ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

トンティ号(LEMANS)が立ち往生して10日後…

バイク屋さん(のサービスマン)から連絡あり。

エンジン周辺をバラして『原因』が解りました。と…

以下のような原因ですが…『あなた』ならどう対応しますか???

サービスマン曰く『今回の原因は、エンジン駆動部とクラッチ部分を繋ぐボルト(6本)が折れた事により、駆動部とクラッチが完全に分離したことにより全く動かなくなりました。』
イメージ 1
『これは前回、オイル漏れを確認する為にエンジンバラした時、私がトルク管理を怠った為です。申し訳ありません。』と謝罪。

『責任を持って修理しますので、お待ち下さい。』

この言葉を聞いた時、私は一瞬悩みましたが…

※高速道路走行中だったら、大惨事になる可能性あったし・・・

2km押したし(笑)・・・なにより、修理して100kmしか走ってないし・・・

でもねえ…何より『正直』に言ってくれたのが、とても嬉しかった。

最近、『謝らない』人、多いじゃないですか。

消費者に『クレーマー』が多く、『謝ったら全責任を認めた』事になるんで、自己防衛と言う意味で…なんでしょうが…

そのサービスマンの言葉を聞き、今回の修理について『お金』を請求するつもりはないようだったので…

私は『じゃあ、新しいオイルに交換しといて。フィルターもね。オイル交換の代金は払うから。』

※エンジンどうせばらすからオイルどっちみち交換しないと、組めないもんね(笑)

サービスマンは『ええ?いいんですか?』ウチ持ちますよ。

と驚いてた(笑)

『ZOILも入れといてね。代金はしっかり請求してね(笑)』と…

こんな、私の対応を見て

ウチの奥さんは『アナタらしいわ。』と笑ってました(笑)

こう言う時ってどんな対応が『正しい』んですかねえ???

このサービスマン、若いけど、ますます可愛く思えるテリーなのでした。
イメージ 2

ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事