ここから本文です
鉄砲玉ぴゅー。 トリコローレな鳥達に乗って。
MOTOGUZZIのあれやこれやを少しずつ...『書庫』からBLOG見たら解りやすい?

書庫LE MANS

記事検索
検索

高速道散歩ぁ

2017年5月21日(日曜日)

昨日のスパイン号(V11SPORT)の感覚を忘れないうちにトンティ号(LEMANS)と比較したく、朝7時30分に出発!

※ここからの内容はあくまで『私個人の感覚』です。また、実際の数値は『フィクション』です。



今回の『高速散歩』は【楽しい】を優先させず、あくまで【比較】

今後、スパイン号とトンティ号を【楽しく】乗る為に今回はあえて【比較】として乗ることとしました。

ここで、比較対象となるV11SPORT。

大体、120Km/hで4000回転(6速)

高速道路運行の場合、私はここを基準に走ります。

この基準で走ると、もっとスピードを出したい時、またはスピードを下げたい時に

自分の意思と近い反応でバイクが動いてくれます。

対して…LEMANS。

大体、120Km/hで4000回転(5速)

は同じですが…4000回転のトルクが薄く、アクセルに対する回転追従のリニア感が…要は反応が遅い。(イラッとします)

V11SPORTと同様の反応を求めると90Km/hで5000回転(4速)となるのです。
イメージ 1

これは、排気量の差もあるんでしょうが…LEMANSの方が『高回転型』のエンジン特性ではないかと…

ずーっと同じ回転数で走っているより、積極的にエンジンを回して走った方が結果的に【楽しい】んじゃなかと…

しかし…

フレーム?着座位置?の関係なのか?フロントに過重がかけられない為、

V11SPORTのように中速域で、コーナリングを駆け抜けられないんです。

※ニ台とも、大体ホイールベースは同じなのに…

あくまでも【直進安定性】を重要視されているような気がします。

※これ読んでる、MOTOGUZZIオーナーの方は

『それは、お前の腕がワルイからだろ。』と思ってらっしゃるんでしょうね(笑)

そうなんです!私の『現在の腕』ではそう思いました(笑)
イメージ 2
あくまでも私個人の感想ですが…

『LEMANSって、エンジンはスーパースポーツの味付けでフレーム(エンジン以外は…の方が正しいかも)は高速ツアラーの味付け。』

この【アンバランス】な感覚が【楽しい】のかもしれませんね。

シフトのアップ&ダウンを繰り返し回転数を維持し、曲がりにくいフレームを自分自身独特の感性で体重移動をしながらコーナーを駆け抜けていく…

それが『LEMANS』の乗り方じゃないのかなあ?と
イメージ 3
めんどくさくて、アンバランスで、ライダーへの要求が多い…マシン…そう思うとなんとなく…トンティ号が今まで以上に可愛く思えるテリーなのでした。

ポチっと。
更新の励みになります!

お散歩日和


今年のゴールデンウイーク(後半)は特別、どこかに行くでもなくのんびりしています。
イメージ 1

トンティ号(LEMANS)もスパイン号(V11SPORT)も絶好調!で近場をプラプラ。

イメージ 2
そう言えば、トンティ号(LEMANS)の『乗り方』に最近変化が…

今までは、コーナー中の回転数を高め(4000回転オーバー?)に維持しながら乗っていたんですが、最近は2500〜3000回転辺りで留めてコーナー出口でズバァァァっとアクセルを開ける『立ちあがり重視』に『走り方』が変わってきました。

なんでかなあ?そっちの方が『気持ちいい』んですよね。

スパイン号(V11SPORT)とは明らかに『違う走り方』になってきました。

ブレーキ性能も足廻りも違いますからねえ(笑)

当然と言えば当然なんでしょうが…

トンティ号(LEMANS)に乗るのがまたちょっと面白くなってきたぞっ。

『仮想ライバル』のスパイン号は今も変わらないけど…

昔、『一人チェス』してた時と近い感覚。
イメージ 3
試行錯誤する事って楽しいなあ!!!と思うテリーなのでした。
ポチっと。
更新の励みになります!

復活!!!-LEMANS-

悪夢のような忙しさ…約4週間…お休みなし(涙)

から解放され、今週末はやっと通常とおりお休み。

と、同時にトンティ号(LEMANS)の修理が無事終了!!!

※1週間前
イメージ 1
こんな状態。

しかし、MOTOGUZZIのエンジン造形は単体で見てもカッコイイなあ(笑)

2日前の金曜日にバイク屋さんのサービスマンから連絡あり。

『組み上がりましたよお!』

との事。早速、トンティ号を取りに行き、久しぶりに『スパ羅漢』へ!
今年、初めてかも(笑)

イメージ 2
朝一で行ったので誰も居ないと思っていましたが…

やっぱり、好きな方がいらっしゃるんですねえ(笑)

本日は『飛ばす』気は一切なく、のんびり走って、久しぶりのトンティ号(LEMANS)の濃厚な味を堪能しました。

※今回の修理箇所の他にエンジンオイル漏れも対策!一切漏れなし!
イメージ 3
さあ!これで『春』の準備は万全だ!!!

今年こそ、ガンガン走るぞオ!!!(と、去年も言ってた気がする…)
ポチっと。
更新の励みになります!


トンティ号(LEMANS)が立ち往生して10日後…

バイク屋さん(のサービスマン)から連絡あり。

エンジン周辺をバラして『原因』が解りました。と…

以下のような原因ですが…『あなた』ならどう対応しますか???

サービスマン曰く『今回の原因は、エンジン駆動部とクラッチ部分を繋ぐボルト(6本)が折れた事により、駆動部とクラッチが完全に分離したことにより全く動かなくなりました。』
イメージ 1
『これは前回、オイル漏れを確認する為にエンジンバラした時、私がトルク管理を怠った為です。申し訳ありません。』と謝罪。

『責任を持って修理しますので、お待ち下さい。』

この言葉を聞いた時、私は一瞬悩みましたが…

※高速道路走行中だったら、大惨事になる可能性あったし・・・

2km押したし(笑)・・・なにより、修理して100kmしか走ってないし・・・

でもねえ…何より『正直』に言ってくれたのが、とても嬉しかった。

最近、『謝らない』人、多いじゃないですか。

消費者に『クレーマー』が多く、『謝ったら全責任を認めた』事になるんで、自己防衛と言う意味で…なんでしょうが…

そのサービスマンの言葉を聞き、今回の修理について『お金』を請求するつもりはないようだったので…

私は『じゃあ、新しいオイルに交換しといて。フィルターもね。オイル交換の代金は払うから。』

※エンジンどうせばらすからオイルどっちみち交換しないと、組めないもんね(笑)

サービスマンは『ええ?いいんですか?』ウチ持ちますよ。

と驚いてた(笑)

『ZOILも入れといてね。代金はしっかり請求してね(笑)』と…

こんな、私の対応を見て

ウチの奥さんは『アナタらしいわ。』と笑ってました(笑)

こう言う時ってどんな対応が『正しい』んですかねえ???

このサービスマン、若いけど、ますます可愛く思えるテリーなのでした。
イメージ 2

ポチっと。
更新の励みになります!

お散歩日和。◆


1月28日土曜日 午後の部…

一旦、家に帰って昼ご飯を食べて♪

午前中は『西』に行ったから…午後は『東』…呉にでも行ってみようかなあ♪
イメージ 1

家を出発!

最寄りの広島高速にのって一気に呉まで♪

と、広島高速にのって5000回転程度まで引っ張りながら楽しくツーリング♪

あっ?タバコなかったから、広島高速下りて買って行こう♪

と、広島高速を下りた途端にエンジンから『ゴガッ』と嫌な音が…

エンジンは回るが…トルク感じられず…

えっ?何??何???

惰性で進むしかない…トンティ号(涙)

一旦、道の脇に停めて(エンジン切らずに)外観を見るが…

オイル漏れ等の痕跡なし…

さっぱり解らん…

なんか、エンジンヘッドの中から打刻音っぽい音がする…

一気に嫌な予感がしてスグにエンジンを切る。

エンジン切って、ニュートラルに入れて、1速に入れて…

前に進むか確かめてみると…進むがな?!

クラッチ?ミッション系?

サッパリ解らん…

バイク屋さんにTELして助けを求めるが…本日、臨時休業。

しょうがなく、任意保険に連絡するが…バイクの牽引サービスはないとのこと。

※入って15年…知らなかった…

途方に暮れてると…バイク屋さんの社長からTEL

最寄りの系列会社まで押して行けるなら、そこで置いてもらうように言っとくよ。

最寄りの系列会社…ダイネーゼ広島…
イメージ 2

Googleマップで確認すると…2kmかあ…

しょうがない…根性決めて、押すかあ!

30分以上かかって、ダイネーゼに到着…

もうね、肩も腰もパンパンになりました(涙)
イメージ 3
※まるで展示車のように停めさせて頂きました(笑)

お店のスタッフさんは何故か凄く恐縮した素晴らしい対応…

『誰にも触らせないようにしますので安心して下さい。』

と、言われたんですが…社長…私の事…どんな人って伝えたのか…まあ想像つくけど。(笑)

その後、奥様がクルマで迎えに来てくれて…

※2月4日現在、まだエンジン等開けていないので原因不明(涙)

一体どうなる?トンティ号(LEMANS)!!!
ポチっと。
更新の励みになります!



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事