ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫V11SPORT

記事検索
検索

高速道散歩◆

最近やっと仕事が一段落し、本日は通常のお休みが取れました。

夏頃から忙しくなり…気が付けば…『秋』

ライダーには絶好の季節まっただ中!!!

と、言う訳で

『広島県と島根県の県境辺りは紅葉始まってるか確かめに行こう!』

と言っても…景色は横目で見るだけで高速道路を走る!ただ走る!だけなんですけど(笑)

朝起きたら少し寒かったので日の出を待って出発!

イメージ 1
本日は『スパイン号』(V11SPORT)です。

本日のルートの半分は『中国自動車道路』

この高速道路、利用者が少ない為なのか路面がかなり悪い!

そして…かなりのクネクネ道!

中高速コーナーばっかり。

この高速道路を楽しく走るのはやっぱり『スパイン号』でしょ!
イメージ 2

『スパイン号』は絶好調!!

ガンガン走って景色を見るのも忘れてました(笑)

んで途中のパーキングに止まって景色を見ると…

紅葉!!!まだ殆ど始まってないし・・・(涙)
イメージ 3
あと2週間ぐらいしないとダメかなあ?

まあ♪いいか♪

『中国自動車道路』はワルイ事だけじゃありません。

パーキングにも道路自体にも交通量が山陽道路と比べると極端に少ない。
(特に広島北ジャンクション〜山口ジャンクション間は)

と言う事は、自分のペースで気持よく走れるのです。

本日も気持ちよく走らせて頂け十分高速道路散歩を満喫したテリーなのでした。

革ジャンに長Tシャツ1枚じゃもう寒いのね(笑)

秋だなあ…

ポチっと。
更新の励みになります!





開くトラックバック(0)

先週の9月11日、いつもブログにて可愛がって頂いている“白猫♯35”さんより

『おはさんべミーティング』のお誘いがあり、参加させて頂きました。

『トンティ号』のカウル装着後、高速道路テストをしていなので、どちらのバイクで行こうか迷ったんですが…今回は、『スパイン号』(V11SPORT)で行く事にしました。

理由は1つ!三瓶山までの楽しい一般道を『V11SPORT』でも楽しんでみたい!と思いまして(笑)

ルートは前回と全く一緒。

朝6時半に出発!

とりあえず山陽道『五日市インター』から中国道へ。
イメージ 1
途中『安佐サービスエリア』でガソリン給油を兼ねて一服。

『高田インター』を下りて国道375号で北上!

霧が濃くて…思うように飛ばせず(涙)

8時半過ぎに到着!

今回の『目玉』と言えば…何と言ってもこのマシン!
イメージ 2
『RG400Γ』それもウォルターウルフじゃん!
カッコいい!!!んで、めっちゃキレイ!!!
エンジンかけたらチャンバーの『音』と『香り』(笑)
久しぶりにちょっと興奮しました。

それと『V11SPORT』の正常進化版JIN所有の『1200SPORT』も!
イメージ 3
このマシンって4バルブなんですよね?
どんな“乗り味”なんだろ?

と、話し尽きないながら…10時過ぎに解散。
イメージ 4

この、のんびりした『おはんさんべミーティング』の雰囲気がいいですね(笑)

帰り早めの昼食を
イメージ 5
『ながいきラーメン食堂』で
イメージ 6
食べて
※広島カープ優勝セールで250円引き!(25年ぶり優勝だから(笑))

お腹いっぱいで帰路につきました。

※帰ってから…霧で少し汚くなったので、サッと洗車。
イメージ 7

今日の『おはさんべミーティング』も楽しかったあああ!!!

白猫♯35さん、また誘ってくださいねえ(笑)

次は…4輪で行くかもしれませんが(笑)
ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

カスタム-35- V11車検+α

スパイン号(V11SPORT)も気付けばもう7度目の車検(笑)

何気に長く乗ってるなあ…

今回の車検もエンジンオイル、ブレーキラインのオイルなどなど

一通りの整備&点検を実施。

それに+αとして
①プラグコード&キャップの交換
②スロットルワイヤーの交換を実施。
※どちらも不具合はないんですが…プラグコードは12年、アクセルワイヤーに至っては新車時から交換していません。(こまめに注油やらグリス塗ってたら長持ちするんですね。)
んで、プラグコードは今回
イメージ 1
TAYLOR製のシリコンコード&プラグキャップ

アクセルワイヤーは純正を注文しました。

TAYLOR製のシリコンコード&プラグキャップはすぐに来たんですけどねえ…MOTOGUZZIの純正アクセルワイヤー(V11初期型)はメーカーから廃番になっており…苦労しました(笑)
※まあ、どちらも壊れて交換する訳ではないので別に困りはしませんでしたけど。

と、交換しようとした矢先!

まさかの…『レギュレター パンク』…

この炎天下…クソ重い“スパイン号”を2km程押しました(涙)

※最初はバッテリー上がりだと思いガソリンスタンドに飛び込み、バッテリーチャージして貰ったんですが…スグにエンジンが落ちる…
※インジェクションが上手く作動しない感じ。

出先だったのでテスターも無く、バッテリーが繋がってるか見る事しか出来ず・・・バイク屋さんにSOS

『急にバッテリーが充電しなくなったから…レギュレーターかなあ???』

とバイク屋さんと話していたら…そのままズバリ!

んで、純正のレギュレーターを調べると…高っ!!!

品番で調べたら…DUCATI900SSと一緒…金額は約2/3…

んで、もっと調べてみると…

純正レギュレーターは信頼性に乏しく、熱や振動によって故障しやすいという欠点と、3,000r.p.m.以下では発電量が不足する為に、夜間や渋滞等でバッテリー電力に問題を抱えていました。これらの問題を解決する為に、熱・振動に強く、緻密な整流により1,000r.p.m.+αの低回転域から充電電流が立ち上がる様に設計された信頼性の高い日本製のレギュレーター
イメージ 2
を見つけ、早速注文。

※やっぱり“メイド イン ジャパン”でしょ(笑)

取り付けようとすると…サイズが一回り大きい!

まあ、取り付けれたからいいか(笑)
イメージ 3

プラグコード&キャップも交換し…

イメージ 4

エンジンオイルも交換した為か、いつもより元気な“スパイン号”なのでした(笑)

この調子でずーーーーーっと乗り続けていきたいなあ。と思うテリーなのでした。
ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

2015年3月14日の日記より。

スパイン号(V11sport)のカスタムそろそろ佳境かな?

ここからは、『今の状態』を維持することに専念していこう!

でも、その前に(笑)
イメージ 1
このシートカウルのサイド部分に何かステッカーを貼りたいなあ…と

んで、出来るなら『純正っぽく』

こんな感じに
イメージ 2
じゃあ、実際に何て書こうかなあ♪

そんな事を考えながらトンティ号を眺めていると…

『神の降臨』のように閃いた!!!

この車体カラーって『レーニャグリーンの車体に真紅のフレーム』

このカラースキームって…既に神格化されてるV7 Sport Telaio Rossoそのままズバリじゃん!
イメージ 3
1971年にホモロゲ取得の為、手作りで生産された超初期型V7 Sport 
量産型とはフレームの材質が事なり、またエンジンはバランス取りを施した手組み。
生産台数は…不明…
な既に神格化されているマシン。
このマシンが『Telaio Rosso』=(赤フレーム)と呼ばれています。

V11 Sport初期型が『レーニャグリーンの車体に真紅のフレーム』であることは
MOTOGUZZI社からのメッセージだと私は勝手に思っています。
1100SportからV11に世代が変わる際、V7Sportから『Vツインスポーツの血統』を継承した唯一のマシンを作りたかったのだと…妄想しています(笑)

と言う訳でシートカウルには…
イメージ 4
と、貼っちゃいましたああ!!!

賛否両論、苦情、文句等ある方も沢山いるかと思いますが…自己満足の世界です。

只、『赤いフレーム』って書いてあるだけですので、暖かい目で見て頂けたら幸いです。

おお!カッコイイ!!!と一人思っているテリーなのでした(笑)
ポチっと。

更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

2014年9月14日の日記より。

MOTOGUZZI LEMANS2を購入する事を決めた時…同時に『DUCATI MONSTER S4Rs』を手放す事も決めた訳で…

でも…やはり、この『DUCATI MONSTER S4Rs』も凄く気に入っていたんです。

イメージ 1
何度か某雑誌に載ったり…テリーのカスタム作品の中でも一番『メジャー』だったのかもしれません。

何より、このバイク…速かった!

いや、速過ぎでした。(乗ってて面白い!と思える領域が高過ぎ!)

※これが、最終的に『LEMANS2』に乗り換えた『最大の理由』でした。

んで、手放す時に何か1つ『スパイン号』(V11)に移植したろうと思い、色々物色していた時に目に付いたモノが…『ミラー』
イメージ 2

これなら『Ⅴ11カーボン化計画』の最終カスタムとして申し分ないかと。

なにより『DUCATI MONSTER S4Rs』の魂までも継承してくれそうで…

と勝手に思い、早速取り外して…取り付け!

イメージ 3

ついでにスクリーンに『MOTOGUZZI』タンク用エンブレムをスクリーンに貼って…

イメージ 4

完成!!!

『DUCATI MONSTER S4Rs』ほど速くないけど、雰囲気は『継承』されたかな?

『DUCATI MONSTER S4Rs』の分も『2羽の鷹達』を大事にガンガン乗ろう!と思うテリーなのでした。
イメージ 5

ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事