ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫V11SPORT

記事検索
検索
2008年5月5日の日記より。

本日、こどもの日。

世間ではゴールデンウィーク中日です。

というわけで、ひとりツーリングに行ってきました。

目的は“尾道ラーメン”を食すこと!

朝8:00からおでかけ。

山陽道 五日市インターから高速に乗って、目指せ尾道!。

まずは奥屋PAで休憩。

イメージ 1

今日はいい天気で、絶好のツーリング日和です。

革ジャンでちょっと暑いけど・・・まあ!いいか!(笑)

イメージ 2

急ぐ旅でもないしのんびり休み休み。

尾道インターを下りて国道2号線を東へ。

ぼおーっとしてたら…この看板。

イメージ 3

あれ?もお『尾道』通り過ぎてる!と…Uターン(笑)

※この頃は当然スマホ持ってなかったのでナビなんてないしねえ。

Uターンついでにコンビニに立ち寄って タバコ&珈琲タイム。

イメージ 4

時計を見ると、10時30分。まだどこもラーメン屋さん開いてないよなあ…

…のんびり行こうっと。

ぷらぷら走ってたら…

『ラーメン屋さん、発見!』

イメージ 5

まだ11時5分なのに...

もう結構お客さんがいっぱいだったので、美味しいかも!っと期待。

チャーハン定食を注文しました。

イメージ 6

めっちゃ旨そう!つーか、旨かった!

ダシは小魚?味が濃いとは聞いていたが…想像以上に『濃い』くて…尾道ラーメン最高!(笑)

今回のツーリングは『尾道ラーメンを食べる!ツーリング』なので…目的達成!

ゴールデンウイークの渋滞に巻き込まれたくないので…さっさと退散。

帰りは一度パーキングで休憩しただけで、ぶっ飛ばして帰って来ました。

距離にして100kmぐらい?

意外に近いのね。尾道。

13時30分には自宅到着(笑)

イメージ 7

『尾道ラーメン食べるだけツーリング』終了!(笑)

次は…『博多ラーメン』か?(笑)

ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

2008年1月20日の日記より。

やっぱりリアブレーキが効かない。

あのバイク屋め!直ってないじゃん!!

YAMAHA SRXを診て頂いているバイク屋さんに相談・・・

イメージ 1
原因が分かりました。

リアキャリパーのブレーキラインにつながるピストンに小さなクラックが入っている様子。

このピストンを交換することにしました。

店長さんより「ひょっとしたらピストンのクラックのせいで受け側にもクラックが入ってしまった可能性があります」とのこと…

というわけで、一週間様子見。

※1ヵ月経っても以上なし!よかった。よかった。


ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

2008年1月13日の日記より。

ブレーキパッドが来たとのことで、早速いつもお世話になっているバイク屋さんへ

がっ・・・・・!

またしてもリアブレーキが利かない!!

ということで、今日はどうせブレーキのキャリパーを外して

作業しなければならないので、ブレーキホースのエア抜きを実施してもらいました。

※2015年現在、これっておかしいよなあ…んじゃ前回はどんな処置したんだろ?まさかナット締めただけ?

因みにブレーキパッドは『BREAKING』製です。

※バイク屋さんには『効かないけどいい?』って言われたけど

そんなに飛ばさない私には必要十分でした!

イメージ 1

面取り&エア抜きして…タッチ向上!

結構満足です。

ポチっと。

更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

2008年1月8日の日記より。

年始早々、リアブレーキがまったく利かなくなり、

仕方がないのでいつもお世話になっている広島のバイク屋さんに行きました。

原因はナットが緩んでた為。

空気が噛んでしまい、結果的に圧力がかからなくなってたみたい。

イメージ 1

※との説明を当時受けて納得していたのですが…2015年現在…本当にそんなことがあるんだろうか?
プッシュロッドの調整用ナットがゆるんで…エア噛みするんかなあ…

すぐ直ったけど、ついでにオイル交換してもらいました。

あと、リアブレーキパッドが2mmしか残ってなかったので

それを注文しました。

ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

カスタム-24- V11

2007年9月2日の日記より。

広島のバイク屋さんに発注をかけていた、リアのショックがやっと来ました。

結局、約2ヶ月半もかかってしまった。

本当は純正をオーバーホールするかOHLINSに興味あったんですが(SCURAとか上位機種に標準装着されているのでデータもあるかなあ…と)はもう作ってないそうです。

スクーデリ○オクムラ経由のアメリア製PENSKEです。
イメージ 1

他のリアサスもあったのですが…これにした理由は
発注するときに
①身長
②体重
③走行ステージ(私の場合、峠6割 高速道路2割 市街地2割)
④要望 初期は良く動いて、しなる感じ。突き上げ感は極力ない。
等を提出してから『セッティング』して貰えるからです。
イメージ 3

乗った感触はまた、のちほど・・・。

足回りと一緒にバッテリーも注文していました。

こちらはアメリカ製のWestCoです。

純正のバッテリーの金額は約三万するので、社外品のこちらにしました。

始動性は言うことなしです。
イメージ 2

ポチっと。
更新の励みになります!

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事