分からない)
イメージ 2

近鉄名古屋本線 : 広軌(標準軌) 1,435mm
JR関西本線 : 狭軌 1,067mm
三岐鉄道北勢線 : 特殊狭軌 762mm

広軌は新幹線などと同じ幅で、標準とも言います。その割には日本では広めの幅。新幹線の他には羽田と成田の空港を結ぶ京急線、都営地下鉄浅草線、京成線や、関西の多くの私鉄に見られます。
狭軌は多くのJR路線などに見られ、日本で1番多い幅。
特殊狭軌っていうのは全国に3路線程しかない非常に珍しいものです。
で、この3つを一気に渡れる踏切がここ桑名にだけにしかないのだとか。ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ興奮しながら渡りました。
イメージ 3

こちらが特殊狭軌の北勢線。なんかかわいい〜!
イメージ 4

 桑名駅から乗ったのは、養老鉄道。18きっぷも使えないので、完全にただ乗り潰すために、終点の大垣までただただ乗ってました。途中には有名な養老の滝なんかもあるのでまた来たいですね。
イメージ 5

大垣で少し途中下車。関ヶ原の戦いにもゆかりがある大垣城とその城下町を散策。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 次はひこにゃんで有名になった彦根城へ。現存天守閣12城に数えられ、そのうち5つが国宝に指定されていますが、彦根城もその1つ。さすがは国宝、城の内部は昔のままの険しい作りとなっていました。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

ひこにゃんにも会えた!
イメージ 11

琵琶湖も見えました。
イメージ 12

満足!さあ帰ろう!
同じ経路引き返しても面白くないので、南側の草津線と関西線を通って帰りました。これも完全に乗り潰しのため。笑
こんな感じで1日が終了。

この日のルート
東京
↓ムーンライトながら
名古屋
↓関西本線
桑名
↓養老鉄道
大垣
↓東海道本線
米原
↓東海道本線
彦根
↓東海道本線
草津
↓草津線
柘植
↓関西本線
亀山
↓関西本線
名古屋

12/28 鍋パ@愛知県某所
 この日は高校の友達の家へ伺いました。6人で映画見たり、ぐだぐだしたり、鍋をしたり。本当は金沢へ行く予定だったけど、こういうのも全然あり!みんなに会えるだけで十分なのだ!(キリッ)
 昼間行った小牧城。近くにあるからこそ行かないところってあると思うんですよね。この時期になぜか紅葉も見れました。
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

12/29 名古屋→東京
 高校の友達の次は、大学の友達に会うために、なんと始発で東京まで向かいました。しかも18きっぷで。寄り道もしました。
 目的地は埼京線板橋駅。はい、スポッチャですね。このためだけに東京戻ってきました。6時間くらいはっちゃけました。来てよかったです。笑
この日のルート
鳴海
↓名鉄名古屋本線
豊橋
↓東海道線
浜松
↓東海道線
熱海
↓東海道線
大船
↓横須賀線
久里浜・京急久里浜
↓京急線
三崎口
↓京急線
横浜
↓上野東京ライン
赤羽
↓埼京線
板橋

12/30 東京→名古屋
 また名古屋へとんぼ帰り。もちろん18きっぷ。コブクロが主題歌やってる映画「orange」を名古屋駅で見てから帰りました。元ネタは長野県松本市を舞台にしたマンガですが、土地を感じられる作品は小説でも、マンガでも、ドラマでもいいですね!


 年末はこんな感じでひたすら移動してました。もう東海道線は飽きましたね。。新年も同じように動き回ってたので、次の記事もぜひ読んでください!

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事