ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

先日、購入したヘルメットを繫々見ていると…

こんなデザインが…
イメージ 1
色々、調べてみると…
このヘルメットは『RolandSandsDesign』ってトコロがデザインしたみたいです。

この『RolandSandsDesign』
モーターサイクルレース、ビルダーカスタムをルーツとするパーツ&アパレルメーカー。彼らは、モーターサイクルへの愛情に溢れている。その製品は、デザイン性はもちろん、高性能でユニークなものを造りたいという情熱にあふれている。スタッフは皆、ロードレーサー・オフロード・ダートトラック・スーパーモトのコレクターやカスタムバイクビルダー等、様々なプロジェクトに対して最高の仕事ができる可能性を持っている。
クライアントはハーレー・ダビッドソンだけにとどまらず、ドゥカティ、ダンロップ、パナソニック、パフォーマンス・マシン、ピアッジョ、ポラリス、トヨタ、トライアンフ、バンスアンドハインズ、BMW(コンセプトNineT開発)、ヤマハ(XSRカスタム)などモーターサイクルの関連メーカーのみならず多岐にわたり、彼らがいかに多くの才能の有しているかがわかるだろう。
ローランド・サンズは、カリフォルニア州ロングビーチ出身。 パフォーマンス・マシンの創業者であるペリー・サンズを父に持ち、モーターサイクルに充ちあふれた環境で育ち、5歳のとき初めて乗ったRM50で骨折したが、そのモーターサイクルの魅力にとりつかれた。彼はスピードを求めプロとしてレースの世界へ。
世界中のあらゆるジャンルのレースで記録を残し、1998年にAMA250GPチャンピオンになったが、32ヶ所を骨折、レーシングスーツをハンマーと鉛筆、PCに換えてカスタムパーツのデザインを製作するようになった。
2005年 RolandSandsDesign(ローランドサンズデザイン)をスタート。
サンズのデザインはスポーツバイクとチョッパーの影響を受けたものを融合させたもので、ハイパフォーマンスカスタムバイクを量産化し、一般に普及させていくという役割を果たしていった。サンズと彼のデザイン(カスタムバイク、パーツ)は、その年受賞した、Vツインホイールオブザイヤーを含めて、多くの賞を獲得。例えば、V-Twinホイールデザイン賞 3回、コントロールデザイン、スタージスChip Foose優秀デザイン賞、ディスカバリーチャンネルのバイクビルドオフチャンピオン等、世界各国のカスタムショーにも出品し高い評価を得ている。

って事…パーツを見ましたがメインは『Harley-Davidson
うーん…私…ハーレー乗りじゃないからなあ…

このエンブレム…要らないなあ♪
って訳で…
イメージ 2
ステッカー購入!

水に洗剤を少量溶いて…
イメージ 3
ドライヤーを使いながら♪貼り付け!
イメージ 4

最後に♪クリアのバブルシールドを取りつけたら♪
イメージ 5

イメージ 6

完成!!!

おおっ!なんだかクラシックな雰囲気が倍増された気がする♪

※ベイツのジャケット来たら♪70〜80年代のAMAぽいかもお♪
イメージ 7

これに♪サングラス(度入り)をかけて今年の夏は走るぞ!

と心に誓うテリーなのでした♪
ポチっと。

更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事