ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫全体表示

現在乗ってるクルマがとっても気に入ってる為?(って言うか、お金もないし♪気になる他のクルマもない為)当分、買い替えは考えず♪大事にガンガン乗ろうと決めたAUDI A4!
特に気に入ってるのは…ボディの重量バランス!
直4エンジンは鼻先が軽く♪峠で走ると♪鼻先がクンクン曲がります!
イメージ 1
だけど…不満が無い訳ではありません…

主な不満…それは…エンジン!

ボディ剛性もロアアーム入れてから♪問題ないし♪
4WDの40:60も乗り味嫌いじゃないし♪
ATもツインクラッチで気持ち良く♪繋がる…
※特に『Sモード』に入れた時のブリッピング機能は…秀逸!(勝手に“自動ヒール&トゥ”と呼んでます)

なのに…エンジンは…
もう少しトルクあって…もう少し馬力あって…もう少しレスポンス良くなったら…
んで♪色々考えて、結論は…やっぱり『マフラー』

でもねえ…うるさいの嫌だしなあ…

と、どうしても踏み込めず…

そんな時に、色々な『ご縁』がありまして♪

1つの『マフラー』が私の元に♪

それが…
イメージ 2
そう!『柿本改』のマフラーです。

『音、重視。スタイル、重視。』それらは、よく耳にする、インポートカー用のマフラーに求められる大切な要素だ。
もちろんそれらは、einsatsのつくり手であるカキモトレーシングが長きに渡って追求してきたもので、非常に大切なこと。
だが、本当にそれだけで良いのだろうか?
マフラー交換に伴うスタイルアップや音質の向上は、ユーザーの皆さんが購入されるにあたって持たれる大きな動機であり、最も期待されることのひとつだろう。
しかし、忘れてならないのは、マフラーが機能パーツだということ。
マフラーが機能パーツであるからこそ、その『性能』はクルマをもっと楽しむために一番大切なことだとカキモトレーシングは考えてきた。
おもしろいことに、性能を求めると、よい音はおのずとついてくる。
性能にこだわることのブランドがつくるパーツは、おのずとスタイルも一流なのだ。
今回、数多くの国産車用マフラーの開発・製造を手がけてきたカキモトレーシングが、そのノウハウと技術の粋を投入し、インポートカー用マフラー『einsatz s-622』をリリースする。
s-622は、ストリートでの快適性を重視したスタイリッシュモデル。
中低速のトルクを確保しつつ、中回転から高回転の領域ではノーマルでは味わうことの出来なかったパワー感、レスポンスを体感できる性能を徹底的に追及した。
音量は近接排気騒音90dbを社内基準とし、その音質はストリート走行を楽しくさせる上品さとエレガントさを持ち合わせる。
もちろん、保安基準に適合し、JASMA認定及び、2010年4月以降の車両は新規制の事前認証制度に対応し、JQR(性能等確認済表示)も取得している(一部車種除く)ので安心して思う存分ストリート走行を楽しんで頂くことができる。
スタイル面では、リアビューをエレガントかつゴージャスに演出。
レーシー過ぎない、程よいスポーティーさとエレガントさを演出するeinsatzオリジナルのテールを車種に合わせ、4つのタイプにそれぞれSingleタイプ Dualタイプをご用意。
また、各テールタイプに、美しさと速さを演出する<チタンフェイス>と、落ち着いた大人の速さを演出する<ブラッククローム>の2タイプをご用意した。
全製品、耐久性・耐腐食性を兼ね備えたステンレス製。
日本でもトップクラスの技術・経験をもつカキモトレーシング自社工場で、熟練した職人が一本一本の製品に美しい溶接を施していく。
手前味噌だが、その仕上がりは芸術品の域といっても過言ではないのではなかろうか。
箱を開け、手にとっていただき、その美しさに。
装着し、そのフィッティングの良さ、リアビューのスタイルに。
エンジンをかけた瞬間、すぐにでも走り出したくなる音の美しさに。
走り出した瞬間、アクセルを踏んだ分だけ確実にクルマが反応してくれる今までになかったクルマと一体になれる性能に。
何度も感動していただける、製品に仕上がったのではないだろうか。
ストリートという分野での性能を徹底的に追求した本物であるからこそ、多くの感動を与えることができる。
そういうコンセプトを盛り込み、カキモトレーシングは『einsatz s-622』を送り出す。

その中でも、形状タイプは…
イメージ 3

イメージ 4
このタイプ。
属に言う『左2本出し』です。

他にも『左右2本出し』とか『左右4本出し』とかあるんですが…

私…実は…それ意味が解らないんです。
イメージ 5
こう言うの…ね♪

これって♪
①重くなる
②ストレート形状ではなので、排気効率悪くなる。
③そもそも、タイコ部分を分けないといけないほど、消音性能高くしないとダメなの?2Lのエンジンで???

唯一!いいことって…『カッコイイ!』…それだけ?

こう言う考え方で過去に1度、痛い目に合ってまして…

私、見た目『カッコイイ』だけで♪スぺーサーを入れた事がありまして…
※面イチにしたら…カッコイイ!尚且つコーナーも粘るんじゃなかろうか?と
当時、奮発して、結構有名なメーカーのを入れたんです!

そしたら…170km/hから…いきなりハンドルに振動が!

スぺーサー入れる前には200km/h出たっちゅうねん!!!

んで♪スぺーサー外すと…元通り!

アライメントが狂うだけ!カッコいいだけで…全然『カッコ良くない』

その嫌な過去を思い出したんですよね♪
イメージ 6
と…前フリはここまで!

『左2本出し』を付けました!
イメージ 7

※キレイですねえ♪特に溶接部分!流石!メイドインジャパン!
工学部機械工学科出身の私は…ため息しかでませんね♪
イメージ 8
勝手にインプレッション!
①【音】は静かです。特にアイドリング時は純正と同等またはそれ以下かも
 回すと♪低い音から徐々に高くなります。が…うるさくないです。
②馬力は体感出来るほど上がっています。10%ほど上乗せな感じです。
③トルクは純正と同等。
④レスポンスはキレイに早く廻ります!(このレスポンスが1番、手に入れたかった性能です)
④と『Sモード』の相性がすこぶるいいんです!!!
少なくとも私の『腕』と『感性』にジャストフィット!

高速道路で楽しく乗ろうと思えば『Sモード』へ!峠で遊ぼうと思えばパドルシフトの『Mモード』へ!
淡々とジェントルにクルーズしようと思えば通常の『Dモード』へ

また♪進化したA4が好きになったテリーなのでした。
ポチっと。

更新の励みになります!



  • 見た目は大事ですね〜♪

    3日で美人は見飽きると言いますが見飽きません♥️

    でも結局、最後はフィーリングが合うのが一番ですよね♪

    ん?マフラーの話し?(笑)

    気持ち良い音

    気持ち良く廻るエンジン

    気持ち良いフィーリングが一番ですね♪

    チタンの焼けが、また良い〜♪

    [ バテンバティーノ ヨッシ ]

    2018/6/22(金) 午後 5:23

  • > バテンバティーノ ヨッシさん
    美人が見飽きる訳ないじゃないですかね( ≧∀≦)ノ🎵

    これ以上、いぢるとバランスが崩れそうなのでクルマのカスタムはこれで終わりかな?

    今からは『峠』でけっこう速いAUDIを目指します(^o^ゞ✨

    [ テリー ]

    2018/6/22(金) 午後 5:47

  • じぁ〜こっちは ワイディングだけなら速い軽トラ、目指しますか(笑)

    [ バテンバティーノ ヨッシ ]

    2018/6/22(金) 午後 7:22

  • こんばんは〜
    A4は、ええよん!
    スミマセン
    一度言って見たかった…

    が、ホントいい車ですね
    ハンサムだし
    快調レスポンスなら楽しいでしょうね〜
    いい車欲しいなぁ〜

    [ でんでんライダぁ ]

    2018/6/22(金) 午後 8:05

  • > バテンバティーノ ヨッシさん
    ミッドシップですしね( ≧∀≦)ノ🎵

    [ テリー ]

    2018/6/22(金) 午後 9:08

  • > でんでんライダぁさん
    ありがとうございます( ≧∀≦)ノ🎵
    外車で『峠』速い!
    のは、私の『夢』なのです(^o^ゞ

    [ テリー ]

    2018/6/22(金) 午後 9:14

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事