全体表示

[ リスト ]

タロットカードはいくつか種類があります。
わたしが教えているのは、
基本はウエイト版とかライダー版と呼ばれるもので、
『黄金の夜明け』団のアーサー・ウエイト考案の
いわゆる基本的なデッキです。

あ、デッキとはカードと思ってもらって結構です。
アマゾンなどで購入する際にも
タロットデッキと表記されている場合が多いはずです。

もうひとつは「マルセイユ版」です。
これはイタリア遠征に出かけたフランス人騎士が帰国する際に持ち帰った
プレイイングカードです。ですから基本、このマルセイユ版タロットは
ゲーム用で、
ライダー版は占いのために作られたもの。

そんな規定もあるようですが、それはそれとして、
タロットカードを使って占い師として生きている人、
わたしは売卜者と自嘲気味ではなく呼称しているのですが、
売卜者でも「このカードはすごい」という人が多いのは、
どうしてなのか、不思議です。

ただ、あまり商売道具としてトートタロットを使っていないのはなぜかといいますと、
まず、解釈が難しい、と云われます。
解説書が少なく、当初は
このトートカードの製作者アレスター・クローリーの著書『トートの書』くらいしか
ありませんでした。
最近ようやく数冊の解説書で手に入るようになりましたが、
これも要因だったのではないでしょうか

さて、クローリーは、やはり『黄金の夜明け』団のメンバーでした。
途中脱会してしまいますが、
彼が作ったのがトートタロット。
その特徴は、ウエイトはタロットの順番を入れ替えましたが、
クローリーは替えませんでした。
なので、マルセイユ版と同じで八番が「正義」で十一番が「力」です。

くどくどと書いておりますが、
実はトートタロットは「一人占いに適している」との評価が高いのです。
それでわたしもトートを使ってみて、
これが良いとなったら、
トート・タロットを使っての「本格的タロッ教室」を始めようと
計画しているのです。

そのタロットカードが、今さっき、届きましまた。
初めて手にするトート・タロットです。
ワクワクです…。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事